音響・映像機器

骨伝導ワイヤレスヘッドホン AfterShokz Aeropex レビュー!耳を塞がない快適さに惚れました。

AfterShokz Aeropexレビュー高音質の有線イヤホン、完全ワイヤレス、ノイズキャンセリング特化など様々なイヤホンとヘッドホンを使ってきましたが、1番しっくりきて感動したのがこれ。

Bluetoothで繋ぐ骨伝導ワイヤレスヘッドホン。

私たちが良く使う空気の振動によるものとは違い、音は鼓膜を通さず骨からでも聴ける性質を利用したもの。耳穴を塞がないので環境音を取り込みつつ音楽を楽しめます。

今回試したのはAfterShokz Aeropex

AfterShokz Aeropex

色々と物色してみましたが、シンプルな外観と形状がもっとも理想に近い製品でした。

これ26gの超が付くほど軽量タイプで、装着したのを忘れてしまうほどの解放感が病みつきです。デメリットは約2万円のお値段ですが、それ以上に快適さを手にできます。

耳穴を塞がない骨伝導の魅力

骨伝導は鼓膜から音を伝えません。
ゆえに耳を塞ぐ必要がありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

☘️Emeline(@emy_hrg)がシェアした投稿

周りの音を聞きつつも耳元では綺麗に音楽を聴くことができる。これが1番のメリット。

集中して音楽を聴きたい時は「フィット感のあるヘッドホン最高~っ」て感じなんですけど、同時に家族や友人の会話、外出時では聞き逃すと危険な音までシャットダウンしてしまう。

安全性も高いですが単純に耳への圧迫感を嫌う方でも受け入れやすいですよね。

逆にデメリットは音質にはそこまで期待できないことと音漏れですが、AfterShokz Aeropexを使ってみると気になるレベルではありませんでした。

もちろん使う場面によって選択肢は骨伝導一択にはならないですが、私の感じたAfterShokz Aeropex魅力を紹介していきますね。

おしゃれなパッケージ

AfterShokz Aeropexのパッケージ第一印象は大事ですから、やっぱりパッケージに気合入ってるとワクワクします。しっかりした作りの箱は見た目や手触りだけで伝わるもので、開封前から期待感が高まり素敵。

AfterShokz Aeropexのパッケージ

AfterShokz Aeropexのパッケージ扉開きの箱を開けていくと、マットな素材で高級感もある骨伝導ヘッドホン AfterShokz Aeropexの登場です。

個人的に艶消しのラバー素材がとても好み。

専用の充電ケーブルが2つ?

AfterShokz Aeropexの付属品付属品は専用のシリコンケースに収納済み。このケースが柔らかく、昔ながらのゴム製水枕や湯たんぽみたい。

透明ケースに収まる耳栓を活用し、且つ本体のイコライザー変更で違った音質を体験できるのも良い感じ。

全く同じ充電ケーブル2つに一瞬謎を感じましたが、これはきっとAeropex専用だから。

AfterShokz Aeropexの充電マグネットでガッチリ吸い寄せられるので非常に装着しやすく安定感も抜群です。

これって専用であり代用が効かないものなので2つですよね? 先を見越した気遣いが素晴らしい。

あっという間のペアリング

AfterShokz Aeropexのペアリングペアリング専用に説明書が同梱されていて非常に分かりやすくなってます。オフの状態で+ボタン(音量調節)を5秒押すと赤青にLEDが点滅。

AfterShokz Aeropexのペアリングスマホ側やPC側のBluetoothをONにすると検索が始まり、選択するとペアリングが完了します。1度設定すると次回からは自動接続されるので面倒なこともありません。

最近では当たり前の機能ですが、これがなかなかうまくいかなく「?」になることも多いので、Aeropexはとりわけスムーズに感じます。何度やっても瞬時に接続。しかも日本語で伝えてくれるのでなんだか嬉しい。

AfterShokz Aeropexのペアリング音楽停止時に音量調節ボタンを押すと充電残量を「およそ半分です」「のこり僅かです」と、、なんて分かりやすいんだ!

マルチポイント接続で2つの端末にペアリングできます

26gの軽量ボディの装着感

AfterShokz Aeropexの装着感

耳に乗せる感じでぴったりと。見た目もかっこいい。

AfterShokz Aeropexの装着感装着しただけでなんだか感動できるのは、フィットするというより、、もはや一体感に近いです。

ずっとつけてると疲れるどころか忘れるほどで、メガネかけてるのに探す現象にもなり兼ねません。装着中の解放感がハンパじゃない!!

フレームはちょっと細いのでパキッと心配になりそうですが、

AfterShokz Aeropexの装着感

柔らかくひねりに強いように、柔軟性があって防御力も高いです。これもあっての装着感で人の動きにしなやかに対応してくれます。

全力で走ってもズレることなく、しかもIP67防水規格で水深1mに30分耐えるほど水に強い。ランニングやジム、アウトドアやお風呂で聴くにも最高です。

装着感としては、煩わしさから解放!の完全ワイヤレスイヤホンよりも全然好き。逆に向いてない場面はと言うと、

  1. あおむけで寝る→無理(聴診器のように使いましょう。)
  2. フード付きの服を着用→帽子が当たるとズレることがある。

こんなところ。贅沢な悩みになっちゃいます。

8時間の長時間バッテリーと、その音質

AfterShokz Aeropexの性能こんなに軽いのに8時間の連続再生を実現。私はですが流石にそこまで長時間聴かないので、お釣りがくるスペックです。

骨伝導ワイヤレスヘッドホンAfterShokz Aeropexは重さ、防水規格、バッテリー持ちが他社と比較して優れてます。

肝心の音質ですが、かなり良い(淡泊)。本来、骨伝導にそこまで高音質を求めるのも、、と言われるだけに、とても良いです。

この解放感あって、圧迫されることもなく、耳元で聴こえる自然に近い音質としては十分すぎるほど。

耳栓装着するとグッと低音が際立って別ものとして楽しめますが、そこまでするぐらいなら別のヘッドホン使うかも。

使い方

AfterShokz Aeropexの使い方R側ではペアリングや音量調整できるよ~と先に説明しましたが、L側にはマルチボタンがあります。使い方は下記になります。

再生/一時停止1回押し
曲送り2回押し
戻し3回押し
電話に出る1回押し
電話を切る1回押し

良く使う操作の他にも、通話拒否やリダイヤルも可能。

AfterShokz Aeropexのスペックまとめ

AfterShokz Aeropexのスペック
製品仕様
型番AS800
電池リチウムポリマーバッテリー
バッテリー145mAh
重さ26g
対応プロファイルA2DP, AVRCP, HSP, HFP
充電圧5V±5%
待機時間10日間
連続再生時間8時間
充電時間2時間
防水規格IP67
Bluetoothver5.0
製品保証2年間

2年以内の故障は無償修理に対応ですが、サポートには製品ユーザー登録が必要です。箱にQRコードの厚紙が分かりやすく同梱されているので、スキャンしてJANコード4512223688584、モデルナンバー:AFT-SP-000005を記入する必要があります。(簡単!)

AfterShokz Aeropex レビューまとめ

AfterShokz AeropexレビューAfterShokz Aeropex。断捨離中でも残しておくべきヘッドホンでした!

こういう感動を与えてくれる製品に出会えて嬉しい限りです。

これは暫くハマりそう!