音響・映像機器

AfterShokzのテレビ用 骨伝導ワイヤレスヘッドホンAS801-ABT01レビュー

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン(テレビ用トランスミッター付き)レビュー骨伝導ワイヤレスヘッドホンでお馴染みAfterShokz(アフターショックス)から最新モデルが発売されました。既存のAeropexは今でも愛用しているだけに楽しみ。

今回の新製品は簡単な接続でテレビの音声を楽しめるというもの。

そのためテレビ用のBluetoothトランスミッターが付属され、Bluetooth非搭載のTVでもワイヤレス化を実現できます。

トランスミッターとヘッドホンはペアリング済みの状態で届くため、コードをテレビに差し込むだけですぐに使えるお手軽セットと言ったところです。

「周囲を気にせず自分だけでテレビの音を聞きたい。」

といった願いを叶える「AfterShokz骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付き」を紹介します。

骨伝導ヘッドホンはAeropexをベースに改善

Aeropexこちら前モデルのAeropex。付け心地が良くて走ってもズレとか落下が全く気にならない安定感。耳穴を塞がないからヘッドホンをしていてもしていないような感覚です。

会話も音楽も自然でスムーズだから子供と散歩する時などとても活躍してます。

AfterShokz Aeropexレビュー
【AfterShokz Aeropex レビュー】骨伝導ワイヤレスヘッドホンの耳を塞がない快適さ。周りの声や音を取り込みながら耳元で音楽を愉しみたい時もありますよね。1番しっくりきて感動したのがこれ。 Bluetoothで繋ぐ骨...

新製品の「骨伝導ワイヤレスヘッドホン(テレビ用トランスミッター付き)」AS801はこのAeropexとフォルムが全く一緒。

骨伝導ワイヤレスヘッドホン(テレビ用トランスミッター付き)とAeropexの違いなんか違いはあるのかな?

と大事なところですが、単にトランスミッターが付属されただけではなくAeropexをベースにしつつ改善されてます。

その改良点が「aptX」サポート

Aeropexは標準コーデックSBCのみでしたが、新製品の骨伝導ワイヤレスヘッドホンは新たにaptXに対応。

SBCより高音質&低遅延なためテレビや動画視聴により適した製品です。

「AfterShokz骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付き」レビュー

AfterShokz骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きのレビュートランスミッター付きなだけに大きなパッケージ。

お値段は税別23,880円。既存のAeropexは18,180円ですが改善とトランスミッター分を考えれば価格アップは納得のところです。

付属品

AfterShokz骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きの付属品控えめに言って付属品は多いですが難しく考えないで大丈夫。

ヘッドホン本体とBluetoothトランスミッターをメインに、2年間の製品保証書と説明書。番号1~4はトランスミッターとテレビを繋ぐために必要なもの。

  1. micro USBケーブル(電源供給用)
  2. OPTICAL AUDIOケーブル
  3. AUX/3.5mmオーディオケーブル
  4. RCAオーディオケーブル

トランスミッターは充電式ではないのでUSBは必須として、他3本あるケーブルの中から好みの接続方法を選びます。(RCAは3.5mmと連結して使います。)

さらに専用シリコンケースの中にも付属品。

AfterShokz骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きの付属品こちらはヘッドホン用。

専用のヘッドホン充電ケーブル、耳栓、説明書。

耳を塞がず解放感が良き骨伝導ですが、耳栓をしてヘッドホンのイコライザーを変更すればまるで密閉型ヘッドホンをしてるかのような感覚に。

たまの集中したいときに良いですね。

スペックと外観

AfterShokz骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きの外観型番AS801のAfterShokz骨伝導ヘッドホンとABT01のトランスミッター。ちなみにAeropexはAS800になります。

