便利なアイテム

テレビとワイヤレスヘッドホンをBluetoothで繋ぐ簡単な方法

テレビとワイヤレスヘッドホンを繋ぐテレビとワイヤレスヘッドホンやイヤホンを繋いで、まったり映画鑑賞でもできたら最高ですよね~。

コードがないだけで解放感がまるで違います!

家族が寝静まってからのテレビ視聴。休日の集中したい昼下がり。周りを気にせず音声を1人占めしたいところです。

逆の立場であれば、「もうちょっと音小さくしてくれないべか…。(心の声)」

こんなときワイヤレスの出番じゃないでしょうか(`・ω・´)

Bluetooth非搭載のテレビでも問題なし

今回の課題はワイヤレスヘッドホンとテレビをBluetoothで接続すること。

大前提としてワイヤレスヘッドホンやイヤホンが必要です。

ところがテレビ側にはBluetoothが搭載しておらず、どうにかならないかな?となった場合にはトランスミッターが解決してくれます。

いっしー
いっしー
Bluetooth搭載でもオーディオ機器には非対応なんてTVもあるよ。

Bluetoothトランスミッターとは?

BluetoothトランスミッターとはトランスミッターはBluetooth未対応のテレビやパソコンに接続することで、音声をBluetoothとして送信できる機器です。

音声を発する機器にオーディオ端子さえあれば使えるため、スマホやタブレット、モニターやスピーカーなど、Bluetooth搭載の有無に関係なく使用できます。

モデルは様々ですが、3,000円前後とリーズナブルな価格で簡単にワイヤレス化できる便利なアイテムです。

JPT1 Bluetoothトランスミッター&レシーバー

(JPRiDE) JPT1 Bluetooth トランスミッター我が家で愛用するJPRiDEのJPT1 Bluetoothトランスミッター。送受信に加えて2台同時接続できる人気者です。

使い方はとても簡単

(JPRiDE) JPT1 Bluetooth トランスミッターの使い方まずヘッドホンをペアリング開始に、次いでトランスミッターの電源ON。本体のLEDが点滅から点灯に変わればペアリング完了です。

いっしー
いっしー
10秒かからないくらいかな?

端末は4台までペアリング可能。

(JPRiDE) JPT1 Bluetooth トランスミッターの使い方1度済ませると次からは双方の電源を入れるだけで自動接続します。楽ちんです。

いっしー
いっしー
思ったより小さいです(18g)

今回の目的はテレビのワイヤレス化なので、迷わずテレビのオーディオ端子に挿入です。

(JPRiDE) JPT1 Bluetooth トランスミッターの使い方こんな感じで宙ぶらりんの状態で、挿入した瞬間にヘッドホンからテレビの音声が流れ始めます。

これにて完了。

(JPRiDE) JPT1 Bluetooth トランスミッターの使い方ペアリングにかかる数秒と、トランスミッターをテレビに接続する作業のみ。

とても簡単なことで今回の任務「ワイヤレスヘッドホンとテレビをBluetoothで接続」を実現できました。

あとは気兼ねなくテレビ観賞でもいたしましょ~(`・ω・´)

レシーバーとしても使える

(JPRiDE) JPT1 Bluetooth トランスミッターの使い方先ほどはTX(送信モード)で使用しましたが、RX(受信モード)にすると音声の受信もできます。

例えばRXモードでスマホやパソコンとペアリングして、本機をBluetooth非搭載のスピーカーに接続してみる。

(JPRiDE) JPT1 Bluetooth トランスミッターの使い方すると見事にワイヤレススピーカーに早変わり。同様に有線イヤホンやヘッドホンをレシーバーの端子に挿入することで、音楽や音声を楽しむことができます。

JPRiDE JPT1 トランスミッターのスペック

(JPRiDE) JPT1 Bluetooth トランスミッターのスペック本体、3.5mmステレオAUXケーブル、RCAステレオケーブル、microUSBケーブル。

本機のスペックは下記のとおり。

規格Bluetooth 5.0
重さ18g
バッテリー250mAh
通信距離最大10m
対応プロファイルA2DP
対応コーデックSBC,AAC,APT-X,APT-X LL
連続使用送信13時間
受信12時間
充電時間2時間

JPT1トランスミッター&レシーバーは遅延に強く高音質。2台同時接続ができるので、2人がそれぞれ好みの音量で聴けるメリットや、スピーカー&ヘッドホンなんて使い方も魅力的です。

いっしー
いっしー
USBで充電しながら使えるのも強みだよ。

他にもあるよ!人気のBluetoothトランスミッター

AUKEYはトランスミッター(送信)のみに対応する2,000円の安価なモデル。1.5時間の充電で7時間再生とJPT1の半分程度の容量ですが、こちらも充電しながらの使用が可能です。

レシーバー機能は必要なく安さと実用性を求める方におすすめです。

内蔵バッテリーを持たない置き型トランスミッターがこれ。加えてバイパスとレシーバーを兼ね備えた一台三役です。Aptx-HDとAptx-llで低遅延に高音質を実現。入力ソースはAUX、RCA、光デジタルと多彩です。

有線にはないワイヤレスの魅力

テレビとワイヤレスヘッドホンを繋ぐことTVにおいては距離感も大事なので、有線だと延長ケーブルも必要になってきます。長ければ長いほど煩わしいのがケーブル!絡まりや引っ掛かりで多少なりとも気を使うのは確かです。

全く気にしなくて良いのがワイヤレスで、くつろぎながらのテレビ視聴とは相性が良いです。有線とは違ってヘッドホン側で音量操作できるのも大きなメリットですよね。

少し前とは違ってトランスミッターもヘッドホンも、安定した接続性や高音質の製品が多くなってきてます。

トランスミッターを導入して、気を使わず集中できる時間を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに今回はこちらのヘッドホンを使用↓

【Mu6 レビュー】1万円台で本格的なノイズキャンセリングを体験できるワイヤレスヘッドホンクラウドファンティングで有名なMakuake発となるワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「Mu6(ミューシックス)」をGenHigh...