Ploom TECH

低温加熱のプルームテック・プラスをレビュー!JTの新型加熱式タバコの吸い応えは如何に?

こんにちは。先日ついにPloomの新しい加熱式タバコ2種をゲットしました。2019年1月29日より、

  • Ploomオンラインショップで先着販売開始
  • 全国のPloom専門店で予約販売開始

という流れでスタートを切ったJTのプルームテック・プラスとプルーム・エスなんですが、大変混み合う状況で買える気が全くしませんでした。凄い人気ですね。

プルームテック・プラス(Ploom TECH+)のレビュー落ち着いた頃、ようやく手に入れた私です。さて、この度JTが新型の加熱式デバイスを2モデル同時発売、低温加熱型のPloom TECH+とJT初となる高温加熱型のPloom Sの登場です。

JTの加熱式タバコはこれで3種類になり、従来のプルームテックが3,000円、新型のプルームテック・プラスが4,980円、プルーム・エスが7,980円で販売中。

今回は新型でパワーアップしたプルームテック・プラスをレビューしていきます。

プルームテックプラス

加熱温度を上げることで吸い応えアップが期待でき、専用タバコカプセルも同時発売されるなど様々な改良点が目立ちます。

プルームテック:加熱温度30℃
プルームテックプラス:加熱温度40℃

プラスが発売したことでプルームテックの今後はまさか?と気になるところですが、3月11日から新フレーバー2銘柄の全国発売も控えるくらい、やる気満々です。

ちなみにプルーム・エスはIQOSやglo同様、高温でタバコ葉を加熱する仕組み。

プルームテックS

とはいえ、300℃レベルのIQOSやgloと違ってプルームSは200℃と控えめな設定であるため、この違いが生み出す効果にも要注目です。

プルームSもレビューしました
Ploom S(プルーム・エス)レビュー
【JT初】アイコスやグローに続く高温加熱、プルーム・エスをレビューする。JTから待望の加熱式タバコが販売開始されましたね。今回は2019年1月29日より購入可能となったPloom S(プルーム・エス)のレビュ...

てことで早速、プルームテック・プラスをご紹介。

低温加熱を楽しめるのはPloomの醍醐味

ploomTECHの低温加熱方式日本における加熱式たばこの主要ブランドはPMのアイコス、BATからグロー、JTからプルームテックの3種類。たばこを燃やさず加熱する仕様でタールを0にした結果、臭いや有害物質を大幅カット。

もちろんニコチンを含むため体に良いとは言えないものの、紙巻きタバコに比べてどちらが健康に悪影響を及ぼすのかは明白です。

とはいえ、そんな加熱式タバコの中でもJTのプルームテックは別物。IQOSやgloの高温加熱に対してこれまでのPloom TECHは僅か30℃の超低温加熱方式。

超低温のプルームテック

もはや加熱と言って良いのでしょうか?人肌以下ですし。

加熱式タバコは副流煙の心配がないとされており、臭いを残さず壁紙も黄色く染めません。が、IQOSやgloでも喫煙中の臭いが気になる人は多いです。

けれども、プルームテックの低温加熱ではほぼ無臭。公式でも「紙巻きタバコの臭いを100%とした場合、プルームテックの臭いは1%未満」と謳われており、人間が気付くレベルではないと言って良いでしょう。

たばこの臭い、喫煙場所の問題、健康被害など、リスク低減には加熱式たばこの効果は絶大なのですが、中でもプルームテックは最強にクリーンな加熱式タバコなのです。

そんな低温加熱型プルームテックの欠点と言われるのが「物足りなさ」ですが、改善すべく発売されたのが、同じく低温加熱型のプルームテック・プラスです。

プルームテック・プラスはブラックとホワイトの2カラー

プルームテック・プラス(Ploom TECH+)のブラックとホワイト黒と白のパッケージは全く同じなので手元に届いて一瞬ドキッとしました。違いは背面の表記くらいですね。

