【キャンペーン】Blueair空気清浄機
タバコ

【MADMOONレビュー】3000円台のIQOS互換機でも高コスパ

IQOS互換機MADMOON2018年5月末よりAmazonで取扱い開始されたMADMOON。3,680円の気軽に購入できるIQOS互換機として人気です。

IQOSの半分以下で手に入るデバイスの実力は?
と思いながら暫くお世話になった感想を一言でいえば価格以上の出来。正直なところあまり期待してなかっただけに良い意味で裏切られました。

カラーは赤、白、黒の3色に対応

今回MADMOON様よりお試しの機会としてレッドを頂いたので早速レビューしていきます。

MADMOON:スペックや付属品

MADMOONレビュー
バッテリー容量 1,300mAh
重さ 50g
連続吸引 20本
吸引時間/回数 240秒/16口以上
振動 あり
保証期間 3ヶ月

スペック優秀。
4分の吸引時間と連続20本吸引はIQOS互換機のアベレージ以上。ほんの少し前だと本家にはバッテリー持ちの面で敵わなかっただけに互換機の成長を感じます。

MADMOON付属品【MADMOON付属品】充電用USBケーブル、Oリング×4、クリーニング綿棒、取扱説明書(日本語対応)。ブラシの代わりに綿棒なんでしょうけど、綿棒の代わりにブラシが適正ではないだろうか。。
Oリングはキャップの固定に必要。どれほど耐久性があるのかは不明ですが予備4つはありがたい心遣いです。

外観と充電方法

MADMOONの外観

MADMOON外観長さ12.7cm。IQOSホルダーより3cmほど長く約2.5倍重いです。正面のボタン1つで全て操作するシンプルなつくり。表面はツヤ消し素材が使われており、手触り良好、滑りにくく持ちやすい。

MADMOONのOリングキャップは根元のOリングでしっかりフィット、「M」「▼」マークを合わすと装着できます。

MADMOON外観アイコスヒートスティックは両面ブレードで加熱。MADMOONは低温と高温に切り替え可能、お好みに合わせた設定が可能です。

MADMOONの外観90度傾けるとUSB接続端子。本機の外観はこれ以上に特徴はなくシンプルな設計です。

MADMOON 充電方法充電残量はLED色で判別。

  • 赤:0~40%
  • 青:40~85%
  • 緑:85~100%

満充電まで2~3時間です。

使い方

MADMOONの使い方アイコスヒートスティックは垂直にあっさり刺さりますが、線までは辿り着きません。

MADMOONの使い方操作方法は意外と簡単ですが慣れないうちは「あれ?どうだったっけ?」と、なりがち。何度か使えば勝手に覚えるレベルではあります。

  • 5秒長押しで電源ON/OFF
  • 2秒の間に3回押しで加熱
  • 加熱中の2秒押しで中断

余熱時間は約20秒、この時間を含めた240秒が加熱時間なので、実質な吸引タイムは3分40秒か16口以上になります。

なお加熱中に3回押しで加熱温度の変更可能

MADMOONの加熱温度変更LED白は高温、LED青は低温の2段階を操作の度に繰り返せます。青→白の変更だけバイブが作動。

バイブレーションは通常だと加熱開始、加熱完了、喫煙終了の計3回にわたり作動するのでいちいち目視する必要はありません。

MADMOONの使い方吸い終わればキャップをスライドさせてからヒートスティックを抜きます。スライドしなければ中に吸い殻が残るので要注意、ブレードタイプあるあるです。

電池残量は電源ON中に1プッシュで確認可能。

  • LED緑:80~100%
  • LED青:20~80%
  • LED赤:0~20%

吸ってみた感想

MADMOONを吸ってみた感想吸い心地はIQOS以上。低温でも高温でもかなりしっかりしたキック感を得られました。

高温だとヒートスティック自体まで熱くなることがあるので僕はもっぱら低温で満足してます。
プログラムもなかなか正確でして説明通りのカウントで合致します。おおよそ加熱時間は4分、吸引も16~17回あたりで平均がとれました。
極端に小さくないサイズで1300mAh、フル充電で出勤すればバッテリー持ちの良さもわかります。とりあえずモバイルバッテリーが必要なかったので安心できる商品でした。

メンテナンス方法

加熱式タバコのメンテナンスは重要です。面倒だからと何日も使い続けるのは要注意。怠ると焦げ付きが落ちにくくなるだけではなく本来の味が確実に失われます。

MADMOONには付属のブラシがないので基本は綿棒ですが、他にブラシがあれば問題なく代用も可能。ただ今回は同社から発売されている電動クリーナー「ELIO EC-100」も紹介しておきます。

ELIO EC-100IQOSやjouz、MADMOONに対応する電動式のクリーナー。手動とは比べ物にならない、わずか数秒で汚れを落とします。

ELIO EC-100マグネット式の蓋を外すとブラシが出現し、この中に加熱プレートを押し込めば自動で高速回転します。

ELIO EC-100これだけの作業で完了。
ただし、かなり汚れを落としますが弾かれた焦げ付きは周りに付着るため、綿棒やティッシュを使った仕上げ拭きが必要になってきます。

フル充電には40分、毎日1回の使用ならバッテリーは2ヶ月もつので便利。MADMOONに限らず1つあれば重宝しますよね。

なお、取れない焦げ付きはMADMOONのクリーニング機能を使いましょう。

MADMOONのクリーニング電源ON時にボタンを5回押すことで30秒のクリーニング開始、ピンク色のLEDが輝きます。詳しい使い方は下記をご利用ください。

あわせて読みたい
IQOS電動クリーナーELIO EC-100
IQOS等の掃除が劇的に楽になる!電動クリーナー【ELIO EC-100】IQOSや互換機の本体は繰り返し使うので定期的なメンテナンスが欠かせません。基本、1箱(20本)を目安に焦げ付きなど汚れを落とす必要があ...

他社製品と比較

ペン型のIQOS互換機で比較するならGefiveOcean-C N2。操作面でこの2つはMADMOONとほぼ一緒。

【Gefive】

Gefiveは性能や使い方が全く同じ。異なるのはバッテリー容量900mAhで12~15本の吸引本数になっている。その分で価格は3,000円とさらに安くなります。

【Ocean-C N2】

Ocean-C N2もほぼ同じ仕様。こちらはバッテリーや吸引本数まで。もはや形や付属品、メーカーによる品質の差による3,978円。

MADMOONは中間に位置する3,680円。バッテリー持ちや価格で比べるとバランスのとれた製品だと言えます。

まとめ

MADMOON
  • 連続20本吸引
  • 喫煙は4分/16口~
  • 強めのキック感
  • 3,680円の低価格帯

良いとこどりのポイントです。本体のつくりはしっかりしてるので耐久性は心配ないと思いますが、バッテリーの好調さがどこまで続くかが長く使えるポイントになるかと。
デメリットをあげればブラシがない、キャップ部分は多少熱くなるので要注意。

低価格帯はお試しがてら購入できるし高価な機器と違って「大事~に、大事~に」気を遣わなくていいので扱いやすいですよね。

あんまり期待しないで購入すると「お~♪」と思わせてくれるのでお試しあれ。

価格もUPしましたが改良版も販売中↓

あわせて読みたい
MADMOON-V9レビュー
【MADMOON-V9】前作との比較レビュー|改良版でより安定のデバイス初号機MADMOONを以前に紹介したのも束の間、改良版のMADMOON-V9が登場したので早速レビューです。 MADMOONさんの...