IQOS互換機

PASUS V6S Mk-2レビュー!IQOS3マルチに激似でも性能で勝るアイコス互換機

PASUS V6S Mk-2IQOS互換機のPASUS V6S Mk-2をレビューしてみました。

初代のPASUS V6Sから進化したこちらは2段階の温度変更が追加されて自動クリーニング機能がパワーアップ。

現在価格3,680円のお手頃なIQOS互換機ですが完成度の高い製品。1週間ほどの使用で耐久性こそ未知ですが、今のところかなり推せるデバイスの1つです。

PASUS V6S Mk-2のパッケージ

PASUS V6S Mk-2のパッケージ専用の箱が安っぽいので本体もそれなりに見えてしまうところですが、本体はしっかりしたもので安心しました。

付属品

PASUS V6S Mk-2の付属品セット内容

  • PASUS V6S Mk-2本体
  • Type-C充電ケーブル
  • オイル吸収マット(30個)
  • 清掃用ブラシ
  • 説明書

PASUS V6S Mk-2の付属品付属品として珍しいのは蓋付きのシリコン製ブラシとヤニ汚れや焦げ付きを軽減できるマット。マットは消耗品になるので継続したい場合には別途購入が必要です。

スペック

PASUS V6S Mk-2今回使ったカラーはマットシルバーです。4色展開で他にはグラファイト、カージナルレッド、ロイヤルネイビーがあります。

製品名PASUS V6S Mk-2
サイズ114.8×23.5×14.5mm
重さ45g
バッテリー1480mAh
加熱方式セラミックニードル
予熱時間約15秒
喫煙本数低温:約20本
高温:約17本
喫煙時間5分or16パフ
加熱モード低温高温2段階
振動
クリーニング機能
充電端子Type-C

性能は欲しい機能がてんこ盛り。喫煙本数は使用環境や温度により誤差しますがMAXで20本程度。喫煙時間はアイコスの6分or14パフに比べて1分短いですが2口多く吸うことができます。

外観と特徴

PASUS V6S Mk-2サラッとした質感でコンパクトな外観。スリムで裏表が凹んでいるため滑りにくく手にフィットしやすい形状です。

PASUS V6S Mk-2スライドカバーが搭載されており、デフォルトでは閉じた時に加熱が始まらない安全設計がとられてます。臭い防止にも効果的。

PASUS V6S Mk-2スライドカバーの検知機能はボタン9回連打でON/OFFが可能なので、機能が不安定になった場合に試してみて下さい。

PASUS V6S Mk-2底部にはType-C充電ポートを搭載。その上にある4つのLEDインジケータでは充電残量と設定温度の確認がボタン1つでできます。

  • 1つ点灯:0~25%
  • 2つ点灯:26~50%
  • 3つ点灯:51~75%
  • 4つ点灯:76~100%

左から2番目のLEDだけは設定温度に連動し、低温モードでは白、高温モードでは赤く光ります。

PASUS V6S Mk-2バッテリーと加熱キャップのライン上には控えめな物理ボタン。こちら1つで全ての操作が可能です。

PASUS V6S Mk-2マグネット式の加熱キャップは片手でスムーズに持ち上がります。喫煙後はスライドさせた状態でスティックを抜くと、中にタバコ葉が残らないのは純正同様です。

PASUS V6S Mk-2キャップを外すとピン状のセラミックニードルが確認可能。特徴としては挿しやすく折れにくいので使い勝手に優れてます。

IQOS3 MULTIに似てます

PASUS V6S Mk-2比較するならアイコス3マルチで形状から構造、質感まで似てまして、おそらく意識して作られたのではないかと思います。

端的にまとめるとIQOS最軽量のマルチは50gで10本連続喫煙が可能なライトモデル。4,980円。

比べてPASUS V6S Mk-Ⅱは45gでMAX20本連続喫煙ができて3,680円。ブランドでは勝てなくても性能や価格においては圧倒的です。

PASUS V6S Mk-2とIQOS3マルチの比較これで様々な角度から見ても純正に近づけてきたのは凄い。

PASUS V6S Mk-2とIQOS3マルチの比較実際触ってみて質に関しても劣っているとは思えない仕上がりです。

PASUS V6S Mk-Ⅱの使い方

PASUS V6S Mk-Ⅱせっかくなので付属品のオイル吸収マットを1つ取り外してセッティング。ヤニや焦げを吸収してくれるので是非とも活用しましょう。こちら汚れ具合にて交換が必要ですが結構長いこと使えます。