Bluetooth.ver5.0
重さ26g
連続再生時間8時間
充電時間2時間
待機時間10日間
送信最大距離30m
対応プロファイルaptX,A2DP,AVRCP,HSP,HFP
防塵防水IP67
バッテリー容量145mAh
周波数特性20Hz~20KHz
感度105±3dB
マイク感度-38dB±3dB
電圧5V±5%
保証期間2年

本体は26gと軽いですが連続再生8時間。1日たっぷり使用できるバッテリー容量を備えてます。

骨伝導ヘッドホン

AfterShokz骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きの外観スタイリッシュな外観と操作性はそのままですがカラーはコズミックブラックのみ。

装着方法は後頭部を通して耳に引っ掛けるように。

AfterShokz骨伝導ワイヤレスヘッドホンAS801

メガネを逆にかける感じですね。一般的なヘッドホンとは違って存在感は控えめで、さりげないところがカッコいい。

AfterShokz骨伝導ワイヤレスヘッドホンAS801の外観左側のファンクションボタンで再生や曲送り、電話に出るなどの操作が可能。ちょっと見えないですが右側には小さな穴が2つあってマイクを搭載してます。

AfterShokz骨伝導ワイヤレスヘッドホンAS801の外観こちらも右側。装着すると耳の裏あたりにくるこの部分では電源ON/OFFや音量調節ができます。

充電端子は剥き出しでもIP67の高い防塵防水規格にクリア。水没しても問題ありません。

AfterShokz骨伝導ワイヤレスヘッドホンAS801の外観専用の充電ケーブルはマグネット式でカチッとハマり、問題なく開始されるとLEDが赤く点灯します。

防水仕様ですが端子が濡れたままの充電は危険。ただ安心できる漏電防止アラートが搭載されていて、端子に汗や液体が付着していた場合はLED、振動、ビープ音でお知らせする徹底ぶり。

トランスミッター

AfterShokz AS801のトランスミッターこちらがAfterShokzのBluetoothトランスミッターABT01。

中心に音量調節ボタン。手前にはヘッドホン用に1と2のボタンが搭載されていて、2つのヘッドホンを同時に接続可能。

1には同梱のヘッドホンが既にペアリング済みで、必要に応じて第2ボタンに別のヘッドホンをペアリングすることができます。

これで気分によってヘッドホンを代えたりテレビの音声を2人でシェアすることも。

AfterShokz AS801のトランスミッター背面には電源スイッチと入力端子。

AfterShokz AS801のトランスミッターコンパクトでほんと軽い。テレビ台の省スペースにちょことんと置いとけます。

テレビへの接続方法

AfterShokz AS801の接続方法USBケーブルは電源供給に必須。出力先はテレビ側の端子を使えればケーブルがスッキリして良きですが、対応していなければ別途USBアダプターがあればコンセントでもOK。

我が家のPanasonic製テレビは対応できました。

これとは別に音声伝達のためにOPTICAL、AUX/3.5mmオーディオケーブル、
AUX/RCAオーディオケーブルの選択肢。

接続できれば何でもOKで、3.5mmのヘッドホンジャックならほぼ全てのテレビに搭載されてます。

光デジタル端子(OPTICAL)の方が優秀ではあるけど音の違いを判別できるほど私が優秀ではありません。

AfterShokz AS801の接続方法無事2つのケーブルを接続してトランスミッターの電源を入れ、ヘッドホンの電源を入れるとすぐさまテレビの音声が聞こえてきました。

ペアリング済みなのでほんと簡単です。

トランスミッターのインジケータではAUXでの入力、コーデックはaptX、第1ヘッドホンでBluetoothに接続しました。の意を検出。これも分かりやすくて良いですね。

AfterShokz AS801の接続方法光デジタル端子を使うとちゃんとOPTICALが点灯しました。

ペアリング自体も簡単なんですけど、良く分からない場合でも物理的に行うケーブル接続だけで設定完了までいけるのが、骨伝導ワイヤレスヘッドホン(テレビ用トランスミッター付き)のメリットの1つ。と、まとめます。

