音響・映像機器

【Mu6 レビュー】1万円台で本格的なノイズキャンセリングを体験できるワイヤレスヘッドホン

Mu6レビュークラウドファンティングで有名なMakuake発となるワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「Mu6(ミューシックス)」をGenHigh社から提供の元レビューです。

ワイヤレス接続専用の耳をスッポリ覆うオーバーイヤータイプで、付属品にセンス溢れる充電スタンドが付くお得なセット。

Mu6の凄みは秀逸なANC機能。独自システムを採用したハイブリッドアクティブノイズキャンセリングによって綺麗に雑音を低減します。

これがかなり本格的なもので、スイッチ1つで別世界にでも入ったかのような感覚です。

ANCをONにするとサーーっというノイズ音が多少なりとも聞こえる製品が多い中、Mu6は無音で雑音を消すから驚きます。

Mu6のカラー2色のカラーはグラファイトグレーとメダリオンブラウン。

発売当初は3万円近く価格も本格的なものでしたが、現在はAmazonにて1万円台で購入可能。

ノイキャン性能だけでも価値あるものですが、音質や使い勝手含めてこの価格は掘り出し物です。ポイントを絞って紹介していきますね。

3000円OFF割引クーポン:N4QBDK2R(11月30日まで)

Mu6の付属品と外観

Mu6の付属品高さ約30㎝の大きなパッケージに少々驚きつつ、安価なヘッドホンとの違いを既に感じます。

Mu6の付属品同梱品はMu6本体に充電スタンド、それと収納袋、ヘッドホン用USB Type-Cケーブルにスタンド用microUSBケーブル。クルンと丸まったのが日本語にも対応のユーザーガイドです。

Mu6の外観外観は重厚感があり高級感に包まれてますが、300g少々の本体は意外にも軽く、手に取るとしなやかに動きます。

Mu6の外観イヤーパッドの低反発素材は密閉度とフィット感に優れ、且つ長時間つけても疲れにくく痛みを感じません。

Mu6の付属品90°の回転が更にフィット感を助長します。ヘッドバンド部も柔らかく、表面はラバー素材で滑りにくいのも特徴です。

Mu6の外観スライダーは装着後に片手で調整できる絶妙な硬さに設定されてます。かなりスムーズ。

Mu6の外観L側には電源、ANCボタン、USBポート。R側にはボリュームと再生/一時停止の物理ボタンを装備。ボリュームの長押しで曲送り/戻りも可能で、装着しながら親指で操作しやすい設計になってます。

付属品のスタンド兼充電器がスタイリッシュ

Mu6の充電スタンドMu6のセット内容に含まれるスタンドがインテリア性があって素敵。別途で購入するとそこそこ痛ましく感じるのでありがたいですよね。

Mu6の充電

ちなみに本体はType-Cケーブルを通して直接充電できますが、このスタンドは充電もできるから便利。

Mu6の充電スタンド

ヘッドホンバンド頭頂部に接点とマグネットを搭載することで、

Mu6の充電スタンドスタンド上部にヘッドホンを近づけるとカチッと引き寄せられ充電が始まります。

宙ぶらりん状態で配線要らず。

充電中はスタンド上部のブルーLEDがゆっくり点滅し、終了と共に消灯するので分かりやすい。置いとくだけで画になりますよね。

2時間の充電でANCオン時が24時間、ANCオフ時が36時間の連続再生可

ペアリング手順

Mu6のペアリング手順初めて電源を入れると赤と青が交互に点滅するペアリングモードに突入。この状態でスマホ側でBluetoothオンにすればMu6を検索してくれます。

1度ペアリングすると次からは電源オンで自動接続されます。電源ボタンを2度押しすると接続解除からペアリングモードに移行です。

Mu6のノイズキャンセリング効果と高い性能

Mu6の機能ANCボタン1発でノイキャン機能が作動し、騒音、雑音、環境音を軽減してくれますが、Mu6はこの性能に長けてます。

もちろん全てを無にはできませんが、割とハイパワーの換気扇や空気清浄機の動作音なんかは無音化します。

室内で使ってみると押した瞬間に世界が変わるような不思議な感覚。さすがにテレビや人の声を聞き取るのは可能ですが、えらく離れた感じです。

ノイズキャンセルをオンにすると、普段は常に雑音のなかで生きてることを再認識させられますね。

その効果は音楽鑑賞中は特に強調されますが、ANCは単体で使えるため超集中できる環境を簡単に手にできます。

スマートタッチ機能

Mu6のノイキャン効果音楽鑑賞中でもANC作動中でも、こうして左ユニットに手をかざすだけで周囲の音が聞き取りやすくなるスマートタッチ機能が便利。

大音量のなか話しかけられても即座に対応できます。

トランスペアレンシーモード

Mu6のANCANCボタンは押すたびにオン→トランスペアレンシーモード→オフを繰り返します。ANCは周囲の音を低減しますが、トランスペアレンシーはヘッドホンをつけた状態で周囲の音を積極的に取り込みます。

