いまいちど

子育てパパの雑記ブログ。主にガジェット、熱帯魚、ライフスタイル、ブログについて語ります。

アイコスは飽きる?グローは後半に弱い?改善策を考える


「アイコス飽きますよ」

そんな言葉を知人から数ヶ月前にもらった。

でもその時は良く分からなかった。半年以上も吸い続けて飽きるとか感じたことがなく、得られたのはメリットばかりだ。

時間が経つにつれ紙巻タバコのデメリットが浮き彫りになり、加熱式タバコがこれからますます勢いに乗ると実感。

しかし、最近になって知人の言葉の意味がわかり始めた。

「IQOSって飽きますよ?」

IQOS


これまでなんの問題もなく吸っていたIQOSだったが、、

 

ぶっちゃけ、すこし飽きてきた...。

 

この時ふと知人の言葉を思い出したわけだ。

個人差はかなりあると思うんですが、僕にも来てしまったんです。春が来る前に飽きが。

ただ本当に少し吸っただけで「もう大丈夫です。」と思うところまできた。点灯中にもかかわらず何度かキャンセルしてるほど。

いや、だったら吸うなよw

と言われても仕方ないけどニコチンは欲す。ここが辛い。

数口吸っては消し、数口吸っては消し。

何やってんだ自分。勿体ない。

おそらくちょっとしたマンネリなんだと思います。このイヤイヤ期を過ぎれば恐らく普通に吸えるはずなので、みなさん見なかったことにしてください。

でも紙巻タバコを続けて10数年、まずいと感じるタイミングはあったけど飽きると感じたことはなかった。正直ここにきて思うのは喫煙者の気持ちを満たす物質は『紙巻タバコが最強』である。

あ、そうそう。

ちょうどこの頃になりますが理由あってgloに切り替えたんですよ。

gloに切り替えてみた

グロー


IQOSの調子が悪くなったので徐々にgloを吸う機会が増えていきました。

www.imaichido.com


gloの特徴

・仕様が超簡単
・待ち時間が短い

IQOSとの違いはざっくりと言えばここらへん。ホルダーとチャージャーに分かれてないので充電も楽だし吸い始めのモーションも減ります。

本体をそのまま口にもっていくのでサイズが気になるかもしれませんが、案外そうでもなかったです。

IQOSの不調が原因でこの時から完全にgloに移行しました。

gloの最大のデメリット

グローのLEDが点灯中

LED点灯時間の3分が喫煙タイム

3分。結構十分な時間である。

初めてgloを試した感想でもあげたけどグローは3分間タバコを吸った気にはならない。吸い始めはまぁまぁきつめに感じるものの、徐々に吸った感じがしなくなるというもの。

これ、もはや空気じゃない?

と思えるほどだ。gloは3分間タバコ感を出すにはエネルギーがもたないのか?それとも細すぎて中身が足りないんじゃないのか?と、そんなことまで思える。

ということでgloを吸ってみて最大のデメリットと感じたのが

吸い始めは良い、しかし後半は弱すぎる。

これに尽きる。ここだけを改善してくれればかなり完璧なだけに実に勿体ない仕様と感じました。

1ヶ月ほど吸ってみて

タバコを吸って喉に当たる感覚をキック感と表すことが多いですが、アイコスとグローを比較するとキック感ではアイコスが完全勝利。グローは足元にも及ばないと思う。

まともに感じるのは吸い始めの5回くらいじゃないですかね?逆にこのキック感になんの不満も感じない人がいればそれはそれで凄いというか羨ましくもある。

グローが勝るのは手軽さ。

充電の待ち時間がほとんど必要ないのでアイコスから切り替えた時にはそのありがたみがわかる。

使い方も簡単で1プッシュしたら点灯するのを待つだけで、迷うところも面倒なことも何もない。

ちょっとニコチンを取り入れたい

という場合に重宝するのがグローだ。

グローの欠点を改善するには?

タバコを吸うのにキック感がなければ意味がない。いくら手軽さがあってもダメなものはダメ。

なのでグローを吸う度にどうすればいいのかと考えるようになり、様々な方法を試してみたがかなり改善される方法があった。

差し込み過ぎ注意

f:id:hometaka5657:20180211175122j:plain
f:id:hometaka5657:20180211175110j:plain

味が薄いので奥へと突っ込みたくなるけど、そうではなかった。左の画像は底につくまで押し込んだもの。右は線で合わせている。

右の位置に合わせて吸うと、2倍くらいはキック感が持続するんじゃなかろうか。たったこれだけ。されど変化あり。

そんなわけで、この吸い方(正しい吸い方)に変えてからグローがこれまでよりも吸えるようになりました。

これでもダメなら?

最終的にはフィルター部分指でコロコロする(強すぎるとフィルターがポロッと折れます)もしくは指で潰す

これで結構違います。

フィルターにつまようじでブスっと穴あけるのが一番最適でしたが(;'∀')

IQOS互換機も視野に入れる

アイコスもグローも試してみた結果として、どちらも満足いかなかったという人もいるかと思います。

そうなった場合には、IQOS互換機を視野に入れるタイミングではないかと感じます。

今では一般的なものになりました。

ぶっちゃけ、互換機はアイコスとグローの欠点を補うように作られているので不満を解消するなら一番の方法です。

アイコスのキック感を保持し、壊れにくく、バッテリーの一体型で充電が楽。それでいて待ち時間を大幅短縮と、メリットだらけです。

IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれだ!選び方に比較は重要!


性能も進化する一方でより満足できるものになってますよね。

加熱式タバコ互換機【iSMOKE(アイスモーク)】のレビュー|メリットとデメリットも紹介

 

まとめ


アイコスに飽きがきたようにグローにも飽きがくる可能性はあります。

ちょっとしたマンネリなんですが、たまには新しいのを吸ってみると新鮮でいいかもしれません。

1つにとらわれず、加熱式タバコはサブがあっても良さそうですね。

▼関連記事

www.imaichido.com

www.imaichido.com