タバコ

IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれだ!選び方に比較は重要!


IQOSの互換機って。。。

え?こんなにあんの?

と思う程あって、どれにしようか迷う人も多々いるかと。

互換機を使うメリットはまずIQOSより安く購入できる。種類が豊富なので自分に合ったものを選ぶことが可能。

が、ありすぎてどれが良いのか正直わからない。という方も多々おられます。

今回はアイコス互換品の中でもおすすめ出来るものを紹介。なかなか怪しいものも存在するだけに、参考までにどうぞ。

▼因みにIQOSのスペックがこちらになります。選ぶ際の比較対象にしてみて下さい。

IQOS 2.4 Plus
税込価格 10,980円
吸引回数 約14回
吸引時間 最大6分
吸引本数 約25本
充電時間 約90分

iBuddy i1 Kit(アイバディ・アイワン・キット)

iBuddy i1 キット iqos アイコス 互換 電子タバコ コンパクト (レッド)

  • 最大15本吸引可能
  • 5分20秒か16回吸うとOFF
  • 充電時間は2~3時間

互換機の中でも有名、人気もNO.1!

楽天では5部門で1位を獲得した名機です。

これだけ実績があると確実に安心できるポイントでして、Amazonなどでレビューが少ないのに全て高評価みたいなのは逆に様子見が必要になります。

サイズはIQOSに比べるとかなりコンパクトでgloに近いです。

iButty i1:79.5×46×25.5mm
glo:85×44×22mm

加熱から喫煙まで20秒と早いですが連続吸引の際には3分程度空けることが正しい使い方。故障の原因にもなるので要注意。

価格は販売店により変わりますが約6000円~7000円といったところ。送料無料でモバイルバッテリーがおまけでプレゼントされるスモトク powered by CIGAが1番お得に購入できます。

最近ではアイコス互換機というか、もはやiBuddy互換機のようなものまで登場し、むしろこっちの方が人気になる始末…。

EFOS E1(イーフォス イーワン)

電子タバコ 加熱式タバコ 正規品 EFOS イーフォス VAPE キット Kit ヴェポライザー ブラック

  • 最大10本吸引可能
  • 約20回吸うとOFFと長め
  • 充電時間は出力により70~115分と変動


2017年末に発売。売れてます。

他の互換機にはないナチュラルなシンプルデザインが魅力的、それだけで購入する人もいるくらい。

独自の3D加熱システムで均等に蒸らし、High(高温)とLow(低音)モードを搭載した味にこだわった商品。(最初のうちは金属の味がするとの口コミも目立つが使ううちになくなるようです。)

加熱温度による連続使用の制限がある中、EFOS E1の5本連続可能はなかなか優れたところ。吸い終わればバイブレーションでお知らせしてくれます。

1本辺り20回吸えるのでじっくり吸いたい人向きですかね。

ただ、フル充電で最大10本は2000mAhのバッテリーにしては少ないかと。価格はどこで購入しても大体8,980円なので、こちらもモバイルバッテリー付きのスモトク powereb by CIGAがお得になります。

iSMOKE(アイスモーク)

iQOS 互換 アイコス 互換品 iSMOKE アイスモーク 加熱式 電子タバコ 正規代理店 限定 セット (ゴールド)

  • 最大13本吸引可能
  • 180秒か約13回吸うとOFF
  • 充電時間は90分


2018年2月に発売されたばかりの新製品

一体型でありながら断トツでコンパクト。本体30gは他の互換機を寄せ付けない軽さです。

加熱開始から完了までわずか10秒は、もはや待ち時間とは呼べない早さ。

1回の充電で制限なしに連続13本吸引可能と、短時間でサクサク吸いたい人には相性が良いです。

税込み価格8424円。

大体どこも似通った価格ですが公式が僅かながら最安値。きちんと保障が受けれる点でも公式サイトをおすすめします。

なお発売当初で口コミが少ないのはデメリット。気になる方はレビュー記事を参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
加熱式タバコ互換機【iSMOKE(アイスモーク)】のレビュー|メリットとデメリットも紹介この度、IQOS互換機「iSMOKE」に切り替えてみました。 互換機ってどーなの? と思ってる方は多々いると思いますが、元と...

Wand2.8

wand2.8 電子タバコ 2018最新版 中高低温調整付き 連続20本吸引 カートリッジ加熱式 2500mah大容量バッテリー(?)

  • 最大18本吸引可能
  • 喫煙時間は215秒
  • 充電時間は120分

かなりglo的な大きさと外見です。

ブレードを用いないムラのない加熱方法はメンテナンス性に長けてます。更にはバイブレーション機能搭載。

と、本当にgloにアイコススティックを差し込んだ感覚ではないでしょうか。

本機の目立った特徴を言えば低音、中温、高温と3種類の加熱温度を搭載。2500mAhとバッテリー持ちも良く長時間の外出にも耐えてくれそうです。

価格はAmazonで6500円前後楽天やYahooショッピングは7500円前後と差がでます。

楽天市場のスモトクで購入するとモバイルバッテリーがプレゼントされますが、バッテリーもちが良い本機では必要なさそう。安く済ませたいのであればAmazonを推奨します。

Kamry Kecig 2.0 Plus

[アイコス互換品] アイコスが使える電子タバコ Kecig 2.0 Plus kamry タバコカートリッジを使用可能 日本語説明書付 ecig2 後継機 正規代理店出品 (ホワイト)

  • 最大10本吸引可能
  • 喫煙時間は210秒
  • 充電時間は120分


初代のEcigを改良した互換機

Kamry Kecig 2.0 Plusになってからはお勧めできるようになりました。

650mAhとバッテリーは弱くフル充電で8~10本しか吸えません。ただ、クリックから約15秒で加熱され3分30秒の喫煙時間はまずまずの出来。インターバルは約30秒。

これと言った悪い評判も聞かなく、価格が4000円程度で扱っている販売店も多いので気軽に購入できます。

どこで買ってもそれほど価格に違いはないのですが、楽天市場VAPE CLUBスモトクウィッシュが人気。1週間以内であれば保証が効くのも大きいです。

保証有りか無しかすら不明なところはザラにあります。製品には当たり外れもあるので万が一を考慮したいところ。

外出中にそこまで吸わない人やマメに充電できる人なら手を出して良い製品。サブとしても活躍してくれます。

まとめ


IQOSは消耗品なんですよね。

ホルダーは7,300回。チャージャーは365回。

これバッテリーの寿命です。

公式ページにも「1年に1度は交換して下さい」とあるように理解が必要になります。IQOSを吸い続けるなら再び約10000円の出費は覚悟が必要になるってことですね。

そこで互換品の登場です。

安いのはもちろんのことですが、きちんとしたものを選べば本家より使い勝手が良いものは沢山あります。

今回あげた5種は売れ筋の商品で安心感も高くなってます。是非とも自分にあったものを選んでいきましょう!

あわせて読みたい
加熱式タバコ互換機【iSMOKE(アイスモーク)】のレビュー|メリットとデメリットも紹介この度、IQOS互換機「iSMOKE」に切り替えてみました。 互換機ってどーなの? と思ってる方は多々いると思いますが、元と...