特に屋外でANCを使うと場所によっては危険を伴います。例えばクラクションや救急車の音が聞こえなかったりと。

ANCをオンにして音楽鑑賞すると確実に外部音がシャットアウトされるので、モードの使い分けも大事になってきます。

自動停止機能

Mu6の自動停止機能L側イヤーパッドの中にセンサーがあるんですけど、これでヘッドホンの使用状態を感知してます。ヘッドホンを外すと再生中の音楽が自動で一時停止され、装着すると自動再生されます。

ちょっとしたことですが、音声出力側のデバイス操作をひと手間省けます。

Mu6専用アプリでカスタマイズ

Mu6 Connect

Mu6 Connect

Scenes Sound Digital Technology (Shenzhen) Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

専用アプリのMu6 Connectを使えば各種設定や音質の調整ができます。

iOS/Android向けに配信されるMu6を快適に使うための必須アプリなので、まずインストールしましょう。

Mu6専用アプリ使用できる機能は下記参照。

ANC(ノイズキャンセリング)の強さを2段階で変更
1クリックでロック、ポピュラー、ジャズ、Hi-Fi、カスタマイズ、オフの楽曲に合わせた音質の切り替えが可能
詳細設定ではヘッドホン脱着による自動停止機能のオン/オフ、トランスペアレンシーモードのオン/オフなどの細かい設定。
機内モードをオンにすればANCのみを長時間使用することが可能(オフにすると音楽再生しない場合は定期的にスリープモードに突入します)

自分の耳に合う最適な音に設定する

まさに人それぞれなんですけど、同じ音圧でも人により感じ方が異なります。難しい話しは抜きにして、アプリ内テストを行うと自分専用にカスタマイズされた音でMu6を楽しむことができます。

これは便利。是非やりましょう。

Mu6専用アプリカスタマイズ下部のパーソナライズEQをクリック、続いてリスニングテストに進んでいきます。

Mu6専用アプリテストはL側orR側から音が聞こえた方のアイコンをクリックしていくという簡単なもので、これを繰り返すだけ。

Mu6専用アプリなんだか凄い高得点が出ました。何度もやることで精度も上がっていくようですね。

Mu6専用アプリMu6では人間の完璧な聴覚状態をMu6ゴールデンカーブとして定義し、テストによって聴力損失を見つけ出し、ゴールデンカーブと一致するよう補っていきます。

実際このテストなしに音を聞くとこもってクリアな音質には程遠かったのですが、テスト後には雲泥の差で変化がみられました。

あれこれ設定しなくても、この機能だけで最適な音質を提供してくれるのが良いですね。

Mu6のスペック

BluetoothBluetooth5.0
ANCハイブリッドANC
ドライバーダイナミック40mm
通話CVCノイズキャンセリング
対応コーデックSBC/AAC/Apt-X/APT-X LL
通信距離10m
充電時間2時間
連続再生24時間(ANCオン)35時間(ANCオフ)

Apt-XにLLのコーデックは対応デバイスがあれば低遅延に優れます。ゲームや動画はもちろんTVなど、映像と音声の同期が重要視される製品に相性抜群です。

Bluetoothトランスミッターを使うことで、Bluetooht非対応のTVやパソコンでも使用できます。

1万円台の本格的ヘッドホン

Mu6レビュー見た目や質感に加え、最大の魅力はこの価格帯で最強とも言えるノイズキャンセリング機能にあり。この完成度を体験すると、人の頭に勝手にヘッドホン装着してやりたくなるほどです。

特に私は書斎がありませんから、普段は子供らの声で賑やかな毎日です。まぁそれはそれで幸せなことですが、人間ときに静寂も必要なわけで、そんな時にこのノイキャンヘッドホン1つで自分の空間が持てる!気になりますぞ?

販売当初の価格28,000円ならまぁ納得できるヘッドホンなのですが、現在Amazonで見ると1万円台にちょいちょいクーポンも発行される本機。高品質のヘッドホンを手にする良い機会になりそうです。

3000円OFF割引クーポン:N4QBDK2R(11月30日まで)