タバコ

加熱式タバコ互換機【iSMOKE(アイスモーク)】のレビュー|メリットとデメリットも紹介

この度、IQOS互換機「iSMOKE」に切り替えてみました。

互換機ってどーなの?

と思ってる方は多々いると思いますが、元となる製品の欠点を補うように開発されたもので性能としてはかなり良いです。

これまでIQOSやgloを使用して充電の待ち時間やキック感(喉に当たる感覚)の少なさもあり、どこか物足りなく感じてました。

しかし今回、iSMOKEに切り替えた結果は、これまで抱えていたモヤモヤを完全にぶっ飛ばす商品だったと言えます。

iSMOKEは2018年2月に発売したばかりの新商品です。

私がiSMOKEに辿り着くまで

IQOSは1本吸うごとに4~5分

IQOSチャージャーとホルダー当時、アイコスは画期的で切り替えて本当に良かったと思いました。

臭いがつかない。副流煙も気にならない。頭痛が消えて咳もでなくなった。

紙巻タバコから加熱式タバコへ替えた結果はメリットだらけでした。ただ、月日が経つに連れて感じ始めたこともあります。

チャージャーとホルダーに分離したIQOSは吸うたびに約5分の充電時間、新型IQOS 2.4 Plusでさ4分かかります。

最初は仕方ないと思ってましたが休憩時間の連続吸いができないこともあり、やはりどこかで満足してなかったんです。

gloのキック感が足りない

glo次に試したgloはホルダーとチャージャーが一体型。1本吸うごとの充電がない分、加熱ボタンを押すと待ち時間40秒のサイクルで吸引できます。劇的な短縮。

この仕様で休憩時間に2本吸うことが可能に。

しかし。

キック感(喉にあたる感覚)の足りなさ…。グローの問題点は、吸った感じが少ないので満足できないところでした。性能が良いだけに勿体ないです。

以来、いつも思ってたのは

  • アイコスのキック感とグローの連続性があればいいのに…。
  • アイコスとグローを足して2で割ってくれたら丁度いいかも。

互換機という存在を意識したのはこの頃からですが、iSMOKEはこれらの理想を見事現実としてくれた商品です。

加熱式タバコ互換機、iSMOKE(アイスモーク)

「iSMOKE」はアイコスで仕様できる直径約7mmのヒートスティックが使えます。

f:id:hometaka5657:20180405171350j:plain

ブラックとシャンパンゴールドの2色

公式での価格は7800円(税別)

これまでアイコスを吸っていた方ならすんなり移行できるのも互換機の良いところ。ホルダーとチャージャーに分離してないので、アイコスのように1回ごとの充電は必要ありません。スイッチも1つしかないので操作は簡単です。

発売から約3ヶ月、2018年5月7日に待望の新色が一気に4色追加。IQOS互換機としてじわじわと人気が上昇してます。

ismoke(アイスモーク)新色

パールホワイト、シルバー、シャインピンク、シャインブルーの登場で全6色!他製品の互換機にはない珍しい色が魅力的!

あわせて読みたい
アイスモーク(iSMOKE)の新色
IQOS互換機「iSMOKE」におしゃれな新色登場!|口コミや評判2018年2月に発売したばかりのアイコス互換機「iSMOKE」 加熱から僅か10秒で吸引可能 本体重量が30gのコンパク...

まず1番の使い勝手の良さは即効性に加えての連続性

アイスモーク

電源ボタンを2秒押すと余熱が始まりますが、驚くべきはそのスピード。

アイスモーク点灯中僅か10秒で点灯、完了です。

真っ黒なボディはLED点灯で一気におしゃれになる。

点灯すると3分、もしくは約13口で消灯。

アイスモークを使ってからグローの40秒が少し長く感じるようにさえなってしまいました。

吸い終われば蓋ごとタバコスティックを取り外し捨てるだけ

アイスモーク蓋

ブレードではなく、セットしやすく壊れにくいのも特徴です。

このサイクルになるので10秒の待ち時間で連続吸引が可能。互換機の中でも現在のところは最強になります。

1度の充電で13本の吸引が可能

13本吸えます
  • フル充電まで90分
  • 吸える本数は13本

出勤して帰宅まで10本も吸わない僕にはなんの問題もない商品でした。

アイコスのキック感とグローの連続性を求めてましたが、それ以上の商品かと。今まで感じていた物足りなさがなくなったのはiSMOKEのこれらの仕様のおかげです。

iSMOKEの使い方

iSMOKEの箱

おしゃれな箱で送られてきますよ!