PASUS V6S Mk-Ⅱまずはスティックを挿入。セラミックニードル式でスッと挿さります。操作一覧は下記のとおりで比較的覚えやすくて簡単です。

  • 3回連続で温度変更
  • 3秒長押しで加熱開始
  • 加熱中に3秒長押しで強制終了

喫煙に関してはこれだけ覚えればOKで、加熱中の温度変更は不可でした。

  • 1回押しで充電残量と加熱温度の確認
  • 5回連続で約30秒のクリーニング機能
  • 9回連続でスライドカバー検知機能のオンオフ

他の操作も以上で全てです。

PASUS V6S Mk-Ⅱ実際に使ってみました。

加熱開始で1回の振動とLEDが点滅。

15秒で予熱が完了して2回の振動とLEDが点灯。喫煙OKです。

14回吸引すると再び振動があり、その後2回の吸引で振動とLEDの消灯。喫煙終了です。

なお、計16回の吸引がなくても5分経過すると強制終了となります。

使ってみた感想

PASUS V6S Mk-Ⅱ吸い応えは強すぎず弱すぎずですが純正に比べると少しだけ弱め。逆にマイルドで美味しいとも言えます。

個人的にはアイコスは吸い応えが強いので満足できるレベルですが、実は加熱モードの低温は322℃で高温が329℃。

差が少ないのでモード変更の影響に明らかな違いを感じないのが唯一残念に感じたところです。が、物足りなさはなかったので十分かと。

PASUS V6S Mk-Ⅱ喫煙後はスライドしてからスティックを抜きましょう。

PASUS V6S Mk-Ⅱスルッと気持ち良く抜けます。ちなみにニードルタイプはスティックをくりくりっと回してからスポっと抜くと、スライドしなくても抜けるので、お好みで。

掃除とクリーニング機能

PASUS V6S Mk-Ⅱの掃除付属品にあるシリコン製のクリーニングツールをセラミックニードルにブスっと挿しこんでくるくるして掃除します。思った以上に汚れは取れて雑に扱っても問題ないので使い勝手が良かったです。

PASUS V6S Mk-Ⅱの掃除それと本機には9回押しで行えるクリーニング機能があるので定期的に使いましょう。

ブラシ掃除をしてもニードルは焦げ付いて黒ずんでいきますが、この機能を使うと超高温で焦げ付きを焼き尽くして灰にする感じ。

黒ずんだニードルが白くなるので1箱吸うごとに使うくらいがおすすめです。

掃除はこちらも参考にどうぞ。

IQOSの掃除道具
アイコスの掃除、クリーニングスティック(綿棒)の代わりになるものは?ヒットスティックに加熱ブレードをぶっさして加熱するアイコス。なだけに、加熱式たばこの中でも汚れやすい。ゆえに、掃除&メンテナンスの頻度が...

まとめ

PASUS V6S Mk-2一通り欲する機能が揃って3,680円の低価格。質のクオリティが高くマイルドな吸い応えにも満足です。

連続喫煙しても全く熱くならないのも良いですね。

とにかく吸い応え重視の方には不向きかもしれませんが、安くて使い勝手の良いアイコス互換機探しにはおすすめします。

IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれ?
【2021年版】IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれだ!選び方に比較は重要!これまで数多くのIQOS互換機を試してきた中で2021年最新のおすすめをご紹介!実際使ってみた数十種類の中から絞ったおすすめできるデバイ...
IQOS互換機JUZI
3,000円で買えるIQOS互換機「JUZI 15」が優秀でした【PR】格安IQOS互換機「JUZI 15」を使ってみたのでレビューしていきます。 8月18日に「IQOSイルマ プライム」と「IQOSイ...