Ploom

JT初の高温加熱式タバコ、プルームエスをレビューする。

Ploom S(プルームエス)レビュー2019年1月29日より購入可能となったPloom S(プルームエス)のレビューです。

(注)新型のプルームエス2.0含め生産終了になってます。現在では後継機となるプルームエックスが販売中。

JTにはPloomTECHなる低温加熱がありますが、IQOSやgloと同じ目線では比較できないくらいに性質が違います。

今回発売したプルームSはタバコ葉をヒーターで高温加熱するIQOSやgloと同タイプ。

主要加熱式タバコデバイス

同じ高温加熱式のデバイスでも全て特徴が異なるから面白く、価格や性能、見た目もバラバラで個性的。

プルームエスはチェーンスモーク可能なバッテリー内蔵型。ブレードをもたない構造からグローに近いですが、容量は控えめでMULTIに似たサブ機的な一面も持ってます。

1番のポイントは高温加熱と言っても200℃という設定温度。他製品の約300℃に比べてかなり低く設定されてます。

プルームS

温度を低くするメリットは匂いや危険性の減少、本体への負担軽減、健康や環境においても良いこと尽くし。問題は吸い応えになるでしょう。

今回は気になるプルームSの使い方から感想までご紹介。

プルームSの専用アクセサリー特集
プルームS専用の純正アクセサリー特集
プルームエスの純正アクセサリーを画像盛りでご紹介!JTから発売される高温加熱の加熱式たばこ、プルーム・エスの純正アクセサリーは6種類。 2019年1月29日に「Ploom S」が発...

Ploom S(プルームエス)の付属品とスペック

Ploom S(プルームエス)の付属品上蓋を外すとプルームエス本体、その下に充電用USBケーブルとACアダプター、メンテナンスツールにユーザーガイド、最後に保証書です。

Ploom S(プルームエス)の付属品メンテナンスツールは引っこ抜いてブラシとして使います。メーカー保証期間が1.5年、製品登録で2年に延長できます。

スペック
価格3,480円
サイズ高さ93.2、幅31.6、奥行き23mm(約)
重さ約95g
バッテリー1,020mAh
喫煙本数約10本
加熱時間3分30秒/14パフ
予熱時間約40秒
加熱温度200℃
定格電圧/電流5V/1.5A

数字を見るだけの感想だとパフォーマンスは低め。加熱温度の200℃が特徴的で予熱や加熱時間はgloと同じですが、こちらは14パフの制限付き。

どれも控えめな印象で特に喫煙本数10本はメイン機としては心細く、出先でこれ以上の喫煙をするなら充電場所の確保やモバイルバッテリーなどの対策が必要。

プルームS専用モバイルバッテリーも販売されてますがこちらも容量低めで心細いという・・・

プルームSの喫煙本数を補う専用モバイルバッテリーの登場!

とはいえ使用する環境を考えて問題なければそこまで悲観することもないスペックです。

外観

Ploom S(プルームエス)の外観丸みを帯びたボディは可愛い感じ。艶消しの滑りにくい素材で握りやすい形状です。見た目が気に入っての購入も良き。

Ploom S(プルームエス)の外観底部にはクリーニングカバーとmicroUSB端子、上部にはアクションボタンとタバコスティック挿入口を覆うスライドカバーです。

使い方

Ploom S(プルームエス)の使い方初めて使う時には必ず充電が必要で、初回と2回目以降のアクションが違うという不思議ちゃん。1回目は4つのLED点灯でバイブ4回なんですけど、次からはバイブ1回の充電開始合図に短縮されます。

充電中はLEDの点灯数が残量メーターになってますが、電源OFF時にボタンを押しても5秒ほど確認できます。

実はこのボタンは電源ボタンではありません。

ちょっと珍しいスライドカバー開閉のオン/オフ切替。ボタンの電源切替よりスムーズで、青いLEDが点灯すれば使えるサインです。

Ploom Sの専用たばこスティック

プルームエスのタバコスティック4種類レビュー現在ではプルームエス専用からリニューアルされ、プルームエックスとエスで吸えるスティックが販売中。

プルームエックス(Ploom X)のたばこスティック
プルームエックス(Ploom X)のフレーバー、たばこスティック全16種類をレビュープルームエックスのたばこスティックを全16種類吸ってみたのでレビューです。 もともとプルームエス専用だったフレーバーたちを2021...