プルームテック・プラス(Ploom TECH+)のブラックとホワイトこんな感じでひっそりとCOLORが記してあります。

開封

プルームテック・プラス(Ploom TECH+)のブラックとホワイト加熱式タバコで縦長の箱って初めてなんですが、これ良いですね。今回のデバイスはスタンド不要なくらい太くて安定感があり何も気にせずとも立ちますが、使わない時はこの状態で収納しといても絵になります。

付属品

プルームテック・プラス(Ploom TECH+)の付属品本体の色が違うのみで同梱品は同じです。

・プルームテック・プラス本体
・ACアダプター
・microUSBケーブル
・ユーザーガイド
・保証書

保証期間は1年間。保証書のシリアルナンバーで製品登録すると故障時に便利です。ACアダプターは付属されない製品も多いので地味に嬉しいですよね。

外観や組み立て方法

プルームテック・プラス(Ploom TECH+)の外観外観はこれまでのプルームテックとは完全に別物。プルームテックはバッテリーのみで約10g程度でしたがプラスは40gに近く、容量も見た目もパワフルになりました。

この状態で箱に入ってますがバッテリーとカートリッジカバー、さらにカプセルホルダーの3つに分かれます。

スペック
価格 4,980円
サイズ 高さ14×幅1.5mm(約)
バッテリー容量 610mAh
充電時間 約90分
重さ 約40g
定格電圧/電流 5V/1.5A

本体の組み立ては非常に簡単でバッテリーとカートリッジカバーをカチッと音がするまで回すだけ(カプセルホルダーにシリコンキャップがついた状態)。

プルームテック・プラス(Ploom TECH+)の組み立て方これで別売りの専用タバコカートリッジとカプセルの挿入待ち状態です。カートリッジカバーは内部が見えてリキッド残量が分かる仕様になり、プルームテックにはない電源ボタンが装備されたことでON/OFFが可能になってます。

新デバイスはとてもカッコイイ。
高級感がまるで違いますね。

ホワイトとブラックで質感も変わります。

プルームテック・プラス(Ploom TECH+)の外観光沢があってツルッとしたホワイトと、マットで滑りにくいブラック。個人的には白デバイスの方がおしゃれで素敵に感じます。

背面にはUSB端子搭載

プルームテック・プラス(Ploom TECH+)の充電方法初めての場合は必ず充電して下さいとのこと。充電中の残量はLEDで判別可能。

紫点滅:1~20%
青点滅:21~99%
青点灯:100%

フル充電後の青点灯は5分後に消灯するので消えていれば満充電を意味します。

組み立ても充電も終わり、必要になるのはたばこカプセルですね。

プルームテック・プラス専用のたばこカプセル

プルームテック・プラスの専用タバコカプセル1箱500円(税込)で4種類販売中。本体もそうですが、たばこカプセルも現在コンビニでは購入できないのでオンラインショップや専門店を頼ることになります。

左からレギュラータイプ2種
①ロースト・ブレンド
②マイルド・ブレンド
メンソールタイプ2種
③コールド・ミント
④クリア・ミント

ローストはコクがありどことなく甘味を感じ、マイルドは若干する紅茶の香りが爽やか。メンソールのコールドは吸引後に残る冷涼感が特徴的で、クリアはグリーンガムの味です。

フレーバーに関しては好みになりますが、私は断然マイルド・ブレンドが合うらしく真っ先に無くなりました。

プルームテック・プラスの専用タバコカプセル開封するとリキッド入りのカートリッジ1本にたばこカプセルが5個入ってます。専用たばこカプセルの特徴はリキッドとタバコ葉の増量、これに加熱温度を+10℃上げることで強い吸い応えを実現したようです。

たばこカプセルは1つ50パフ可能でリキッドは250パフ対応。リキッド1本でカートリッジ5本使用する仕組みです。

たばこカプセルとプルームテックプラスの使い方

使い方はとても簡単な4ステップ。

プルームテック・プラスの使い方
  1. カプセルホルダーを回転して外す。
  2. カートリッジの接点部分を下にしてカートリッジカバーに入れる。
  3. カプセルホルダーを再度付ける。
  4. カプセルホルダーにタバコカプセルをセット。

