Ploom TECH

【JT初】アイコスやグローに続く高温加熱、プルーム・エスをレビューする。

Ploom S(プルームエス)レビューJTから待望の加熱式タバコが販売開始されましたね。今回は2019年1月29日より購入可能となったPloom S(プルーム・エス)のレビューです。

JTには以前からPloomTECHなる加熱式タバコがありますが、IQOSやgloと同じ目線で比較するのはどうなんでしょ?というくらい性質が違います。

ヒートスティックを直接加熱するタイプと低温でリキッドを気化させるタイプでは当然の差があるわけで。

今回発売したこのプルームSはタバコ葉をヒーターで高温加熱することで喫煙可能になる、IQOSやgloと同タイプ。

主要加熱式タバコデバイス

「ようやく役者は揃った」って感じですよ。同じ高温加熱式のデバイスでも全て特徴が異なるから面白く、価格や性能、もちろん見た目もバラバラで個性的。

プルームエスはチェーンスモーク可能なバッテリー内蔵型、ブレードをもたない構造からグローに近い特徴ですが、容量は控えめでMULTIに似たサブ機的な一面も持ってます。

何より1番のポイントは高温加熱と言っても200℃という設定温度。他製品が約300℃と考えればかなり低めです。

プルームS

温度を低くするメリットはなんだろう。と考えてみると臭いや危険性の減少や本体への負担軽減、健康や環境においても良いこと尽くしになることは間違いなさそう。

ここで問題となるのがタバコに求められる「吸い応え」なわけで、これをクリアできればイチオシの加熱式タバコと言えるかも?

今回は気になるプルームSの使い方から感想までご紹介しますね。

プルームSの専用アクセサリー特集
プルームS専用の純正アクセサリー特集
プルームエスの純正アクセサリーを画像盛りでご紹介!JTから発売される高温加熱の加熱式たばこ、プルーム・エスの純正アクセサリーは現在6種類販売中です。 2019年1月29日に「Plo...

Ploom S(プルーム・エス)の付属品、スペック

Ploom S(プルームエス)の付属品上蓋をカパッと外すとS本体、その下に充電用USBケーブルとACアダプター、メンテナンスツールにユーザーガイド、最後に保証書です。

Ploom S(プルームエス)の付属品メンテナンスツールは引っこ抜くとブラシに早変わり。使用後も付近を汚さなく、ブラシの形状を維持するメリットも。

メーカー保証期間が1.5年と、既にひたすら長いですが製品登録で2年に延長と最強です。IQOSやgloでも最長1年ですよね。

スペック
価格7,980円
サイズ高さ93.2、幅31.6、奥行き23mm(約)
重さ約95g
バッテリー1,020mAh
喫煙本数約10本
加熱時間3分30秒/14パフ
予熱時間約40秒
加熱温度200℃
定格電圧/電流5V/1.5A

数字を見るだけの率直な感想だとパフォーマンスは低めです。加熱200℃は特徴的ですが余熱や加熱時間はgloと同じで、こちらは14パフの制限付き。

どれも控えめな印象ですが特に喫煙本数10本はメイン機としては心細く、出先でこれ以上の喫煙をするなら充電場所の確保やモバイルバッテリーなどの対策が必要です。

とはいえ、使用する環境を考えて問題なければ、そこまで悲観することもないスペックであります。

外観

Ploom S(プルームエス)の外観丸みを帯びたボディは可愛い感じ。
艶消しの滑りにくい素材で、造りの粗さや安っぽさは全くなく握りやすい形状です。見た目が気に入っての購入も良きかと。

Ploom S(プルームエス)の外観底部にはクリーニングカバーとmicroUSB端子、上部にはアクションボタンとタバコスティック挿入口を覆うスライドカバーです。

使い方

Ploom S(プルームエス)の使い方ちょっと特殊なようで初めて使う時には必ず充電が必要なんですって。しかも初回と2回目以降のアクションが違うという不思議ちゃん。こんな感じで1回目は4つのLED点灯でバイブ4回なんですけど、次回からはバイブ1回の充電開始合図に短縮されました。

充電中はLEDの点灯数が残量メーターになってますが、電源OFF時にボタンを押しても5秒ほど確認できます。電源ON状態と加熱中には確認する手段がありません。

実はこのボタンって電源ボタンじゃないのです。

ちょっと珍しいスライドカバー開閉のオン/オフ切替。ボタンの電源切替よりスムーズで、青いLEDが点灯すれば「使えますよ~」のサインです。

Ploom Sの専用たばこスティック

Ploom S(プルームエス)専用のタバコスティック売上NO.1のメビウスがプルーム・エス専用のヒートスティック(480円)として3種類販売中。

うん。なんか全部メンソールに見えるのは私だけ?ちなみに青パッケージが唯一のレギュラーで2種はメンソール。

レギュラーのテイスト(TASTE)は、ほんのりと甘いクリーミーで香ばしさは低め。公式では真ん中のメンソール(MENTHOL)を強烈メンソール、メンソール クールエフェクト(MENTHOL COOL EFFECT)を冷涼メンソールとご紹介。

タバコスティック挿入。お知らせ機能が充実。

Ploom S(プルームエス)の使い方加熱ボタンを2秒以上長押しするとバイブが作動して加熱開始、LEDが徐々に点灯していき、4つ点灯と振動が喫煙可能のお知らせです。

Ploom S(プルームエス)の使い方喫煙時間は3分半か14パフで終了。LEDは徐々に消え始め、残り30秒か残2パフで点滅(お知らせ振動有り)。さらにヒーター停止時のバイブは2種類に分かれ、時間到達だと2回振動、14パフ終了時では3回振動する細かなプログラム設定がされてます。

