いまいちど

子育てパパの雑記ブログ。主にガジェット、熱帯魚、ライフスタイル、ブログについて語ります。

グローとアイコスを吸ってみての比較と感想|メリットとデメリット


アイコスを吸い始めてからもうすぐ1年。

ここにきて少し調子が悪くなったアイコス。その症状は充電時間が長くなったり充電されなかったりと。いや、良く粘ってくれた方なんです。

つるっと落としちゃうんですよね。

「これは壊れても仕方がない…。」という使い方をしてきて1年は良く耐えてくれたと思う

そんなわけで新型アイコス「IQOS 2.4 Plus」?それとも「glo」?と考えてまして、家にあるgloを吸ってみることにしました。

いや、あるんかい!

加熱式タバコのglo

f:id:hometaka5657:20180322233958j:plain

2017年10月2日より全国で発売開始されました

それにしてもグローがここまで人気になるなんて…。コンビニでは品薄状態が今でも続いてます。

発売当初に購入したけど僕には合わなく、箱へ戻しました。アイコスの調子さえ良ければ再び会う機会はなかったかもしれません。

ということで実際に吸い始めて両者のメリットとデメリットが見えてきたところで感想文を書いていきます。

値段的にはgloが圧倒的?

  IQOS 2.4 Plus glo
価格(税込) 10,980円 4,980円
ヒートスティック1箱 460円 420円
充電時間 約90分 約120分~240分
加熱時間 約20秒 約40秒
吸引時間 約6分or14回 約3分30秒
バッテリー容量 2900mAh(本体) 3200mAh
連続使用回数 約25本 約35本


IQOSは更にホルダーへの充電が約4~5分かかるのが特徴的ですよね。


本体もですが1箱40円の差は大きいです。10箱買えば400円の差。もう1箱買えてしまうほど。

どちらも加熱式タバコに変わりはないので現在の研究結果としては同じ答えがでます。

・タールが0で有害物質を90%カット
・水蒸気なので臭いが残らない
・副流煙がない

(フィリップモリスの発表)

これらは加熱式タバコの強みです。

この時点で価格の安さからgloに軍配が上がるようにみえますが、決め手となるのは使い心地、性能、味といったところでしょうか。

吸ってみた感想

f:id:hometaka5657:20180322233946j:plain


初めて吸った時の加熱式タバコの味はおいしいとは感じない。アイコスは不味かった。

IQOS吸うと口内炎が増える?でもメリットの方が断然多かった|約半年続けた体験談


gloはなんか焼き芋の臭いがした。芋系。

購入当初、会社から帰宅した時にキッチンから焼き芋の臭いがした。焼き芋があると思って台所に向かうと妻がgloを味見していた。それくらい焼き芋だった。

しかし、その感想も最初のうちだけで吸い続けるうちに慣れました。慣れたところでやっと評価することができます。

満足感が得られたのはアイコスだけど…。

f:id:hometaka5657:20180322233950j:plain


・喉にあたる感覚、キック感が強いのは断然アイコス。

・グローは香ばしくてタバコらしい、しかしキック感が足りない。

IQOS

紙巻から加熱式に移行すると物足りないと感じる人が多いですが、アイコスは1週間もすれば慣れて満足感が得られます。独特の味がするので最初だけきついですね。

最初のうちは紙巻と併用してましたが、これなら大丈夫と思い1週間で完全に移行したのがアイコス。それ以来、加熱式から戻れなくなるほど虜になりました。

タバコを吸った!という感じが得られるのは当たり前に大事。

glo

加熱式を完全に愛してからのグローだけど、最初はやはり違和感ありあり。先にもあげた焼き芋感…。

しかし、慣れるとタバコの香ばしい味に近いと気づき、アイコスよりも好きになりました。

だがしかし。

キック感が少ない。まともに吸えたと感じるのは良いとこ吸い始めの5回くらいじゃないだろうか(がんばっても)。

いくらなんでもこれではきついです。同じように感じてる人は数知れず。なのでいかにしてキック感を継続させるか、グローの吸い方を日々研究している方も少なくない(大袈裟?)

ということで以下の記事ではグローの欠点であるキック感の改善策を考えて、これならありと感じた記事になります。

アイコスは飽きる?グローは後半に弱い?改善策を考える

厳しい言い方をすると吸い方を工夫しないグローは、タバコとしてどうなんだろうと思うほどです。

結論としては味はグローの方がタバコに近く好みですが、アイコスの方がキック感が強いため満足感が高いです。

アイコスの欠点をグローはカバーできてる?

アイコスの1つのデメリットが充電時間。新型「ICOS  2.4 Plus」はバッテリーが0の状態からフル充電まで約4分かかる(旧型で5分程度)。

チャージャーとホルダーはどちらも充電が必要です。

gloは造りが簡単でわかりやすい。上の方にコントロールボタンが1つあるだけのシンプルデザイン。

f:id:hometaka5657:20180322233954j:plain


ボタンを3秒間長押し

すると徐々にLEDが点灯して40秒後には全点灯。吸えるタイミングを教えてくれます。

ここから3分は喫煙タイム。この操作を繰り返すだけなので待ち時間はたった40秒。休憩時間に2本吸う人にはこのメリットは大きいかも。

バッテリー容量は3200mAh。1回のフル充電で30本は吸える仕様。その充電にかかる時間はだいたい3時間といったところ。(因みにアイコスは2900mAh)

「待たされる」は、若干ストレスかも。

充電時間が長くて困るのは好きなタイミングで吸えない時があるため。喫煙者は吸いたいと思った時に吸えないとストレスを感じると思う。アイコスを使う場合は2個持ちの人でもない限り多少のストレスになりえるかも。

*因みにIQOSを2つ持ちするなら互換機にした方が断然お得です。これからIQOS購入をお考えの方も同様です。

IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれだ!選び方に比較は重要! - いまいちど



ただ僕は充電の影響で連続吸いを諦めたので、タバコの本数は減り節約にもなってました。

グローに切り替えた暁には、その必要がなくなりおそらく本数が増えるだろう。これが460円と420円の差をなくす気もします。

総合的な感想

f:id:hometaka5657:20180322234002j:plain


最初は「gloはないわ!」と決めつけてましたがやっぱり「慣れ」もあります。

以下まとめました。

「充電に難ありのアイコス」

チャージャーの形状はタバコに近いため初めから違和感がないのはこちら。

問題があるとすればやはり約3分の充電待ち時間。

「使用感は抜群のグロー」

コスパはこちらが圧倒的。

メンテナンスも簡単で使用感は申し分なし。

吸い殻が長すぎて携帯灰皿にスッと入らないというデメリットも。一番の問題はやはりキック感です。

追記

ちなみに現在ではIQOSの互換機「ISMOKE」を使用しています。

待ち時間わずか10秒で13本の連続吸引はストレスフリー。IQOSより低価格で購入できるのでメインにもサブとしてでも活躍してくれます。