ライフスタイル

【子供用に格安スマホ/SIM】LINEモバイルにLINE Payカードで端末同時購入してみた

子供のためにこれまで大手キャリアのキッズ携帯なるものを何度も購入してきましたが、どれも失敗でした。

目的は主に子供の見守り代わりと、単純に可愛いとか面白そうとか憧れのように、子供が欲しがるからってのも強いです。

しかし実際に手元に届くと興味を持って使ってくれるのも最初までで、早い段階で見向きもしなくなり、お出掛けの際にも自宅に放置する始末。全く使わないので最終的に解約した経験まであるのが我が家です。あくまでも、我が家です。

月額料金はそこまでじゃないにしろ、契約が進むにつれてあれやこれやとオプションが増えていき、最終的にそれなりの料金にはなります。これで使わないのだから勿体ない。

正直、キッズ携帯は使えて小学校低学年までと感じますし、それ以上で考え始めそうなキッズスマホは立派すぎる料金をしています。

こんな経験を繰り返したので、我が家では格安SIMでスマートフォンを渡すことに。初めてのスマホはLINEモバイルのワンコインで契約できるプランで十分でした。

LINEモバイル詳細

【LINEモバイル】子供に初めてのスマホは月額基本料金500円

LINEモバイルのデータフリーLINEモバイルはLINEに特化した格安SIM。特筆すべきはそのプランで、最安だと500円から始められます。このワンコインで契約できるLINEフリープランが侮れません。

LINEフリープラン
月額 500円~
データ容量 1GB
データフリー対象 LINE

500円の契約内容は1GBのデータSIMのみで通話はできませんが、データフリー対象のサービス(この場合だとLINEのみ)は使い放題で、仮に1GBを越えて速度制限がかかっても、LINEはどこでどれだけ使ってもサクサク動きます。

ということで、LINE通話で十分に代用可能。

いっしー
いっしー
LINEはデータ通信量を消費しないのです。

このリーズナブルなプランは必要に応じてタイプ別に分けられるので、

データSIM 500円
データSIM(SNS付き) 620円
音声通話SIM 1,200円

年齢やシチュエーションを見越して選ぶと良いでしょう。

LINEモバイルの最安プランはとにかく月額料金を安くしたい方や、子供への初スマホに実に最適な格安SIMです。

特に自宅のWi-fi専用スマホで満足できない場合に効果的

自宅にWi-fiがあれば古い端末で契約なしにLINEを使うことはもちろん可能ですが、外にでてWi-fi環境が無くなればただの鉄の塊となってしまいます。

これでは子供が携帯やスマホを所持しているとは言えません。

我が家でスマホを子供に預けるにあたり、必要だと考える機能は以下。

  1. 通信手段は主にLINE(通話もLINE電話)
  2. 外出先でも連絡や操作ができる。

これくらいでして、実際のところ殆どがLINEでこと足りるのが現状です。

しかも1GBがついてくるのでオンライン動画やゲームを控えれば、Wi-fi環境がなくてもそこそこ使えます。私たちが使うスマホと大差はないですし、1GBも余れば翌月に繰り越してくれるシステムも嬉しいところ。

まだ小学生の娘、その多くを家で使うと考えれば、LINEモバイルの500円プランは親も子供も嬉しい限りではないでしょうか。なんせ憧れのスマホデビューです。

LINEが500円で使い放題

契約は端末同時購入でもSIMカードのみでもOK

LINEの契約さて肝心の格安SIMに使う本体は、使わなくなったスマホが自宅に結構あったりします。LINEモバイルで動作する端末があれば、SIMカードだけで本当に月額500円のみで契約可能です。(公式サイトで端末チェック可能)

がしかし、今回は予定していたAndroid端末を娘がトイレに落としたため、スマホも同時購入することにしました(´-ω-`)

ちなみに端末も購入すると、

SIMカードが挿入済
APN設定済み

若干手間が省けます。他通販サイトでSIMフリースマホを安く買う手段もありますが、設定や動作確認が面倒な方には確実な方法だとも言えます。


クレジットカードなしでも契約できるLINE Payカードも便利

LINE Payカードメリットと言えばLINEモバイルの契約はクレジットカードがなくても、LINE PayやLINE Payカードで対応できます。

LINE Payカードは予め現金をチャージするだけでクレカと同じ様に使うことが可能。誰でも簡単に発行できるので便利です。

LINE pay登録

ほんとに30秒程度で完了。LINE Payはオンライン上ですが、リアルなカードも発行可能です。チャージも銀行口座やコンビニで手軽にできますし、直接契約に使えないデビットカードもLINE Payの口座には使えるのです。

さて今回はLINE Payカードを支払方法に選択してみました。

LINEモバイル申し込みまでの流れ

申し込み手順
  1. プランの選択
  2. お客様情報入力
  3. 本人確認
  4. 支払方法選択(クレカ、LINE Pay、LINE Payカード)
  5. ログインID/パス設定

初めてでも10分少々の手順なので簡単です。

ちなみ娘の好みで端末はHUAWEI nova lite 2。。。lite 3もさほどかわらない価格であるのですが(・・;)

端末同時購入の場合はオプションにも加入できる

【オプション月額料金】

端末保証 450円
公衆無線LANの利用 200円
ウイルスバスター 420円

端末保証は申込時限定のオプションですが、それほど高い端末でもないのでスルーでしました。プランやその他オプションはLINEモバイルマイページからいつでも契約と解約ができるので、子供の成長に合わせて変更すれば良し。しかもマイページは見やすくて好印象。

LINEモバイルの契約詳細今回の実際の初期費用なんですが、

事務手数料 3,000円
SIMカード発行手数料 400円
端末代金(一括) 25,980円
合計 29,380円

月額はLINEフリーですが、公衆無線LANをつけたので700円。ちょっと迷いましたが、それでも安いですよね。

てことで無事完了です。

LINEモバイル契約

3日後に無事到着

LINEモバイル申し込みこちら北海道なんですが、思ったより全然早かったです。

HUAWEI nova lite 2

HUAWAI nova lite 2の付属品特に端末を紹介するつもりもないのですが、普通にケースもついて液晶フィルムもついてるので、初期装備のままで使えるのも良いですね。

HUAWAI nova lite 2薄い、軽い、ディスプレイでかし(5.65インチ)。ダブルレンズカメラでぼかしもお手の物。細かい性能は置いといて、動画やゲームもサクサクで申し分なし。旧モデルになりますが一括25,980円、分割(24回)1,120円はコスパ良いです。

端末同時購入なのでSIM挿入と設定済み↓

LINEモバイルの端末同時購入はSIMと設定済み

ところでデータSIMプランの契約だと通話はできないので、これだとLINEアプリの登録に電話番号は使えないのでは?と思っちゃいそうですがご安心下さい。上のSIM台紙の裏に番号が記載されてるので、普通に登録可能です。

おわりに

LINEモバイルのHUAWAI nova lite 2ということで無事に娘ちゃんのスマホデビューの完了です。

ネットの世界に飛び込ませるのは怖い。とのお考えもあるかと思いますが、契約者と利用者(お子様)の場合は設定の段階でファミリーリンク(アプリ)のインストールで、ウェブサイトやアプリ、検索のフィルタ、位置情報や利用時間も細かく設定可能。

安心して良いのではないでしょうか。親子共々ここまで満足いく買い物ができて嬉しい限りでございます。

初めてのスマホに500円プラン。検討してみてはいかがでしょうか。

LINEモバイル