これでセット完了

プルームテックプラスのリキッド残量こんな感じでリキッド残量が常時確認できるのでなんだか安心できますね。

電源ボタンと操作方法

プルームテック・プラスの使い方電源ボタンを2秒以内に素早く3回押しでON(LED1秒点灯)になり、3秒以上長押しでOFFになりますが、6分間操作がないと自動でオフになる機能も搭載。

電源ボタンが装備されてますが吸引中はVAPEのように押しながら吸うわけでもなく、吸引により自動で加熱開始。つまりオン状態ではいつでも喫煙していつでも辞められるのでほぼほぼオート機能です。

実際に吸ってみましょう!

プルームテックプラスの使い方吸い込みに連動してLEDが自動点灯、充電残量により青か紫のLEDに変化します。

なお充電残量は電源オン時にボタンを押すことでも確認可能
LED青:約21%~100%
LED紫:約1%~20%

プラス10℃、プルームテック・プラスの吸い応え

プルームテックプラスの吸い応え40℃の低温加熱でも侮れないキック感。リキッドとタバコ葉増量の恩恵もあり、ミスト量も増えて吸い応えが確実にアップしております。

プルームテックはドローが軽すぎてスカスカしますが、今作は重くなったのがかなり好印象。ゆっくり口内にためてから肺に入れると結構ガツンときてくれます。

これは十分満足できるレベルで、4種類のフレーバーも違いがはっきりして素晴らしい。高温加熱にはない吸引後の爽快感も感じられ、扱いやすさもありスパスパ吸い続けてしまいます。

吸い過ぎ注意ですね。

臭いに関しても、これを気にするくらいならタバコを辞めた方が宜しいと思うくらい感じません。我が家に搭載する空気モニターや煙を感知する空気清浄機も、プルームテックの蒸気は完全スルー。お部屋の空気が全く変化しないのです。

なお、個人的におすすめアクセサリーはマウスピース。

プルームテックプラスのマウスピースプルームテックにもプラスにもOK。タバコカプセルは使い捨てですが、カプセルホルダーは本体一部なので使い回しします。口に当たる部分のため衛生面に考慮するなら必須アクセサリーです。

公式でもAmazonなどでも購入できる安価な商品なので探してみましょう。

たばこカプセル交換のタイミング

プルームテック・プラスのカプセル交換時期はとても分かりやすくなってます。

たばこカプセル約50パフ(吸い込み回数)でお知らせ機能としてLEDが40回点滅。この際にボタンを3秒以上押して解除しなければならなく、解除しない限りは吸い込んでも加熱されません。

点滅をスルーしてしまった場合には、再び吸引して点滅させて解除する必要があるのです。このタイミングでカプセル交換していくとリキッドとタバコカプセルが丁度良く吸い切れる感じですね。

おわりに

プルームテック・プラスレビュー強いて言えば、紙巻きタバコや高温の加熱式タバコで喉に感じる質とは違います。でもこれ、目指すべきものが違うので安易に突っ込めません。

様々な喫煙の問題を解決するに加熱式タバコを考えるなら、プルームテックプラスは最適です。移行できるかどうかは置いといて、移行できたら最高です。

現在は購入しにくい問題もありますが、2019年4月には6都府県(宮城、東京、愛知、大阪、広島、福岡)などコンビニや1部タバコ販売店での販売。7月には全国のコンビニと1部たばこ販売店での販売と、早くもエリア拡大の予定があります。

最近ではPloomオンラインショップも繋がりやすくなったので、ご利用してみてはいかがでしょうか。Amazonや楽天でも購入できますが、まだまだ高いですね。

高温加熱のPloom Sもレビューしました。

Ploom S(プルーム・エス)レビュー
【JT初】アイコスやグローに続く高温加熱、プルーム・エスをレビューする。JTから待望の加熱式タバコが販売開始されましたね。今回は2019年1月29日より購入可能となったPloom S(プルーム・エス)のレビュ...
Ploom SとPloomTECH+

今回は以上です(`・ω・´)