ちなみにワイヤレスを使わない時は背面の電源を切ってもそのままでも問題ありません。トランスミッターとヘッドホンをオフにしても、再び双方をオンにすれば素早く「接続されました」と骨伝導ヘッドホンから聞こえてきます。

とてもスムーズ。

使ってみた感想

AfterShokz AS801を使った感想ヘッドホン自体の使い勝手はAeropexと変わらず最高で、長時間使っても疲れ知らずで痛くなることもありません。

テレビ用に改善されたaptXのおかげで音質や遅延も文句なし。テレビスピーカーと比較してみましたがBluetoothでもズレを感じません。

テレビ、動画、ゲームでも私の普段使いに支障はなかったです。

大音量で聞くと流石に多少の音漏れはありますが許容の範囲内。それで迷惑に感じる人はいないでしょうし、そこまで爆音で聞きません。

テレビ側の設定次第では音声をヘッドホンのみにすることや、ヘッドホンとテレビスピーカーの同時出力等できるのでお好みで設定してみましょう。

自分だけで音声を聞いてもOKですし、リビングで家族が普通にテレビを見ていて、ちょっと離れたところからヘッドホンからハッキリ音声を聞く。なんてことも可能です。

隣の部屋やトイレに言っても途切れることはありませんでした。

第2ヘッドホンボタンの使い道

AfterShokz AS801の接続方法トランスミッターにもう1つペアリング。第2ボタンを2秒長押しするとペアリングモードに移行し、接続したいヘッドホンもペアリングモードに。

AfterShokz AS801の接続方法使い道は様々で、ヘッドホンでもイヤホンでも。

なんならスピーカーでもいけます。

AfterShokz AS801の接続方法自分だけで音声を聞きたい日もあれば、スピーカーを使ってみんなで迫力ある映画鑑賞を。なんて真逆の使い方もできます。

またトランスミッターはテレビに限らずパソコンへの接続も可能で、楽しみ方は工夫次第。

テレビだけではもったいない

AfterShokz AS801の使い方オープンイヤーで外部音を自然に取り入れる骨伝導。しかも防水防塵機能でアウトドアやスポーツにも向いてます。

これをテレビ専用とするには勿体ないと感じるのは当然のことで、もちろん普通のヘッドホンとして使えます。

トランスミッターの2台同時接続に加えて、ヘッドホン自体もマルチポイントに対応。もう1つの接続先をスマホに向ければ出先でも音楽を愉しめます。

AfterShokz骨伝導ヘッドホンAS801-ABT01まとめ

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン(テレビ用トランスミッター付き)レビューAfterShokz AS801はaptX対応で高音質と低遅延。サクッとテレビに接続できて使い道が豊富でした。

骨伝導の魅力は音楽を聴きながらでも会話に全く支障がありません。家族と会話しながら。外で使う場合でも遮断してしまうと危険となる音をキャッチ。

この解放感とナチュラルな付け心地、そして使い勝手を是非とも体験して欲しい。新しい世界を知れた時は嬉しいものです。

AfterShokz OpenMove
骨伝導デビューに良き!AfterShokzのOpenMoveは1万円以下のエントリーモデル!アメリカ初の骨伝導ヘッドホンブランド「AfterShokz(アフターショックス)」から新製品OpenMoveが発売。9月18日から家電量...
テレビとワイヤレスヘッドホンを繋ぐ
テレビとワイヤレスヘッドホンをBluetoothで繋ぐ簡単な方法テレビとワイヤレスヘッドホンやイヤホンを繋いで、まったり映画鑑賞でもできたら最高ですよね~。 コードがないだけで解放感がまるで違い...
間接照明LEDライトLombaton(ロンバトン) レビュー
テレビ横にぴったり「Lombaton」リモコン操作の間接照明LEDライト【PR】間接照明ってあまり使われてないイメージなんですけど、あなたのご自宅ではどうでしょう?置いてますか? 私は好き。大好きです。 光源...
関連記事