音響・映像機器

SuperEQ S1レビュー|6,000円で購入できるANC対応ヘッドホン

SuperEQ S1赤と白が目を引くおしゃれなヘッドホン。いつもブラックばかりを手にする私なので、鮮やかなこちらを使ってみたくなりました。

製品名はSuperEQ S1。

OneOdioのサブブランドとしてSuperEQが誕生しまして、初めて製品化されたのがこちらです。

ANC(アクティブノイズキャンセリング)を搭載する有線/無線ヘッドホンですが、お手頃価格の6,000円ほどで購入できちゃいます。

パッケージと付属品

SuperEQ S1パッケージヘッドホンの箱にしては違和感を覚えるくらい小さめ。20cmに満たないおしゃれなパッケージです。

SuperEQ S1のパッケージ真ん中に置かれた収納袋はもはやデザインの一部。

SuperEQ S1の付属品セット内容はヘッドホン本体、収納袋、microUSB充電ケーブル、3.5mmケーブル、Airplaneジャックアダプター、取扱説明書。

収納袋は厚みのあるしっかりした生地。充電ケーブルは約23㎝とだいぶ短め。説明書はタイトルに日本語を含みますが基本は英語なので分かり易さに欠けます。が、イラストがあるため理解はできました。

製品外観

SuperEQ S1SuperEQ S1は耳全体をすっぽり覆うオーバーイヤーヘッドホン。

鮮やかな配色のホワイトを気に入って使ってますが、カラーはスタンダードなブラックも販売されてます。

SuperEQ S1共通はヘッドバンドのクッションの赤ですが印象はだいぶ変わりますね。

SuperEQ S1折りたたんで収納ポーチにINできます。

SuperEQ S1イヤーパッドは約2cmの厚み。見た感じ少しかためを想像しましたが、表面は柔らかく内部も低反発素材で優しく耳を包んでくれます。

SuperEQ S1頭の大きさに合わせてサイズを変更できます。

SuperEQ S1イヤーカップには遊びがありカチャカチャ動きまして、しっかり耳にフィットするよう設計されてます。

SuperEQ S1パッド内側には大きくL/Rの表記。

SuperEQ S1操作に関しては全てR側に集約。充電中はLEDライトが点灯します。

充電ポート、イヤホンジャック。3つ並んだ物理ボタンでは選曲、音量、再生/停止など。離れた下のボタンではANCを操作します。

SuperEQ S1付属のケーブルで有線接続にすると選曲や音量の操作ができなくなりますが、メリットはハイレゾ音源に対応すること。(有線接続時のみ)

臨場感を求めるときに最適です。

スペック

製品名SuperEQ S1
バッテリー380mAh
対応コーデックAAC / SBC
BluetoothプロファイルAVRCP,A2DP,HFP,HSP
充電時間2時間
連続再生時間ANC+BT 40時間
BT 45時間
ANC 50時間
騒音低減28~33dB
マルチポイント対応
ANC
外音取り込み
サイズ17 x 15 x 14 cm
重さ約300g

1回のフル充電でANC使用時でも40時間以上の再生が可能。

実際に使った感想

SuperEQ S1遮音性がとても高く装着しただけで周囲の音をだいぶ遮ります。全体的に小ぶりな設計で頭の小さめな私(たぶん)でも締め付けが少し強め。

痛くならない程度ですが長時間装着すると流石に疲れるので、もう少しゆったりであれば良かったです。

使い込むうちに馴染むと思われますが、試しに妻に付けてもらうと現状で丁度良いとのこと。

騒音低減のANC機能は優秀

若干「サーッ」と聞こえますが不快に感じさせずいつしか心地良くなるもので、ホワイトノイズマシンみたいな感覚でした。

ONにすると低めの騒音はしっかり遮断されるので、換気扇、空気清浄機、機器の動作音が聞こえなくなります。

TVや人の声も遠くから聞こえるこの感じはアクティブノイズキャンセリングの効果としては実用的です。

もう一度ANCボタンを押すと外音取り込みモードになりまして、周囲の音をキャッチできるもの。

これが今まで使ってきたヘッドホンよりナチュラルで素晴らしい。

ヘッドホン装着時でも装着してないと思えるほど周囲の音が聞こえるレベルに、しかもナチュラルに入ってきます。

音質

ANCオンオフに左右されず聴こえが変わらないので扱いやすい。

楽器とボーカルの声がバランス良く、耳が肥えてない私にとっては十分満足できる音質です。

低音が不得意なのかとも思いましたが曲によってはむしろ得意とさえ思えるほど。ズンズンと響く重低音も好みでした。

まとめ

SuperEQ S11つ残念なところは充電がmicro USBなんです。昨今、USB Type-Cが主流になってきたため手持ちのType-C充電ケーブルで様々な機器を充電できるメリットがあります。対応製品が増えれば増えるほどありがたいので、この点だけマイナス。

とはいえ、おしゃれなデザインと約6,000円で使えるANC搭載ヘッドホンとしては期待以上。音楽なしでも使えるため集中時のアイテムとしてもおすすめです。

OneOdio Pro-10レビュー
【OneOdio Pro10レビュー】5000円以下の多用途な有線モニターヘッドホンこんにちは。久しぶりにお手頃価格で満足度の高いヘッドホンに出会いました。 最近ではBluetoothを使ってケーブルの煩わしさから...
関連記事