【期間限定】iSMOKE1000円OFF
タバコ

まだ紙巻きタバコ吸う?加熱式タバコや電子タバコに切り替えるメリット

喫煙者は年々減少する一方。

ピーク時に比べると現在では約3分の1程度の喫煙率。男性で3割、女性では1割に満たないのが喫煙者でございますよ。

最近では若者の喫煙者が少ないと肌で実感できるくらいになりまして、時代の流れを感じずにはいられません。

時代と言えば今、空前の加熱式タバコブーム。

紙巻きタバコの需要は右肩下がりに対し、急速に増える加熱式タバコと電子タバコの存在。

残念ながら紙巻きがこれから挽回するには無理がある。

だがこれは致し方ない現象。紙巻から加熱式や電子タバコへの移行はメリットしかないのが本当のところ。

え?まだ紙巻きたばこ吸ってるの?

いや、だからと言って批判する気など毛頭ないが、加熱式タバコや電子タバコの存在を知ってのことでしょうか。

はっきり言って、知ってて紙巻きタバコを吸い続けるのと、知らないで吸っているのでは全く違います。出来ることなら今、日本タバコ市場の流れを把握しとくべき。

加熱式タバコの種類とメリット、現在のタバコ市場

日本のタバコ市場2016年のIQOSに続き翌年のglo、そして2018年にはPloomTECHがめでたく全国販売を開始。

日本で加熱式タバコと呼ばれるのはこの3種であり、今ではコンビニで気軽に購入できるメジャーなものとなりました。

共通する加熱式タバコのメリットは火を使わず加熱することにより、タールを0とした画期的な仕様。有害物質を紙巻きタバコの90%もカット。

煙の代わりに発生するのは水蒸気で、嫌がられる副流煙の心配もなくかなりクリーンなイメージのタバコである。

  • 有害物質90%カット
  • 副流煙がない

この2つについては議論が続き世界最大のたばこメーカー、フィリップモリスがリスク低減結果を発表し
喫煙関連疾患の指標が禁煙者と同様に変化 フィリップ モリスが加熱式たばこ『IQOS』の曝露反応試験の結果を発表

一方では紙巻きタバコと加熱式タバコに違いはないと、それどころか紙巻きたばこより有害との研究結果まででる始末
大人気「加熱式たばこ」の有害性は、紙巻きたばこと変わらない!?

ただ実は根拠がなく延々と繰り返される攻防に、正直どうでも良くなってきました。

使用者の感想や事実は大事

これらの研究結果は終わりが見えない。

じゃ、実際吸ってみてどうなの?と言った体験談はネット上でいくらでも拾えて、重要な情報源となる。

加熱式タバコは本体機器やタバコを当たり前に消耗していくため節約にはならない。

しかしメリットは多々。臭いが残らないので換気扇の下から脱出を果たし、車内のタバコ臭からおさらば出来た人は数知れず。

頭痛が収まった。朝の脱力感がなくなった。吸い過ぎても気分が悪くならない。灰がでない。運転中に灰皿の位置が気にならない。風が吹いても関係ない。食事がおいしく感じられる。

そして実際吸っている人たちは体調面の改善を実感。研究結果云々は大事だが、体験した効果を得てリピーターは増え続けることになる。

加熱式タバコ3種、何か違うのか?

IQOS、glo、ploomTECH前知識がないと浮上するのは種類による性能の違い。

「IQOS、glo、PloomTECHは何が違うの?」

ここでは簡潔にわかりやすく解説していきます。

IQOS(アイコス)

IQOS(アイコス)

加熱式タバコの火付け役アイコスはフィリップモリスが生みの親、2017年には新型2.4Plusが誕生。

本体価格:7,980円(税込)
タバコ1箱:460円

今となっては珍しいホルダーとチャージャーの分離タイプでして、まず本体チャージャーを充電。スティック型のホルダーは1本吸うごとにチャージャーに収め、つど4分程度の充電が必要になります。

