掃除

日本版とアメリカ版オキシクリーンの違いと通販サイト別の比較!

日本版とアメリカ版のオキシクリーンの違いオキシクリーンには日本版とアメリカ版が存在します。

どちらを購入するべきか迷っちゃいますよね。

結論から言いますと効果にそこまでの違いはないですが、全く同じでもありません。種類と違いを知ることで、自分にあったものを選んでいただければと思います。

OXICLEANのアメリカ版と日本版の違い

オキシクリーンの本家はアメリカ生まれのコストコ版ですが、株式会社グラフィコが日本版とアメリカ版の両方を企画販売してます。

判別方法はパッケージの表記が日本語か英語かで容易に判断できます。

日本版オキシクリーン

こちらはOXI CLEAN(オキシクリーン)日本版の1500g大容量タイプ。

日本版は500gと1500gの2種類が販売されてます。

アメリカ版オキシクリーン

ドラッグストアとネット購入では種類が変わります。ネットでは2,270gと4,980gにほぼ絞られますが、後者の大容量が最もコスパ高です。

成分や効果の違い

オキシクリーン界面活性剤見てわかる違いがこちら。青いつぶつぶの界面活性剤が入っているアメリカ版で、入っていないのが日本版になります。

それと、アメリカ製には香料が入ってますが日本版は無臭です。

界面活性剤は異なるもの同士をなじませる作用(水と油も混ぜ合わせる)があるので、汚れも水に溶け込みやすく酸素系漂白剤のパワーもより効果を発揮します。

大きな特徴として界面活性剤は泡立ちやすいため、アメリカ版は泡立ちが良い洗剤日本版は泡立たない洗剤となります。

こうした成分からみるとアメリカ版の方が洗浄力において強力に思えますが、実際に両方を使用してみた感想では違いに差を感じません。

汚れ落ちはどちらも良好なため選定に洗浄力は必要はないでしょう。

ただ一方で見た目も大事に感じるのは、泡立たないと実感が湧きにくいのでアメリカ版を好む人も少なくないからです。

日本とアメリカ版の違い要約
  • 容量
  • 界面活性剤の有無
  • 泡立ち

日本版の成分は過炭酸ナトリウム・炭酸ナトリウム。アメリカ版には加えて界面活性剤と洗浄補助剤が入ってます。

汚れ落ちで違いの区別がつかないのはそれほどまでに酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)の洗浄力が優れているからです。

オキシクリーンは塩素系のキッチンハイターとは違い、ツーンとした臭いがなく環境にも優しいのが特徴。酸素系でここまで汚れ落ちが優れていればメリットしかありません。

通販サイト別の比較

購入先としてネット通販が選択される場合ですが、ここでは大手Amazon、楽天、Yahooショッピングでどれほどの違いがあるのか比較していきます。

対象商品は大容量で人気のある日本版1,500gとアメリカ版4,980gです。これさえ押さえておけば他も同様に判別できます。

日本版1,500g

通販サイト価格相場
Amazon900~1250円
楽天1280~1480円
Yahoo1,080~1,680円

Amazonが安く見えますが単体で購入した場合は2000円以下になり送料が発生します。

Amazonプライム会員になると送料無料。

楽天ではグラフィコショップが送料無料。どの商品でも同じですが、500gより1500gを購入する方がコスパが良いです。

アメリカ版4,980g

通販サイト価格相場
Amazon2,980円
楽天3,048円
Yahoo2,930円

どこで購入しても変わりありません。楽天は安値でさらに検索できますが、送料が発生するので実際には3000円前後が相場になりそうです。

終わりに

日本版とアメリカ版は汚れ落ちの違いは気にするレベルにありません。

  • 泡立ちが欲しいならアメリカ版
  • 泡立たなくて良いなら日本版

頻繁に使うなら1,500gか4,098gの大容量タイプがお得ですが、各家庭にあったサイズを選ぶと良いでしょう。

オキシクリーンで洗濯槽の掃除!大量のカビ除去でピッカピカ!洗濯槽のクリーナーはひと月に1回が目安ですよ? 綺麗に見えて実は汚いのが洗濯機。 考えてみると大量に水を使えば湿気や雑菌の宝...
関連記事