iSMOKEの付属品

▼内容物
・アイスモーク本体
・USBケーブル
・クリーニングブラシ
・取扱説明書

アイスモークのケーブル、充電

約20本吸うごとにブラシでのクリーニングがおすすめ。適切なメンテナンスは性能を維持します。

充電はUSBケーブルを差し込むだけ。(充電中は点灯状態が続きます。)

USBケーブル

2秒以内に電源ボタンを5回押すことでONとOFFの切り替え。

アイスモークのONとOFF時

成功すると点灯しますが、すぐに消灯してスタンバイモードの完了。

スタンバイモード時に出来る操作
・1回押すと充電残量の表示
・2秒長押しで余熱開始
・3回押すとクリーニングモード開始
・5回押すと電源OFF

覚えておきたい操作はこのくらいです。

iSMOKEのメリット

アイスモークはコンパクト
  • 30gの軽量コンパクトサイズ
  • 棒状の熱源で壊れにくい
  • 1度の充電で13本吸える
  • ホルダーをチャージャーに入れる必要がない
  • 待ち時間はたったの10秒
  • IQOSより本体価格が安い

重さ30gはIQOSの1/4しかありません。

また、熱源を棒状にすることにより全体にムラなく熱を与えます。この構造で本来のおいしさを実現しました。

IQOS 2.4 Plus iSMOKE
価格(税込み) 10,980円 8,424円
重さ 120g 30g
待ち時間 4分 10秒

iSMOKEのデメリット

ismoke本体
  • ツヤのない素材は高級感がいまいち?

実のところ、iSMOKEをこれまで吸い続けてみましたが性能上でのデメリットは見つかりません。弱点が本当に少ないです。

なのでひねり出してみましたよ。

外観です。IQOSやグローはずっしり重く高級感がありますが、本機(ブラック)においては30gでツヤのない素材。高級感は少ないと思います。これをデメリットに入れるのはどうかとも思いますが。。

ただ、それも新色の登場で改善されたと思います。

ismoke(アイスモーク)新色▼新色パールホワイトの画像はこちらでチェックできます

あわせて読みたい
アイスモークのパールホワイト
iSMOKE新色どれを選ぶ?パールホワイトの画像と感想をお届け2018年の2月に発売された新商品!と紹介したもののあっという間に月日は流れ、IQOS互換機のiSMOKE(アイスモーク)に新色が追加さ...

iSMOKEはこんな人におすすめ

iqos互換機のiSMOKE

IQOS互換機「iSMOKE」をおすすめするなら?

  • 連続吸引できる加熱式タバコがほしい!
  • 待ち時間は短いほど嬉しい!
  • 重いより軽くてコンパクトの方が好き!

とにかく短時間でもサクサクと吸いたい方には抜群に相性が良い製品です。

購入は公式サイトがおすすめ

本体価格はどこの通販サイトを利用してもほぼ同じになります。

税込み価格:8424円
(プラス送料750円、手数料324円が必要)

IQOSや他の互換機でも共通するのが突然の故障です。使い方やモノによっては当たり外れもあります。

保証はあるにこしたことはありません。正直、あるのかないのかすら不明な購入先も多々あります。その点、公式サイトでは確実な保証と正規品が約束されます。信頼感においてはピカイチです。

本体価格+送料+手数料が最終的なお支払い金額

メーカー保証は1ヶ月無償でついてきますが、2500円を追加することで1年保証に延長することも可能。

1年保障を選択した場合には2500ポイントが進呈され、次回購入時に使えます。(有効期限はなし)

なお14,000円以上の購入で送料と手数料が無料になるので、ご家族で使う場合などにはまとめて購入するのが吉です。

1年保証をつけるつけないは完全に人によりけりだと思います。

「iSMOKE」公式サイト

まとめ

iSMOKEケース付き

実際にアイスモークを使用してみての感想でした。

どの加熱式タバコにも消費者に合う合わないは存在します。だからこそ自分に合った仕様を選びたい。

即効性と連続性、コンパクトではiSMOKEです

まるで従来の紙巻タバコとライターを所持してるかのような持ち運びやすさ。

ストレスを全く与えない仕様は圧巻。

僕と同じように現在の加熱式タバコに物足りなさを感じているのであれば、検討してみる価値はじゅうぶんにあります。