電子タバコ

話題のCBD商品は本当に安全?危険はない?口コミと評判。

CBD関連商品日本でもCBD商品の人気がじわじわと来てますよね。

話題になるのはその効果にあり、例えば睡眠障害やイライラを和らげリラックスできる作用、または身体の痛みを抑える鎮痛効果、てんかんやアルツハイマー症状の軽減にも力を発揮すると言う報告例など、未知の可能性を秘めた成分だから。

まだまだ研究も必要なことは確かですが、CBDの潜在能力は無限大であることに間違いはなさそうです。

そんなCBDは大麻の成分であることは事実。
特に日本では不安材料の1つになりますよね。

今回は、CBDって本当に大丈夫?危険じゃないの?使って良いの?と言った疑問を解決、販売されるCBD関連の商品までご紹介。

いっしー
いっしー
実際のところ、イメージとは逆に安心して使える商品なんですよ。

大麻の主成分2種類、CBDとTHCの違いを知ろう

CBDとTHCの違いCBDはカンナビジオールの略称です。

大麻に含まれるカンナビノイドは100種類以上とも言われており、そのうちの主要成分がCBDとTHCになります。

このTHCはいわゆる「ハイ」になる成分で、日本における大麻のイメージは大体これにあたり宜しくないイメージでしょう。

THCは日本では輸入も所持も禁止、違法です。でも実際のところ、海外では医療大麻として活躍し、合法になる国が増え始めているのも事実。

こちらを読めばあなたのイメージも覆ることでしょう。

という話は一旦置いときまして、もう1つの成分CBDは前者とは全くの別物であり、日本でも合法なんです。

その効果は世界保健機関のWHOでも正式に発表されてます。

WHOのCBDにおける事前審査報告書

WHOは194か国が加盟する、健康を目的に設立された国際連合の専門機関。そのWHOが2017年に事前審査報告書を公表、以下はその日本語版ですが、気になる部分を抜粋。

CBDの潜在的な身体依存効果(例えば、離脱症状や耐性)に関するコントロールされたヒト研究では、報告されていない。

研究の結果、依存性はなかった。

CBD の臨床使用はてんかん治療で最も先進的である。臨床試験で CBD が、現在フェーズⅢ試験で単一の純粋なCBD製品(Epidiolex)で、少なくともてんかんのいくつかの形態のために効果的な治療として実証された。

てんかんに効果的な治療。

CBD は、多くの他の健康状態のために有効な治療であるかもしれないというエビデンスもある。

多くの医療用途がある可能性。

治療効果の可能性がある疾患概要

CBDの治療効果アルツハイマー、パーキンソン病、多発性硬化症、疼痛、精神障害、不安、抗うつ、がん、吐き気、炎症性疾患、関節性リウマチ、感染症、糖尿病合併症。

と、WHOの発表でCBDは極めて安全で危険性や副作用もなく、様々な医療用途の可能性を見出しただけに、これ以上の説明は現在では皆無。安心して使って大丈夫です。

でも、CBDに限らずですが、医療研究は常に必要でこれからも繰り返されることだけは忘れないようにしましょう。

日本でもCBD関連商品は続々登場

そんな背景もありまして、日本でも勿論話題になり様々な商品が販売されています。

一般的なものでCBCオイルのように直接舌に垂らしたり、飲み物や食べ物に混ぜて使う方法。CBDリキッドやパウダーは電子タバコやヴェポライザーで加熱、蒸気にして摂取したり、サプリメントやガムなど様々な関連商品があります。

代表的なおすすめ製品の口コミや評判を頂いたので一部紹介していきますね。

話題のヘンプタッチ

眠りが浅くてすぐに小さな物音でも目が覚めてしまうのが嫌でCBDを摂取してみようと思いました。ヘンプタッチはスポイトから舌の上に直接垂らして少し口に含んで飲み込んでいました。こちらを摂取し始めてから眠りが深くなり、夜中に目が覚めることはほとんどなくなりました。そのため朝起きるのも全く辛くありません。今までは眠りが浅いのせいで仕事中によく眠くなっていましたが、それもなくなりました。CBDを飲み始めてから体調が整い摂取して良かったなと思いました。
体操の選手が痛みの緩和のために使用している例があったので興味がありました。仕事上肉体を酷使するので繁忙期などは身体の節々が痛くなり睡眠も浅くなってくる傾向だったので摂取してみることにしました。摂取の方法としては、どのような方法があるのかをインターネットで調べて寝る前にお茶に滴下して飲んでみることにしました。飲んでみた感想としては特に劇的に変化を感じることはなく、ぐっすりとは眠れていますがこれがカンナビジオールの効果なのかは判然とはしていません。不安は軽減されたような気もしますが、まだ実感したと言える程ではないのでしばらく飲み続けてみます。

CBDリキッド プレミアムブラック フルスペクトラム

初めてのCBDリキッド、目的は禁煙のためなので頻度も考えて濃度が低い1%で試してみました。フルスペクトラムという製造方法ですが、他社を使ったことがないので比較はできません。10種類あり目移りしますが無難なところでメンソール、味は美味しいので不満はありません。1%ですが就寝前だと気持ち良く眠気が襲ってきます。

安価で使いやすいCBDリキッド専用ヴェポライザー、SMISS C7をご一緒に。

使い捨てタイプの電子タバコNATUuR

ネットで偶然見つけたCBD効果に興味津々。探していると使い捨てタイプのCBD VAPEを発見したので即購入。非喫煙者ですがVAPEはニコチンが入ってないので安心、むせることもなく吸えました。日頃から偏頭痛持ちで悩んでいましたが、これは効果ありでとにかく嬉しい!頭痛→吸引を繰り返して消耗するので、次は使い回しタイプを検討してます!

CBD関連商品はニコチンやタールもなし

結構勘違いされる方も多いのですが、電子タバコやVAPEはニコチンやタールを含みません。というのも日本では禁止されてます。

もともと禁煙目的やリラックスタイム、または純粋に味を楽しむためのものです。

いっしー
いっしー
タバコ関連商品なので警戒されがちですが、喫煙者や非喫煙者に限らず安心してお使い頂ける商品ですよ。

そこへ更にCBD効果がプラスされるので、活用しない手はないでしょう。是非とも1度お試し頂きたい商品であり、これから人気が加速すると予測できます。

おすすめのCBD商品は?

CBDオイルの正規輸入通販サイトHEMP NAVIはおすすめ。液体、錠剤、初心者、ペット用などタイプ別で分かりやすく選べ、中でもヘンプタッチは高品質なオイルで有名です。

CBD VAPEなら楽天市場のEMILI JAPANスモトクがCBD関連商品に力を入れてます。

使い捨てタイプのNATUuRもそうですが、最近ではポッドカートリッジでリキッド注入すら不要、交換式EMILI CBDにも要注目。

レビュー記事もあるので参考にしてみて下さいね。

EMILI CBDレビュー
【EMILI CBDレビュー】ポッド式VAPEでカンナビジオールを簡単摂取!楽天市場でタバコ製品を企画販売するEMILI JAPANから、新商品のポッド式ベイプ「EMILI CBD」が発売されたので早速レビューし...

おわりに

特にイライラや睡眠障害など精神の安定を求めて購入される方が多い印象です。副作用もなく話題のCBD、近年ではとりわけ手軽に摂取できる傾向にあります。

個人差はあるようですが、お試しに使ってみてはいかがでしょうか。