glo

グローハイパープラスの今冬限定デザイン「ウィンター・エディション」レビュー

glo Hyper+ ウィンター・エディションこんにちは~。glo hyper+(グローハイパープラス)からまたまた限定デザインが登場します。じゃんじゃんきますね!

今回はアーティスト・コラボレーション・シリーズ第1弾として、スノーボードシーンで活躍する2人が手掛けた今冬限定デザイン。数量限定です。

てことは第2弾、第3弾へと続く「アーティスト×季節」のコラボでしょうかね。

これまで数量限定デザインたちを紹介してきましたが、まだまだオンラインショップで購入できる製品もあるので参考までに↓

グローハイパー ラッキーストライク
限定デザイン「リーフエディション」でラッキーストライクを吸ってみる。こんにちは~。グローの加熱式たばこにラッキーストライクが誕生し、これを記念してglo hyper+に限定デザインが発売されます。 ...
グローハイパープラスの日本国内限定デザイン
グローハイパープラス、2つ合わせて「東京」になる日本国内限定デザインを発売。glo hyper+(グローハイパープラス)より日本国内限定デザインが数量限定にて販売中。 2つの文字がお分かりいただけるでしょう...
グローハイパープラスユニーク(glo Hyper+ UNIQ)
glo Hyper+ UNIQ(グローハイパープラスユニーク)レビュー2022年1月10日より開催しているHappy New gloキャンペーンの一環で発売された限定モデル、グローハイパープラス・ユニーク(...

東京モデルもまだ在庫残ってるんですね。

 

グローハイパープラス「ウィンター・エディション」概要

グローハイパープラスのウィンターエディションコンセプトは「冒険心をブースト」

グローハイパープラス「ウィンター・エディション」2種類が2022年2月7日より発売します。

世界的なボードビルダーでスノーボードのデザインも手掛けるTappy(吉川拓哉)氏と、元スノーボーダーで現在は世界的なデジタルアーティストとして活躍しているKazuhiro Aihara(相原一博)氏がそれぞれのデザインを担当。

グローハイパープラスのウィンターエディション価格は1,980円。

コンビニでの取り扱いはなく全国のgloストア、glo&VELOオフィシャルオンラインショップにて数量限定での発売です。

glo Hyper+ ウィンター・エディションのスペック型番はG403で充電時間は210分。初期のグローハイパープラスはG402で90分でしたが、現在は全てG403に変更になってます。

最近だと限定デザインは980円の流れでしたが、冬季限定デザインは1,980円とちょっぴり高めの設定です。

グローハイパー・ウィンターエディション・ブラック

グローハイパープラス・ウィンターエディション・ブラックこちらTappy氏が手掛けた「glo Hyper+ Winter Edition Black(グローハイパープラス・ウィンターエディション・ブラック)」です。

サンプル品をいただいてのレビューですが、販売される製品と全く同じだと思います。

グローハイパープラス・ウィンターエディション・ブラックの付属品付属品は本体、USB-Cケーブル、クリーニングブラシ、説明書。

グローハイパープラス・ウィンターエディション・ブラックフロントが黒でサイドパネルは黄色と青のデザイン。

「今回のデザインが手に取られた方の新しい冒険をより豊かにする一助になればと思います。」と、Tappy氏。

グローハイパープラス・ウィンターエディション・ブラックスライドカバーに黄色です。サイドがツヤっとテカっとしてるのは通常版と同じですが、柄が入ると硬度を増した石みたい。

綺麗でそして鮮やかです。

ちょっとこれまでの限定デザインよりも高級感を感じました。

グローハイパー・ウィンターエディション・ブルー

グローハイパープラス・ウィンターエディション・ブルーこちらはKazuhiro Aihara氏が手掛けた「glo Hyper+ Winter Edition Blue(グロー・ハイパー・プラス・ウィンター・エディション・ブルー)」

グローハイパープラス・ウィンターエディション・ブルーフロントが青でサイドパネルにはゲレンデ、雪、青空をモチーフにした青と白。スノーボードの「フリースタイル」を表現しています。

「このアートワークの中に散りばめた“動き”や“色”などの一つ一つの要素が、デザインを見ていただいた方の気持ちを高められるような、冒険心をブーストするものになれば幸いです。」と、Kazuhiro Aihara氏。

グローハイパープラス・ウィンターエディション・ブルースライドカバーにも水色が使われてます。

質感はブラック同様ですがデザインはかなり独特でアート。眺めていると雪のような波のような、色んなものに見えてきますね。

glo Hyper+ ウィンター・エディショングローハイパープラス史上、最も鮮やかで爽やかなデザインになってます。

豪華景品が当たるキャンペーン開催

glo Hyper+ ウィンター・エディション」の購入で豪華景品が当たるキャンペーン

発売に合わせてglo Hyper+ウィンターエディションを購入すると抽選で豪華景品が当たるキャンペーンが開催されます。

・スノーゴーグル「AXE AX800-SPC VI」
・スマートウォッチ「Venu Sq Music Black/Rose Gold」
・ハンドヘルドカメラ「HACRAY POMi Pocket Gimbal」

当選人数は少ないですがウィンタースポーツに合う製品です。

まとめ

glo Hyper+ ウィンター・エディション2つはデザイン性の違いのみで他に差はありません。

コンセプトが「冒険心をブースト」なので、何かにチャレンジしようと思う方など気持ちを高めるための購入も良さそうですね。

グローハイパープラス(glo hyper+)
【レビュー】新型モデルのグローハイパープラスは買いなのか?gloの最新モデルになる新型はglo hyper+(グローハイパープラス)。2020年4月に発売されたグローハイパーの進化版になります。...
グローハイパープラスユニーク(glo Hyper+ UNIQ)
glo Hyper+ UNIQ(グローハイパープラスユニーク)レビュー2022年1月10日より開催しているHappy New gloキャンペーンの一環で発売された限定モデル、グローハイパープラス・ユニーク(...
グローハイパー ラッキーストライク
限定デザイン「リーフエディション」でラッキーストライクを吸ってみる。こんにちは~。グローの加熱式たばこにラッキーストライクが誕生し、これを記念してglo hyper+に限定デザインが発売されます。 ...
グローハイパープラスの日本国内限定デザイン
グローハイパープラス、2つ合わせて「東京」になる日本国内限定デザインを発売。glo hyper+(グローハイパープラス)より日本国内限定デザインが数量限定にて販売中。 2つの文字がお分かりいただけるでしょう...

20歳未満の者の喫煙は、法律で禁じられています。加熱式たばこの煙(蒸気)は、周りの人の健康へ悪影響が否定できません。健康増進法で禁じられている場所では喫煙できません。加熱式たばこの煙(蒸気)は、発がん性物質や、依存性のあるニコチンが含まれるなど、あなたの健康への悪影響が否定できません。