タバコスティック挿入。お知らせ機能が充実。

Ploom S(プルームエス)の使い方加熱ボタンを2秒以上長押しするとバイブが作動して加熱開始。LEDが徐々に点灯して4つの点灯&振動が喫煙の合図です。

Ploom S(プルームエス)の使い方喫煙時間は3分半か14パフで終了。LEDは徐々に消え始め、残り30秒か残2パフで点滅(お知らせ振動有り)。さらにヒーター停止時のバイブは2種類に分かれ、時間到達だと2回振動、14パフ終了時では3回振動する細かなプログラム設定がされてます。

ちなみに私の場合は100%ブブブッと、、絶え間なく吸い続ける私です。

この喫煙時間に関しては他加熱式たばこより遥かに分かりやすく、LEDの上部配置もポイントで常に目に入ります。「お知らせ」の充実はユーザーに寄り添った機能だと実感。

喫煙後のタバコスティックと感想

Ploom S(プルームエス)の使い方喫煙後でも使用前と違いが分からないので、このまま箱に戻したら再び吸っちゃいそう。体にも優しそうですね。

肝心の「吸い応え」のお話し

基本レギュラー派である私は、真っ先にレギュラーのTASTEをウキウキしながら吸ってみると、最初の2~3口は吸い応えがまるでありません。

すごい。かなりゼロに近い吸い応え。

ここからエンジンがかかり始めてそれなりの吸い応えを感じたところで終了。

グローは最初に激しくヒートアップして後半大人しくなるんですけど、逆のデバイスがプルームエスな印象です。

200℃からくる吸い応えは控えめなので、アイコスやグロー並みを期待すると多少ガッカリしてもおかしくありません。(私はしました。)

メンソールに手をだしたお話

同じ感覚で1口目にスー――っと勢い良く吸うとむせました。どうやらメンソールは最初からくるようです。

割と満足いくキック感。基本メンソールは加熱式でも紙巻きに近いものを感じられるので、元々メンソール派の方だと移行しやすいと思う。

ディスりつつもレギュラーが1番好き

私ほんとに多くのタバコを吸ってきましたが、最初からバビッとくるタバコに出会ったことは多分ありません。

「ああ。これはダメだ」と終わるのではなく吸い続けることで発見できたりするもので慣れも大きいですよね。

Ploom Sレギュラーの第一印象は物足りない感じでしたが、数箱吸ったところで旨味を感じて好きになりました。

控えなスペックは自分でカバーするとして、高温加熱式の中では喫味、使いやすさ、清潔度は抜きん出てます。

使い方次第では名機になる予感で結構ハマってます。

プルームSはにおいが少ない

Ploom S(プルームエス)の臭いこれは本当。以前記事にしたプルームテック・プラスは無臭とお伝えしましたが、プルームSは多少臭います。

ただ高温加熱の中では断トツで匂いが少ないです。

メンテナンスが簡単

クリーニングカバーとスライドカバーを開くと完璧に貫通してまして、

loom S(プルームエス)のメンテナンスは簡単付属のブラシを入れるとこの通り。全方向加熱でそこまで汚れないのもあり、私はほとんどクリーニングをしたことがありません。

しないことを推奨するわけではないですが、しなくても影響が少ないのは素直に凄い。

プルームエスは終売

プルームエス2.0販売終了
さよならプルームエス2.0、在庫がなくなり次第販売終了。からの?JTが高温加熱式たばこプルームエス2.0の販売終了を発表しました。2021年7月以降、在庫売り尽くしをもって姿を消すようです。 私...

現在はプルームエス、その後に発売したプルームエス2.0も生産終了しています。

後継機として登場したプルームエックス(Ploom X)がJTの高温加熱式の最新モデルになってます。

Ploom X(プルームエックス)
Ploom X(プルームエックス)レビュー|一週間ほど使ってみた感想 2022年3月7日よりキャンペーンにて通常3,980円のところが1,980円。 期間:2022.3.7~2022.4.24...
プルームテックプラス・ウィズ(ploom tech+ with)
新型モデルのプルームテックプラス・ウィズをレビュープルームテックプラスウィズを画像盛りでレビュー。性能、使い方、従来品との違いまで解説。...
プルームテックプラス1.5
バージョンアップしたプルームテックプラス1.5のカラバリ5種類をレビュー根強い人気を誇るJTの低温加熱式たばこデバイス、プルームテックプラスに朗報~。 プルームテックプラス1.5にバージョンアップして使...
プルームS専用の純正アクセサリー特集
プルームエスの純正アクセサリーを画像盛りでご紹介!JTから発売される高温加熱の加熱式たばこ、プルーム・エスの純正アクセサリーは6種類。 2019年1月29日に「Ploom S」が発...