IQOS

【1月25日から】IQOSが最大3000円の値下げを開始する

IQOS値下げフィリップモリスジャパン(PMJ)からIQOS3含む6製品の値下げを発表。

期間限定ではなく本体価格の値下げはIQOS3DUO発売以降では初のこと。

【過去の値下げ】
2018年6月1日にIQOS2.4Plusが3,000円OFF。
2019年8月26日には5製品が2000~3000円の値下げ。

これまではアイコスユーザー○○人達成や5周年などの記念を機に値下げしてきましたが、今回は加熱式たばこを使っていない喫煙者に向けて、求めやすくなるようメーカ希望小売価格を改定するとのこと。

値下げ対象は6製品でIQOS 2.4PLUS ホルダーの1,980円だけが据え置きになります。製品により値下げ幅が異なるのでチェックしていきましょう。

2021年1月25日から6製品が値下げ

具体的に変更される内容です。

  1. 2021年1月25日から値下げ開始
  2. IQOS3DUOキット含む6製品が最大3000円の値下げ

現行価格との違いはこのように。

製品名旧価格新価格
IQOS3 DUO9,980円6,980円
IQOS3 DUO ホルダー4,480円2,980円
IQOS3 MULTI6,980円4,980円
IQOS38,980円5,980円
IQOS3 ホルダー2,980円1,980円
IQOS 2.4PlUS4,980円2,990円
IQOS 2.4Plus ホルダー1,980円

最新のIQOS3DUOと旧モデルのPlusが最大の下げ幅で3,000円安くなり、ライトモデルのマルチは2,000円の値下げになります。

加熱式タバコの中では高価格帯だったIQOSも比較的購入しやすい価格になりました。

主要加熱式タバコの価格
IQOS3 DUO6,980円
IQOS3 MULTI4,980円
IQOS35,980円
IQOS2.4 Plus2,990円
glo hyper3,980円
glo hyper+980円
glo pro2,980円
glo nano1,980円
PloomTECH2,500円
PloomTECH+2,980円
Ploom TECH+ with
2,980円
PloomS 2.03,980円

新モデルだと10,000円ほどするイメージのIQOSも最大でDUOの6,980円に収まります。

それでも他と比べてしまうと高く感じますが、他社の低価格路線が一気に加速した結果です。

グローなんて2021年1月に登場したglo hyper+がまさかの980円。

IQOSシリーズ 今買うならどれが良い?

ちなみにIQOSの最新モデルがIQOS3 DUOで個人的には迷わずコレ一択です。

最新だけあり様々なデメリットを解消してきた製品のため、ストレスを感じさせない仕様になってます。

IQOS3 DUO連続20本喫煙。ホルダー1回の充電で2本吸えるのはDUO(デュオ)のみで。

同じ20本吸えるデバイス、旧モデルのIQOS3やIQOS2.4 Plusとでは価格以上の差があります。

まとめ

今回の価格改定はユーザーにとってはメリットしかないので、加熱式たばこを始める良いきっかけになるのではないでしょうか。

1つだけ思うところがありまして、過去の傾向からみると値下がりして購入しやすくなったと思えば新製品の登場です。

もしかすると今回も…。

少なくともIQOSデバイスの購入は1月25日以降にしましょう。

IQOS3DUO(デュオ)レビュー
【IQOS 3 DUOレビュー】ついに連続喫煙可能に!使い方、違いの詳細。1年経たずしてIQOS3グレードアップ版になる「IQOS 3 DUO(アイコス3デュオ)」の登場です。発表から発売まで早くて驚きました。...
IQOS 3 MULTIのレビュー
連続で10本吸える新型「IQOS 3 MULTI」をレビューする【IQOS初】2018年11月15日に同時販売を開始。 ・IQOS2.4Plusの進化verであるIQOS 3 ・全く新しいタイプのIQOS ...

関連記事