IQOS(アイコス)専用のアイコスヒートスティックをブレードに刺し、電源ONでブレードが加熱。発生した蒸気を楽しめます。

ヒートスティックは全9種、比較的マイルドな味わいですが加熱式タバコの中では1番吸い応えがあり、且つ小型なホルダーのため紙巻きタバコから移行しやすいのも特徴です。

デメリットとして多くの人が感じるのは不具合が多いことと、1本吸うごとに充電が必要なため待ち時間が必要なこと。

そんな声も多いからか2018年中にはさらなる新型の噂。詳細はまだ明らかではないですが1回の充電で連続吸引可能とのこと。

今からIQOSを考えるなら新型の発売を待った方が良さそうだ。

glo(グロー)

グロー(glo)ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BAT)は2017年10月から全国販売を開始、まだ記憶に新しい。

現在価格:2,980円(キャンペーン価格)
たばこ1箱:420~450円

これまでの専用ネオスティック全11種は420円、7月から加わった【neo】シリーズ4種が450円。全15種類になり加熱式タバコとして最もフレーバーを楽しめる商品。

IQOSと異なるボックス型の本体のみで構成↓

glo(グロー)専用スティックをそのまま差し込み、360℃から加熱するシステムの採用。

このタイプが主流になりつつあるのは1回ごとの充電がないので、連続してタバコスティックを楽しめる手軽さとムラの少ない加熱方法。(ブレードやピンだと加熱されないタバコ葉が残りがち。)

いわゆるチェーンスモーク可能でして、現在IQOS以外はほぼ全て対応済み。それでもgloは加熱までに約40秒必要。

味はアイコスより香ばしく慣れると紙巻きに近いものを感じれるため好まれる。

反面、デメリットはキック感の足りなさにあり吸い応えが乏しいとの声が非常に多い。勿論どの種でも合う合わないがありますが、ガツンと喉にくる当たりがほしい人にはおすすめしにくい商品です。

Ploom TECH

PloomTECH(プルームテック)加熱式タバコでは唯一日本から参戦、JTからプルームテックが全国発売したのは2018年7月のことで、話題性抜群でしたね。

本体価格:3000円(税込)
たばこ1箱:460円

IQOSやgloの加熱式とはだいぶ性能が異なりまして、本機にはボタン類が一切ありません。

プルームテック(PloomTECH)左からバッテリー、リキッド、たばこカプセルの順で、460円のタバコカプセルを購入するとリキッドとカプセル5個がセットでついてきます。

簡単に説明するとリキッドで香料を、タバコカプセルでニコチンを摂取することが可能。詳しくは下記を参考にお願いします↓

あわせて読みたい
プルームテックとは?使い方と感想【コンビニで全国発売】フィリップモリスのIQOSに続き、BATからgloが発売され今では簡単に手にすることができる時代が到来しました。 いや、むしろ余っ...

吸引で作動したバッテリーが加熱され、発生した蒸気が香料とニコチンを連れて口の中まで運んでくれる仕組みです。

副流煙なし、臭いの付かないIQOSとgloと言っても喫煙中はタバコの臭いはします(すぐ消えますが)。プルームテックのメリットは加熱温度の低さにもあり、発生した水蒸気はほぼ無臭。

加えてスイッチがない構造が可能にしたのは、吸いたい時には吸うだけ、辞めたい時はそのまま置くだけで時間制限が皆無。(1カプセル50回、1箱250回の吸引が可能。)

本体も熱くならなく電源もなし、タバコカプセルはプラスチックで囲われているため吸い殻も綺麗です。

3種の加熱式タバコの中でもとりわけクリーン、手軽さNO.1は間違いありません。デメリットは吸い応えが物足りないとの声。ですがメンソール系だと十分満足レベルと言えるので、参考までに。

第4の加熱式タバコ、ヴェポライザー

WEECKE C-Vapor3.0ネットでは第4の加熱式タバコとしてヴェポライザーがじわじわきてます。

アイコス、グロー、プルームテックとは違い節約できる加熱式タバコとして注目を集める理由は、紙巻きたばこからヴェポライザーに移行するだけでタバコ代が1/3~1/5まで抑えることが可能。

タバコの価格が上がり続ける中、間違いなくこれから売り上げを伸ばしてくるのはコレです。

詳しくは以下を参考に↓

あわせて読みたい
WEECKE C-VAPOR3レビュー
タバコ代1/5?【WEECKE C-vapor3.0】話題のヴェポライザーをレビュー【WEECKE C-Vapor3.0】 アイコスやグロー、プルームテックの加熱式タバコは日を追うごとに知名度が上がっているように思える...

