音響・映像機器

AfterShokzから子供用の骨伝導ヘッドホン、Aeropex Playが登場したのでレビューする

AfterShokz Aeropex Playあの骨伝導ヘッドホンのブランド、AfterShokz(アフターショックス)から子供向けにサイズを小さくしたモデルが登場!

人気のAeropexと同じ性能のまま小型化したもので、価格も税別18,180円と同様です。

小学生や中学生のような頭が小さな子供にも、しっかりフィットするよう設計を見直したとのこと。

バンドサイズを一回り小さくしただけでだいぶ可愛らしくなりました。

AeropexとAeropex Playの違い

AfterShokz Aeropex PlayのパッケージAeropex PlayはAeropexの小型バージョン。価格と性能は同じものなので、以下は共通スペックになります。

品番AS800
周波数特性20Hz~20KHz
感度105 ± 3dB
マイク特性-38dB ± 3dB
対応プロファイルA2DP, AVRCP, HSP, HFP
充電電圧5.25 V
使用時間最大8時間
待機時間最大10日
充電時間2時間
防水規格IP67
バッテリー145mAh
Bluetooth ver5.0
保証期間2年間

デザインも一緒なためAeropex Playだけ単体でみると区別がつかないレベルです。

では何が違うの~? ってところですが、2つ並べた写真が下記。

AfterShokz Aeropex Playカラーが違うのは置いといて、バンドのサイズが一回り小さいのが分かります。画像だと確かに確かにって程度なんですが、骨伝導ヘッドホンを使ったことがある人なら「だいぶちっこいな!」と一瞬で分かるはず。

そのため重さは25.2gと、Aeropexの26gより0.8g軽くなってるのが2つ目の違い。

最後は新たに搭載された最大音量制限機能で、ヘッドホンの最大音量が85dBに制限されるため音響性難聴などのリスク低減に繋がります。

子供が安心して使える骨伝導ヘッドホンになってますね。

性能や使い方は同じなので、以前にレビューしたAeropexも参考までに→【AfterShokz Aeropex レビュー】骨伝導ワイヤレスヘッドホンの耳を塞がない快適さ。

パッケージ開封

AfterShokz Aeropex PlayパッケージもAeropex同様の作りですが子供の写真が使われてます。これマグネット式でぺろんとカバーが開きますが、AfterShokzの中でも最も好きなタイプ。私の。

AfterShokz Aeropex PlayのパッケージBOXまでマグネット式。ここまで魅力ある外箱ってなかなかないと思うんですよね。

開いたまま飾っておいてもおしゃれです。

付属品

AfterShokz Aeropex Playの付属品セット内容は下記のとおり。

  1. Aeropex Play本来
  2. 収納ケース
  3. 耳栓
  4. 充電ケーブル×2
  5. 説明書&保証書

付属品もAeropexと同じ!

骨伝導は低音が弱めなんですが、耳栓を使うと迫力ある低音を愉しむことも可能です。(イコライザー設定はAeropex Playにはありません。)

充電ケーブルは専用なので2つあるのは心強いですよね。

外観/主な機能と使い方

AfterShokz Aeropex Playの外観見た目はまんまAeropexの小型版。L側のマルチボタンでは音楽や通話の操作。

AfterShokz Aeropex Playの外観R側では電源、音量調整、バッテリー残量などが主な役割です。

AfterShokz Aeropex Playの外観同じくR側で充電が可能。ケーブルはマグネット式で近づけるだけでカチッとくっつきます。LEDは赤が充電中で青になると完了です。

充電残量は+ボタンを押すと音声アナウンスで教えてくれます。「バッテリーはおよそ半分です」などなど分かりやすさが圧倒的。

またAeropex Playには下記のような機能もあります。

・音量制限機能は解除が可能→最大音量を85dBに制限して音響性難聴などのリスクを低減できますが、+/-ボタンを同時に3秒長押しでオン/オフできます。

・マルチポイント接続対応→2台のデバイスを同時に接続可能。例えばスマホとパソコンなど。スマホ2台ならどちらの着信も受けることができます。

・漏電防止アラート→マグネット充電端子に付着した汗や液体を検出し、LED点滅、振動、ビープ音でお知らせします。

使用感/AfterShokz Aeropex Playは大人でも使える

AfterShokz Aeropex Play早速こちら我が子に使用してもらいました。

その前に私が試しに装着してみたのですが、意外にも普通に使えることが判明。思った以上にフィットしてビックリでした。

これが初の骨伝導ヘッドホンならこんなもんなんだろうなと思って疑いなく使っていたことでしょう。

ただ大人向けとなるAeropexの良さは、まるで装着してないような自然なフィット感。

比較するとAeropex Playを大人が使うと首の後ろの余裕がなくなり、若干ですが耳への締め付け具合もアップします。(これが良いって言う人もいるかと思います)

AfterShokz Aeropex Playで、肝心な子供へのフィット感ですが。

6歳児にAeropexを装着するとゆるゆるでぷらんぷらんしてましたが、これなら固定されます。違いが分かりますね。

小学生に使用してもらう機会はありませんでしたが、中学生には完璧とも言えるぐらいにフィット。

大人でも装着できるくらいなので、子供には少し余裕を持てるくらいの最適なサイズなんだと思います。

これなら「親子で使う」を想定した購入もありです。

耳を塞がない骨伝導ヘッドホン

AfterShokz Aeropex Play一般的なヘッドホンやイヤホンだと使う時は装着し、必要ない時は外すのが当たり前。ですがオープンイヤーの骨伝導は装着中でも常に耳穴がオープンです。

付け心地がとてもナチュラルなため、1日中外さなくても問題なく生活できる素晴らしさ。屋外ではもちろん、シャワー中、入浴中でさえ水没さえ気を付ければOKです。

こんなことできるのは外部音が常に聞こえるからで、ことファミリー生活に関しては会話も大事なため骨伝導は最適。

話しかけたらイヤホンしてて完全スルー。こんな悲しい思いをすることもなくなります(`・ω・´)

Aftershokzの骨伝導ヘッドホン レビュー

AfterShokz Aeropexレビュー
【AfterShokz Aeropex レビュー】骨伝導ワイヤレスヘッドホンの耳を塞がない快適さ。周りの声や音を取り込みながら耳元で音楽を愉しみたい時もありますよね。1番しっくりきて感動したのがこれ。 Bluetoothで繋ぐ骨...
AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン(テレビ用トランスミッター付き)レビュー
AfterShokzのテレビ用 骨伝導ワイヤレスヘッドホンAS801-ABT01レビュー骨伝導ワイヤレスヘッドホンでお馴染みAfterShokz(アフターショックス)から最新モデルが発売されました。既存のAeropexは今で...
AfterShokz OpenMove
骨伝導デビューに良き!AfterShokzのOpenMoveは1万円以下のエントリーモデル!アメリカ初の骨伝導ヘッドホンブランド「AfterShokz(アフターショックス)」から新製品OpenMoveが発売。9月18日から家電量...
【AfterShokz OpenComm レビュー】通話に特化した骨伝導ヘッドホンこんにちは~。骨伝導ヘッドホンのブランド AfterShokz からテレワークに最適なモデルとして登場したOpenComm。今回はお試し...
関連記事