IQOS互換機

NONNICO i1 レビュー|3,000円台のアイコスイルマ互換機をお試し

NONNICO i1こんにちは。ブレードなしで掃除不要、アイコスイルマ互換機「NONNICO i1」を使ってみたのでレビューです。

アイコススティックのテリアとセンティアが吸えるデバイスで、アイコス3シリーズまでのマルボロやヒーツには使えないのでご注意を。

マルボロとヒーツには従来のアイコス互換機から選びましょう。

NONNICO i1は最大12本吸える低価格のアイコスイルマ互換機です。少しでも本体価格を抑えたい方にメリットのある製品です。

NONNICO i1の付属品 / スペック

NONNICO i1のパッケージパッケージはとてもシンプルで手のひらサイズ。

NONNICO(ノンニコ)はニコチンゼロスティックやIQOS互換機を取り扱うブランドで、低価格で品質の高いものが多いです。

個人的におすすめの互換機メーカーの1つ。見た目も上々、信頼して良しのノンニコです。

NONNICO i1のパッケージ付属品はNONNICO i1本体、Type-C1充電ケーブル、取扱説明書。

保証期間は3ヵ月ついてます。

製品名NONNICO i1
サイズ22.7×117.5mm
重さ約63g
予熱時間20秒
喫煙時間270秒
喫煙本数最大12本
充電時間約90分
バイブ
温度変更×
自動加熱×
価格3,680円

喫煙本数の最大12本が物足りないところで、本家だと一体型のアイコスイルマワンが20本吸えて3,980円。

その差が300円ならメリットが少ないのでは?と所感ですが、それでも費用を抑えたいなら妙味あり。

大きな違いは喫煙時間になり、本家の6分or14パフに対してNONNICO i1は4分30秒で吸い放題。

アイコスの14回吸引があっという間で物足りないと感じる方にはこちらが合う可能性ありです。

NONNICO i1のレビュー

NONNICO i1正面に物理ボタン1つとその上にLEDインジケータがついてます。本体の素材はアルミ合金でしょうかね、傷がつきにくく熱に強いので耐久性は高いです。雑に扱えるタイプで結構好きなやつ。

NONNICO i1上部のスティック挿入口はカバーなしでシンプル。ブレードもなしで掃除不要になってます。一切分解できないので詰まった時は本家同様ほじくるしかありません。

NONNICO i1底部にはType-Cの充電端子。

NONNICO i1充電は5V/1Aで約90分。LEDの色で確認できます。

赤:0~30%
青:30~70%
緑:70~100%

充電中は点滅で完了時が緑点灯。

スタンバイ状態でも電源ボタンを押すと残量の確認が可能で、赤点滅はローバッテリーを意味します。

NONNICO i1コンパクトで持ちやすく見た目もシンプルでいいですね。

バッテリー控えめなのでアイコスイルマワンよりも軽くなってます。

比較するならアイコスイルマワン

NONNICO i1とアイコスイルマサイズ感ほとんど変わりないです。平べったく潰した感じがアイコスイルマワンで、持ちやすさではNONNICO i1の方が個人的に好みでした。

価格ではNONNICO i1が最安の3,680円。

アイコスイルマワンより300円安いので最大喫煙本数の12本に満足できるなら。加えて4分30秒は制限なしに吸えるのが強みです。

使い方

NONNICO i14秒長押しで電源オンオフ。5分放置で自動的に電源オフになる仕様です。スタンバイ状態で押すとLEDの色でバッテリー残量が分かります。

使い方はとてもシンプルなもので、スティックを挿入して1秒以上長押しして加熱するのみ。互換機で良くある温度変更や喫煙時間の調整などなくシンプルです。

電源オン/オフ4秒長押し
バッテリー確認短押し
加熱1秒以上長押し
自動オフ5分間放置

実際に使った感想

NONNICO i1アイコススティックの挿入はきつめでグッと押し込む感じ。アイコスとほぼ同じ手応えです。

操作ボタンを1秒以上長押しすると振動して加熱が始まります。

NONNICO i1白LEDがゆっくり点滅。約20秒の予熱を経て、振動してLEDが点灯に変われば喫煙できる状態です。

実際に計測したところ予熱はほぼ20秒で、予熱時間含めた加熱時間はトータルで4分40秒。喫煙可能時間は4分20秒になりました。

NONNICO i1最初の2口くらいは純正アイコスより薄く感じますが、その後の吸い応えと喫味は区別がつかないくらいの完成度。

私は純正の14パフに物足りなさを感じることが多いので、4分20秒でもスパスパ吸えるこちらの仕様にありがたみを感じます。

NONNICO i1喫煙後のスティックも綺麗で本体の掃除は必要ないでしょう。

アイコスイルマにあるオートスタート機能こそありませんが、テリアやセンティアを簡単に吸えるデバイスとして十分に役目を果たしてくれました。

まとめ

NONNICO i1久々のアイコス互換機は初のアイコスイルマ互換機になりました。

IQOS3シリーズの生産が終了した今、需要が高まりそうですね。

増税にてたばこ値上げの流れにある昨今、少しでも費用を抑えたいのなら。

最大30本喫煙のMorex(モアックス)もレビューしました。

Morex
アイコスイルマ互換機Morexレビュー|連続30本喫煙で温度変更も可ブレードを持たない掃除不要のアイコスイルマ。の互換機になる「Morex(モアックス)」のレビューです。 まだまだIQOSイルマ互換...
IQOSイルマワン
IQOSイルマワンをレビュー|3,980円の安さが魅力こんにちは~。IQOS ILUMA ONE(アイコスイルマワン)を使ってみた感想を書いていこうかと。 2022年3月に発売されたI...
IQOSイルマ レビュー|使って感じた素晴らしさこんにちは~。発売前から話題もりもりだった噂のアイコス新型イルマを使ってみたのでレビューです。 先行販売もありましたが全国発売され...
IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれ?
【2022年版】IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれだ!選び方に比較は重要!これまで数多くのIQOS互換機を試してきた中で2022年最新のおすすめをご紹介!実際使ってみた数十種類の中から絞ったおすすめできるデバイ...