【3ヶ月99円】Amazon Music Unlimitedがキャンペーン開始!
IQOS

加熱式タバコ用の洗浄クリーナー「iBRUSH」の効果を試してみた

加熱式タバコ用クリーナーiBRUSHこちら加熱式タバコの掃除に使う洗浄クリーナー。

その名もiBRUSH(アイブラッシュ)

IQOSやgloなどの加熱式タバコは使うごとに加熱部が黒く焦げつき、本来の味が失われます。

最初のクリアな味を忘れてる人、割と多くないですか?

ちょっと確認してみて下さい。

黒くなってませんか?

解消するためにメンテナンスが必要になりますが、付属する綿棒やブラシの清掃だと不完全になりがち。清掃が中途半端なケースは珍しくありません。

焦げ付きって落ちにくいんですよね。

で、良く使われるのがアルコール類でキュキュッと。

無水エタノールは大容量でコスパ良しですが、まず引火性がありニスや塗装面に使うと変色の原因にもなりまして、加熱式タバコ用に使うには注意も必要。臭いもありますしね。

こういったリスクはiBRUSHを使うことで回避できます。

iBRUSH(アイブラッシュ)とは?

iSMOKE株式会社のiBRUSHIQOS互換機「アイスモーク」を販売するiSMOKE株式会社が手掛けた日本製の洗浄剤がiBRUSHです。

スプレータイプのiBRUSHは焦げ付き、ヤニ汚れをしっかり落とし、加えて除菌や消臭効果も期待できます。

成分 水、ミネラル類
内容量 28ml

界面活性剤、水酸化ナトリウム、エタノール、塩素、研磨剤など化学物質や自然原料防腐剤は一切含まれていません。
引用:iSMOKE公式サイト

そして無臭。塗装や金属面を傷めず、人体にも無害でありながら頑固な汚れは落とす。

iBRUSHは極めて安全で能力の高い、クリーンな洗浄剤です。

iSMOKEで効果を試してみました

せっかくなので同メーカーのアイスモークで実験。

ismokeをibrushで清掃今回のために3箱ほど連続で吸ったのでだいぶ味も落ちてきたiSMOKE本体。

iSMOKEをiBRUSHで清掃ほら、真っ黒。。この感じで吸うのはとても勿体ないのです。

ではキレイにするために用意する物はiBRUSHと綿棒のみ、使用方法は簡単です。

  1. まずはクリーニング機能ON
  2. ニードルやブレードには綿棒に噴霧してこするだけ。
  3. キャップには直接噴霧して綿棒でこするだけ。

という使用方法がガイドライン通り。フルパワーのクリーニングを先に活用することで焦げ付きが落ちやすくなりますが、清掃は温度が下がってから行いましょう。

本体への直接噴霧は内部に入り込むので控えましょう

アルコール類の様にメンテナンス後の味を変えずに本来の味を取り戻せるのもポイントです。

実際の掃除後がこちら

iSMOKEをiBRUSHでクリーニングめちゃ綺麗。

この状態までこすること数分でしょうか。まぁまぁ私、普段から清掃してるのでそれほど頑固な汚れでないのは事実です。

真っ黒状態で数ヶ月とか放置してればもっと時間が必要と予想しときます。

iBRUSHの効果綿棒2本で本体とキャップは見違えました。毎回でなくとも定期的に洗浄剤を使うことで、味だけでなく本体性能の維持に繋がります。

最後の仕上げに

「乾いた綿棒で拭き取る」がマニュアル通りですが

i加熱式タバコの清掃仕上げにクリーニング機能クリーニング機能搭載なら水分を完璧に飛ばせます。

定期的なら最初のクリーニングはしないで最後だけ、というのが私のやり方。柔軟に対応してあげて問題ありません。

iBRUSHで洗浄後に喫煙してみるとクリアな味が復活して吸い応えもUPします。さらに焦げ付いたニードルはヒートスティックがささりにくくなりますが、これも改善。

成分が水やミネラルなので余計な味が混ざらないのも良いですね。加熱式タバコ全般に使えるのは当たり前に、眼鏡や液晶等も綺麗にできるので幅広い活躍が期待できます。

iBRUSHの購入先

公式サイトとAmazonで対応。

他通販サイトでは同様の効果を期待できる洗浄剤も存在します。

COSNU (コスニュ)
Clew (クリュー)

コスニュクリューも成分は水やミネラル。
使用感もさほど変わりなく内容量や外観、製造会社の違いくらいなので普段使う通販サイトで選んで良いかと。

公式サイトも他通販サイトでも単品で購入すると送料が発生するので(プライム会員除く)、まとめ買いや合わせ買いがお得です。

おわりに

加熱式タバコ洗浄クリーナーiBRUSH1本1,000円の価格はコスパも良いです。

加熱式タバコのみに使用するなら1回の購入で相当な期間お世話になれますし、スマホやPCの液晶、眼鏡など他にも活用できるため、1本そこにあると便利です。