ちなみに私の場合は100%ブブブッと、、絶え間なく吸い続ける私です。

この喫煙時間に関しては他加熱式たばこより遥かに分かりやすく、LEDの上部配置もポイントで常に目に入ります。「お知らせ」の充実はユーザーに寄り添った機能だと実感。

喫煙後のタバコスティックと感想

Ploom S(プルームエス)の使い方これ、喫煙後なんですが使用前と違いが分からない。
このまま箱に戻したら絶対再び吸っちゃいます。

プルーム・エスはブレードを持たない200℃の全方向加熱タイプ、ムラなく加熱して臭いもIQOSやgloより抑えられるデバイス。

さすが高温加熱の中の低温!って具合に驚きました。ユーザーにもですが健康にもずいぶん優しそうですね。

肝心の「吸い応え」のお話

基本レギュラー派である私は、真っ先にレギュラーのTASTEをウキウキしながら吸ってみると、最初の2~3口は吸い応えがまるでありません(`・ω・´)

すごい。かなりゼロに近い吸い応えだ。

しかしここからエンジンがかかり始め、それなりの吸い応えを感じさせてくれたところで終了。

ちなみにグローは最初に激しくヒートアップして後半大人しくなるんですけど、全く逆のデバイスがプルームエスですね。

とはいえ、MAXの吸い応えはやはり200℃の加熱なので控えめ。アイコスやグロー並みを期待すると多少ガッカリしてもおかしくありません。(私はしました。)

メンソールに手をだしたお話

同じ感覚で1口目にスー――っと勢い良く吸って、むせました。どうやらメンソールは最初からくるようです(`・ω・´)

しかも割と満足いくキック感。基本メンソールは加熱式でも紙巻きに近いものを感じられるので、元々メンソール派の方だと移行しやすいでしょう。

ディスりつつもレギュラーが1番好き

私ほんとに多くのタバコを吸ってきましたが、最初からバビッとくるタバコに出会ったことは多分ないです。

「ああ。これはダメだ」と終わるのではなく、吸い続けることで発見できたりするものです。慣れも大きいですよね。

Ploom Sレギュラーの第一印象は物足りない感じでしたが、数箱吸ったところで旨味を感じて好きになった次第。

結構ハマってます。

プルームSは臭いが少ない

Ploom S(プルームエス)の臭いこれは本当。以前記事にしたプルームテック・プラスは無臭とお伝えしましたが、

プルームテック・プラス(Ploom TECH+)のレビュー
低温加熱のプルームテックプラスをレビュー!JTの新型加熱式タバコの吸い応えは如何に?こんにちは。先日ついにPloomの新しい加熱式タバコ2種をゲットしました。2019年1月29日より、 Ploomオンラインショ...

プルームSは多少臭います。しかし高温加熱の中では格段に臭いの発生が抑えられており、嫌な感じがしないのは大きなメリットです。IQOS喫煙してて普通に「クサイ」と言われるのは独特な強めの臭いがあるからですよね。

メンテナンスが簡単

クリーニングカバーとスライドカバーを開くと完璧に貫通してまして、

loom S(プルームエス)のメンテナンスは簡単付属のブラシを入れるとこの通りです。全方向加熱でそこまで汚れないのもあり、掃除はとても簡単でラクになってます。

プルームSの今後の展開

プルームSの今後ですが、2019年7月に6都道府県のコンビニや一部タバコ販売店、9月には全国へと展開していく予定です。

今回ご紹介したブラックとホワイトのカラーに加えて、他6色のツートンカラーも全て販売開始。

プルームSのカラー

3月27日に追加されたINSPIRED SOILINNOCENT ICEがラストを飾りました。

プルームエスのカラーバリエーションブラックとホワイトは万人受のスタンダードタイプですが、ツートンの可愛らしさは既にタバコ感がないですね。

全8色紹介してます
プルームSのカラーバリエーション全8色
可愛すぎる加熱式タバコ「プルームS」のカラー全8色が販売中!少なくともIQOSやgloを可愛いと思ったことなんてないんですけど、プルームSは素直に可愛いと思う。この丸っこいフォルムがなおさらそう感...

うちの娘が「なにこれキッズケータイじゃん!」って興奮してたんですけど、良い表現だと思いました(`・ω・´)

デバイスもたばこスティックの購入もオンラインとPloom専門店が主になりますが、とりわけクリーンな加熱式タバコを検討してみてはいかがでしょうか。

2019年4月1日からプルーム公式の楽天ショップでもデバイスの販売が開始されました。詳しくは下記になります↓

JTの加熱式タバコ、プルーム製品3種類の購入先に楽天市場公式ショップが追加!2019年に入り活発な動きをみせるJTですが、何やらまた動きがある模様。 昨年はプルームテックの全国販売。今年は低温加熱のプル...
純正アクセサリーはこちら
プルームS専用の純正アクセサリー特集
プルームエスの純正アクセサリーを画像盛りでご紹介!JTから発売される高温加熱の加熱式たばこ、プルーム・エスの純正アクセサリーは現在6種類販売中です。 2019年1月29日に「Plo...
同時発売のPloomTECH+もおすすめ
プルームテック・プラス(Ploom TECH+)のレビュー
低温加熱のプルームテックプラスをレビュー!JTの新型加熱式タバコの吸い応えは如何に?こんにちは。先日ついにPloomの新しい加熱式タバコ2種をゲットしました。2019年1月29日より、 Ploomオンラインショ...