Ploom

BACKLASHとPloomのコラボアクセ、デバイスカバーとマルチケースをレビューする

ISAMU KATAYAMA BACKLASHとPloomのコラボアクセサリーJTの加熱式たばこブランド、Ploomから登場したコラボアクセサリーを使ってみました。

お相手になるのはBACKLASH。正式にはISAMU KATAYAMA BACKLASHという。

初めて知りました。

後から調べるかたちになりましたが、BACKLASHは革への拘りを追求するブランドである。

サイトを覗いてみるとジャケットでも小物でもお値段が立派。高級ブランドです。

てことでもちろん合作されたPloomアクセサリーも高級品になるわけですが、「Ploomが好き」「革製品が好き」「BACKLASHが好き」と言った方。

もしくは他の人がなかなか持ってないであろう高級感に満ち溢れたケースに魅力を感じる方に、良きアイテムになるのではないでしょうか!

イタリア産の牛革を使用するカバーとケース

JTとBACKLASHのコラボアクセ発売されたコラボアクセサリーは3種類。どれも牛革を使用したカッコイイ系のデザインが特徴的。

プルームエス2.0とプルームテックプラス用にはレザーカバーを、さらに各種Ploomデバイスを収納できるマルチケースがご用意されてます。

発売日:2020年12月7日
販売店舗:CLUB JTオンラインショップ及び全国Ploom Shop

情報を入手してから早速のことCLUB JTオンラインをチェックしに行ってみた。

JTとBACKLASHのコラボアクセの価格

・プルームエス2.0 レザーカバー:20,000円
・プルームテックプラス レザーカバー:19,000円
・プルーム マルチケース:50,000円

高いけどこの価格設定に惹かれる高級志向の方も多いと思うんですよね。安さよりも質重視だったり。

JTコラボと言えば同じく革ブランドのFeliseが同じようなお値段でしたが、今回はマルチケースのおかげで更にインパクトが大きくなりました。

本記事ではプラスとマルチケースの2種類をレビューしていきます。

プルームテックプラス レザーカバー

JTとBACKLASHのコラボアクセサリー商品名「ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルームテックプラス レザーカバー

お値段19,000円。

イタリアMONTANA社の牛革ショルダーレザーを使用するネックストラップ付きのカバーは、首に掛けて持ち歩けるタイプ。

ストラップは取り外しできる仕様になってます。

JTとBACKLASHのコラボアクセサリー

JTとBACKLASHのコラボアクセサリーこれでノーマルなデバイスカバーとしても使えます。

カバーにはBACKLASHのロゴ。

JTとBACKLASHのコラボアクセサリー

JTとBACKLASHのコラボアクセサリー厚みもあり丈夫そうなんですが、思ったよりも柔らかくて手触りが良いです。

プルームテックプラス本体はスライドしながら装着。

JTとBACKLASHのコラボアクセサリーこのカバーは開かないのでグイグイと押し込んでいくのみ。

ホワイトデバイス装着時
JTとBACKLASHのコラボアクセサリー
ブラックデバイス装着時

ブラックデバイス装着してもリキッド残量の確認は可能。電源ボタンと通気の穴も確保されて使用には何ら影響ありません。

ただ1つ問題なのは充電用の穴が見当たらないので、いちいち外す必要あり。

それとサイズがかなりきつきつ。

JTとBACKLASHのコラボアクセサリーこれを踏まえて思うことですが、首に下げると逆さになるので緩いと問題ありです。きつめの設計は大事だと思われる。

装着のしやすさはカラーによって異なります。ホワイトデバイスは表面がサラッとしてるから容易でしたが、ブラックは滑らないのでしんどい。

外すときは更に厳しく素手で引っこ抜けず、ゴム手袋の登場(ホワイト)。ブラックに関してはゴム手袋してもやっとのことでした。

JTとBACKLASHのコラボアクセサリーただこれも充電のため脱着を繰り返すうちに、苦労はかなり軽減されていくはず。

それよりもカッコ良さが遥かに上回る出来でした。

プルーム マルチケース

JTとBACKLASHのコラボアクセサリー商品名「ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルーム マルチケース

お値段50,000円。

イタリアGuidi社の牛革カーフレザーを使用。プルームエスとマルチケースがGuidi社。プルームテックプラスのみMONTANA社のレザーが使われてます。

革の質が異なりまして、こちらはさらに柔らかく、しっとりした印象。

さて、このマルチなケースはプルームテック、プルームテックプラスやウィズプルームエス2.0など様々なデバイスの収納が可能。

アクセサリー類やたばこスティックも一緒に余裕で入る頼もしさ。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルーム マルチケースそのためサイズも大きくなり、約20×13×5㎝が実寸値。

開閉にはダブルファスナーが採用されてます。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルーム マルチケース多少ごつく感じるファスナーは世界NO.1のシェアを誇るYKK。動きは重ためですが引っ掛かりもなくスムーズです。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルーム マルチケース説明書など使途を記載するものはなく、中にはプルームテックプラス専用と思われるバンドと小物入れがメインの収納になってます。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルーム マルチケース財布の役割も担うのか、カード8枚分の収納裏には紙幣やレシートがぴったり入るスペースを確保。

使い方は自由なので例えばこんな感じで入れてみる。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルーム マルチケースプラスとプルームエスの組み合わせ。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルーム マルチケース小物入れにたばこスティックやアクセサリー、充電器を入れても良いでしょう。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルーム マルチケース無造作にスティックを載せても閉まるくらい自由度は高めです。

小物入れは着脱OK。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルーム マルチケース

ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルーム マルチケース底に付くマジックテープをぺりっと外すとこの通り。特に仕切りもないのでメガネを入れても大丈夫でした。

ちなみに小物入れを外せば中は自由空間なので、加熱式たばことは無縁に普通のポーチとしても使えそう。

まとめ

ISAMU KATAYAMA BACKLASH プルーム マルチケースBACKLASHとPloomのコラボアクセサリーは数量限定。

今回紹介した2種類他、プルームエス専用にレザーカバーもあります。

お買い求めはCLUB JTオンラインショップ。もしくは全国Ploom Shop。

関連記事