音響・映像機器

【SoundPEATS TruePodsレビュー】タッチ操作の完全ワイヤレスイヤホン

イヤホンからコードが消えるだけで最高にスッキリしますが、

まだまだ街中ではポケットから取り出してるところを見かけます。ぐちゃぐちゃになったコードを。

こんなとき、ワイヤレスをおすすめしたい衝動に駆られてしまいます。

余計なお世話でしょうか。

SoundPEATS(サウンドピーツ) Truepodsレビュー今回はSoundPEATS(サウンドピーツ)から新モデルTruePodsのレビュー。もちろん完全ワイヤレスイヤホンです。

SoundPEATSは品質の良いイヤホンを量産するメーカーで私も愛用してますが、Apple AirPodsを連想させるこの形状は初めて使います。

SoundPEATS(サウンドピーツ) Truepods耳から1本ピロッと垂れ下がる様からうどんタイプとも呼ばれますよね。

人気を誇るAirPodsは価格約2万円。手頃とは到底言えませんが、SoundPEATSの製品はどれも5,000円前後と良心的。

嬉しいことに新発売のTruePodsも例外ではありません。

SoundPEATS( Truepods物理ボタンを排除したタッチセンサー式でスタイリッシュに仕上げてきました。

音質のクオリティも高く、高価なイヤホンが全てではないことを証明してくれるSoundPEATS TruePods

まずはご紹介していきます。

付属品と外観

SoundPEATS TruePodsの付属品本体(充電ケース+イヤホン)、イヤーピース、USB充電ケーブル、説明書。

イヤーピースは初期装備含めての2種類。

SoundPEATS TruePodsのイヤーピース

サイズ違いになります。

USBポートにはType-C搭載。

SoundPEATS TruePodsの充電

上下の向きを気にしなくて良いタイプ。

最近はレビューする度にType-C対応機器が増えてきたなぁと。統一されれば無駄にケーブルを用意する必要もなくなりそうですね。

なお5V/1Aで急速充電には対応してません。

SoundPEATS TruePodsの充電充電ケースの満充電までは約2時間。充電中は緑LEDが残量確認で、100%で2つ点灯します。

真上からはイヤホンの状態も確認可能。

SoundPEATS TruePodsの充電赤が充電中/白が充電済みになっており、少し時間が経てば消灯します。

イヤホンの充電も2時間で、連続4時間の再生が可能。

600mAhの充電ケースにイヤホンを収納することで、都度充電されていく仕組みです。

充電ケースはイヤホン3回分をフル充電にするバッテリーが搭載されており、繰り返しイヤホンを収納することで最大16時間再生できます。

SoundPEATS TruePodsの外観充電ケース側の蓋はマグネット式で開けやすく閉めやすくなってます。

これはイヤホンも同様に。

SoundPEATS TruePodsの外観マグネット式で吸い込まれるように収納され、脱着の感覚は良好でした。

ケースにもイヤホンにもLとR表記があるので間違うことはありません。

SoundPEATS TruePodsの外観コンパクトで質の高い充電ケースと、光沢のあるイヤホンは高級感まで備えてます。

SoundPEATS TruePodsの外観初見の印象ですがデザインや感触等は素晴らしい。サウンドピーツ社の完全ワイヤレスイヤホンの中でも小ぶりな方です。

ペアリングと使い方

Bluetooth機器のペアリングは簡単で、どれも似通ったものです。

最終的な目標としてはBluetoothで対応デバイスと近距離無線(truepotsは10m)で繋ぐこと。

最近のスマホやパソコンでは当たり前に装備されるBluetoothなので、問題なく接続できると思います。

まずはイヤホンを両方取り出しましょう。

SoundPEATS TruePodsのペアリングこうすると15秒以内にLとRは接続され、R側は白と赤のLEDが交互に点滅します。これがペアリングモードに突入した合図。

このときスマホやパソコンのBluetooth機能がONになっていれば、新しいデバイスとして「SoundPEATS True Pods」がリストに出てきます。

あとはタップするだけで完了です。

SoundPEATS TruePodsのペアリング無事ペアリングに成功するとイヤホンのLEDは消灯します。

あとはいつも通りデバイス側で音楽でも動画でも視聴してみましょう。これだけでイヤホンは機能してくれます。ほんと簡単です。

さて、多くの完全ワイヤレスではイヤホン側にボタンが搭載されますが、SoundPEATS TruePodsはタッチセンサー対応です。

SoundPEATS TruePodsの使い方一見何もないですがタッチするだけで以下の操作が可能です。

電源ON/OFF1.5秒/8秒長押し
再生/一時停止Rを2回タップ
曲送り/戻しR側/L側を2秒押し
電話を受ける/切るRを2回タップ
電話拒否Rを2秒長押し

その他、通話中に別の着信が来た場合に保留にして切り替える。保留の通話に戻る。音声アシスタント機能もイヤホンで操作可能。

ノイズリダクション機能によるノイズ軽減で通話は聞き取りやすい。

電源ON/OFFは充電ケースへの収納、取り出しにも自動対応しています。

通話が入ってくるとなんだかテンパリそうな感じもしますが、こればっかりは慣れですよね。

SoundPEATS TruePodsの使い方この部分のタッチに感度良く反応してくれます。

タッチセンサーのメリットは見た目シンプル。且つ装着時にボタンを手探りする必要なく、トータルしてスマートです。

デメリットは押した感触がないための不安感。タッチした気でいてもタッチされてない場合もあります。

そして誤動作でしょうか。装着時などセンサーに触ると当たり前に反応するので、気を付けたいところです。

とはいえ、全て慣れで解決できるので安心して大丈夫です。

音質

SoundPEATS TruePods実はAirPodsてきなデザイン自体にスタイリッシュさを感じなかった私ですけど、装着感ではほぼ差がないですね。

完全ワイヤレス最高でまとまります。

実際使ってみたところ、Bluetooth5.0対応の恩恵もあり通信の安定性に長けてます。音切れなくyoutubeなど動画を見ても低遅延で違和感なく楽しめます。

音質は迫力ある低音をしっかり表現しつつ、高音域もしっかりキャッチ。全体的にクリアでバランスが良いです。

音楽を楽しむ分には申し分なく、これまで使ってきたSoundPEATSさんのイヤホンの中でも個人的には1番使いやすいと感じました。

まとめ

ということで今回はSoundPEATS TruePodsのレビューでした。

標準的なSBCコーデックになりますが高音質で飽きさせません。

1つ言えば防水機能がないのが少し残念。アウトドアやスポーツ向きではないですが、普段使いとしては最高です。