加熱式タバコでニコチン入り水蒸気を楽しむことができますが、電子タバコとの違いはご存知ですか?

電子タバコとは?

電子タバコ

電子タバコはニコチン0、タール0、有害物質そのものがゼロ

もはやタバコではありません。

構造はプルームテックに近いものがありまして、タバコカプセルを除外したものと捉えて問題ないです。

言うなら香料を楽しむ単なるアロマ機器ですが、水蒸気でタバコに近い吸い応えを与えてくれます。

電子タバコを始める人にはおのおの目的があります。

  • 禁煙のため
  • 減煙のため
  • リフレッシュに
  • 節約のため
  • 口が寂しい時に
  • 間食を防ぐ目的でダイエットに
  • かっこいいから

これらの目的は電子タバコを使えば達成が可能です。

リキッドの成分はPGやVGといった食品添加物に使用されるようなもので、よほど過剰な摂取でもしない限りは体に無害とされてます。

禁煙や減煙には間違いなく効果は期待でき、見落とせないのは節約効果も高いところ。

紙巻きタバコや加熱式タバコを毎日1箱消耗する人だと、ひと月約15,000円ほどかかりますが、電子タバコの維持だとその3分の1程度には抑えられます。

もちろん種類が豊富のピンキリでして、あくまでもザックリです。なので誰でも低価格で始められる電子タバコを最後に紹介しておきますね。

Smooth VIP(スムースビップ)

スムースビップ(Smooth VIP)初心者におすすめなスムースビップはリキッド(液体)を注入する一般的な電子タバコで、参入しやすいのは低価格と扱いやすさ。

スタイリッシュなフォルムで見た目も素敵です。

電子タバコは本体やリキッドを個別で購入するとなるとそれなりの知識が必要ですが、それを省けるのがキットの存在。

中でもスムースビップはスターターセットなるものが販売されてるので、あれこれ考えることなく始める入門にピッタリな商品になります。

使い方や感想は以下にまとめました↓

あわせて読みたい
ベイプ初心者必見!スムースビップ(Smooth VIP)スターターセットがお得!使い方と感想までご紹介\【Web限定】お1人様1点限り/ そう思うあなたに真っ先におすすめするなら、スムースビップ(Smooth VIP X2)のス...

VITAFUL(ビタフル)

ビタフル(VITAFUL)ビタフルは電子タバコの中でもちょっとした変わり種。

こちらは本当にプルームテックのたばこカプセルを外したような感じで、リキッドを注入する必要すらありません。

公式では電子タバコ風フレーバーと紹介されてまして、見た目がシンプルなので女性にも人気の商品。

あわせて読みたい
ビタフル充電式の吸引口
ビタフル充電式への切り替えは節約効果もハンパない!メリット沢山!ニコチン0、タール0の電子タバコ風のフレーバースティック・ビタフル(VITAFUL)が話題。おしゃれな外見に12種類の豊富な味は目でも口...

ビタフルには使い捨てタイプがありフレーバーが多彩。お試し感覚で注文して始めることができます。

あわせて読みたい
タバコじゃない!ビタフルって何?
ビタフルとは?使い捨てと充電式の違い?レビューするよ!みなさん、ビタフル(VITAFUL)はご存知ですか? タバコのようでタバコではありません。 ビタフルは体に無害だけど水蒸...

まとめ

紙巻きタバコ、加熱式タバコ、電子タバコの違いここまで日本のタバコ市場の動きを紹介しましたが、紙巻きタバコ愛用者が根強いのも十分わかります。移行するのもなかなか勇気がいりますし、何より知識を取り入れるのが面倒だったりしますよね。

ただ実際はメリットばかりです。

存在や性能を良く知らないで依存してる人は勿体ないなぁと思うのが正直なところ。今回を機に、なにかチャレンジする気になってくれれば幸いです。

合わせて読みたい