【3ヶ月99円】Amazon Music Unlimitedがキャンペーン開始!
IQOS

連続で10本吸える新型「IQOS 3 MULTI」をレビューする【IQOS初】

2018年11月15日に同時販売を開始。

・IQOS2.4Plusの進化verであるIQOS 3
・全く新しいタイプのIQOS 3 MULTI

IQOS 3 MULTIのレビュー 今回はIQOS初となる、連続使用できるデバイスとして話題のIQOS3 MULTI(マルチ)をレビュー。

これまでのIQOSは1本吸うごとにホルダーの充電が必要でしたが、一体型になったことで連続吸いを可能にした製品です。

IQOS 3 MULTIとIQOS 3

反面、コンパクト設計に軽量化を加えたため、自ずとバッテリー容量は少なくなります。フル充電でも最大10本が限界値。

とはいえ、充電できる環境さえあればデメリットは簡単に回避もできます。

最大喫煙本数の多いIQOS3。連続使用可能なマルチ。あなたはどちらを選びますか?

現在の購入なら公式サイト
IQOS 3のレビューはこちら
IQOS(アイコス) 3のレビュー
新型「IQOS 3」を徹底レビュー!使い方からスペックまで、前モデルと何が違う?新型のIQOS(アイコス)3がようやく手元に届いたのでレビューしていきます~ 発売は2018年11月15日。前モデルの「IQOS ...

ということで、今回もじっくりレビューしていくので参考になれば幸いです。

IQOS(アイコス)3 MULTIの付属品とスペック

外箱はIQOS3と全く同じで、
横開きのしっかりした造りです。

IQOS 3 MULTIの付属品こちらブリリアントゴールド。
高さ約11.9cm、横幅2.5cm、厚さ1.5cmの重さ50g。公式サイトでは卵1個より軽いと紹介されてます。因みにIQOS3はホルダーのみなら22gなので、実吸時の軽さだけならマルチは劣ります。

4カラー対応
IQOS3 MULTIのカラーバリエーション

ウォームホワイト、ブリリアントゴールド、ステラ―ブルー、ベルベットグレーの4色。別途購入のキャップ交換で差別化も可能です。

IQOS3 MULTIのカラー

 

同梱品はこちら↓

IQOS 3 MULTIの付属品
  • 本体
  • USB充電ケーブル(Type-C)
  • ACアダプター
  • クリーニングツール各種
  • 取扱説明書

性能以外は同時発売のIQOS 3と大体同じです。

スペック

価格 8,980円
重さ 50g
喫煙本数 10本
喫煙時間 6分or14パフ
フル充電 約75分
バイブ

この他、余熱時間は約20秒。

IQOS 3MULTIは連続使用が1番のポイントでして、余熱時間20秒を挟むことで10本連続の吸引が可能。

IQOS 3 MULTIの外観

IQOS 3 MULTIの外観この形状は初めて使いましたが円柱より持ちやすく、安定感がありボタンも押しやすいです。

メタリックで質感は滑りにくく表面塗装が厚い感じ。IQOS3はサラッと、こちらは硬度が高くツルッと。でも滑らない不思議な感覚。

ちょっと怖いですが本気で爪でこすってみましたが、全く傷がつかない強者です。

ホコリ防止にカバー搭載

IQOS 3 MULTIの外観スティック挿入口には埃やゴミ防止、同時に臭いを漏らさないカバーを搭載。カバーを開けてる状態ではボタンを押しても加熱されないので誤動作を防げます。

また差込み時は手動ですが、スティック排出時には勝手に勢いよく戻る仕様。

ということもあり、キャップ内部は実は繊細な造りです。繊細ということは、、ここに不具合が出る可能性を私はひしひしと感じております。

底部はUSB Type-Cの搭載

IQOS 3 MULTIの外観これまでのType-AからUSB Type-Cに変わりました。端子の向きを気にせずブスッと挿入可能です。

同梱されるUSB充電ケーブルはもちろんのこと、別途で変換アダプターも付属されるため、これまでの充電器も代用できます。

IQOS 3 MULTIのUSB端子電源ボタンを1プッシュするとLED点灯。現在100%の状態です。

加熱方式ブレードタイプ

IQOS 3 MULTIはブレードタイプキャップを外すとブレードの確認可能。チャンバー内部の広さはIQOS3と同程度、特にメンテナンスがやりにくいとも感じません。

一体型はシンプルです。使い方もスティックを挿入して加熱するだけ。本体の充電さえあればこの繰り返しになります。

↓早速吸ってみました↓

IQOS 3 MULTIの使い方から感想まで

電源ON/OFFは4秒間のボタンを長押し。

アイコスヒートスティックを挿入して、電源ボタン長押しで加熱開始。

加熱中の長押しで中断可能

IQOS 3 MULTIの使い方LED点滅と共にバイブが作動してスタートをお知らせします。(長押しは2秒とかかりません。)

余熱は約20秒
LEDは点灯し、再びバイブのお知らせつきなので分かりやすい。

これだけの操作で喫煙開始。

IQOS 3 MULTIの使い方喫煙時間は6分もしくは14回の吸引で終了。

残り2回になるか、もしくは残り30秒になればバイブとLED点滅が作動します。

吸い終わればキャップをスライド

IQOS 3 MULTIの使い方マグネット脱着式なので指一本で楽々。

先にスライドさせることで、スティックはブレードから抜けるためスッと取り出し可能。

スライドを挟まないでスティックを抜いた場合、キャップ内部にタバコ葉だけ残るので気をつけましょう。面倒な作業がプラスしちゃいます。

変わらない吸い応え
オールインワンになったからと言え喫味はこれまで同様でした。

それよりも使いやすさが段違い。

挿入→電源ON→捨てる。
この動作でバンバン吸えます。

実際はgloがこのタイプなんですが、それよりも余熱時間が短いので全くストレスになりません。

さらに特徴的な機能はIQOS 3 MULTIは充電中でも喫煙可能。かなり珍しいタイプでバッテリー容量の少なさを補えるポイントになります。

まとめ

IQOS 3 MULTIのレビュー1週間程度の感想でしたが、喫煙までのモーションが少ないのは本当に便利。IQOSで充電の待ち時間が、、とストレスを感じていた方には最適なデバイスでしょう。

迷うところでIQOS 3シリーズは同時発売。

IQOS 3→10,980円
IQOS 3 MULTI→8,980円

抜群の使いやすさを誇る一体型なんですが、キーは10本の制限。これはデザインやご自身のシチュエーションを想像して選んでみましょう!

IQOS(アイコス) 3のレビュー
新型「IQOS 3」を徹底レビュー!使い方からスペックまで、前モデルと何が違う?新型のIQOS(アイコス)3がようやく手元に届いたのでレビューしていきます~ 発売は2018年11月15日。前モデルの「IQOS ...

あ、そういえばですが。
キャップ部がもしかしたら不具合の原因に。なんて予想をしましたが、

メーカー保証期間は製品登録により6ヶ月→1年に延長。自損でも1回の交換可能。

というのも大きな味方になるかと思います。

IQOS公式サイトはこちら

今回は以上です(´っ・ω・)っ

合わせて読みたい