いまいちど

子育てパパの雑記ブログ。主にガジェット、熱帯魚、ライフスタイル、ブログについて語ります。

車のタイヤがパンクして思い知った。修理キットとエアーコンプレッサーの効果

スポンサーリンク

ある日の出来事。

運転してると外からシュルシュルと音がする。タイヤの回転に合わせてシュルシュルと。なんかタイヤに絡まってるなぁと思ってたけど暫く走ってて気が付いた。

これエア漏れの音だわ


ちょうど目的地に着いたので確認すると案の定、ぺちゃんこになったタイヤがあった。

これは大変!!

スペアタイヤの搭載は義務付けされていない

f:id:hometaka5657:20171201022232j:plain


以前はスペアタイヤの搭載義務があったけど現在は規制緩和により義務がなくなった
。最近の車ではスペアタイヤがオプションなんてのは当たり前で、当然のように僕の車にもついていなかった。

その理由は以下にある

  • タイヤ交換できない人が多い
  • 結局使わないまま廃棄になる
  • 燃費の向上を目的とした軽量化
  • 24時間対応したロードサービスの普及
  • スマホなどの通信機器の普及

これらを見る限り、たしかにスペアタイヤの出番は少なくなりそう。規制が緩和したのも無理はないかと思う。

これまで問題は殆どなかった

自動車のトラブルとは無縁だった僕。しかしこの度パンクトラブルが大自然のなか襲い掛かって来ました。


・スペヤタイヤはない

・JAFにも入会してない


この状況から自分だけの力でなんとか脱出したい。この時はそれしか考えてなかったと思う。 

そういえばパンク修理キットがあったわ!

と思い出し、この作戦に全てをかけることにした。


とりあえず落ち着こう

ピンチの時には一旦落ち着くのが僕流


こうして僕は車内から竿を取り出し



釣りを始めた

f:id:hometaka5657:20171201001127p:plain

ここは大自然

まさかこんなところでパンクするなんて、と思いつつも2時間くらい釣りをしてパンクの存在を忘れていた。こうして落ち着き過ぎたところでパンク修理キットを初めて手に取り、使い方を学ぶところから入る。

SLIME(スライム) パンク修理キット

スペヤタイヤがない代わりにパンク修理キットが人気。中に入っているものは

  • 修理材
  • 小型のエアーコンプレッサー

メリットはタイヤをジャッキアップしなくても簡単に作業できるところ

  1. 修理材を空気注入口から入れる 
  2. エアコンプで空気を注入

誰でも手軽に行えます。

しかしデメリットも大きい

まず修理できるのはタイヤのトレッド面(地面につく場所)でありサイドウォール(側面)は不可能であること。


あくまでも応急処置
であり、速度や長距離には注意が必要で長くは耐えられない。そして修理材をタイヤに入れた場合、そのタイヤは修復不可能になり買い替えが必須


タイヤ1本捨てる覚悟で使うか、ロードサービスや知り合いに頼むか考える余地がありそうです。



さて、そこまで考えずに僕は修理キットを惜しげもなく使用した。意外と簡単でここからはあっという間。

しかも初めて使ったエアーコンプレッサーが優れものだ。エア圧も計測できるし、これがあればエア調整しにガソリンスタンドに行く必要は全くない。


と、感動してると大変なことに気づいた。


パンクした箇所がサイドウォールで1cm程度の傷。これはどう考えても修理キットでは無理だ。

タイヤ1本をダメにして得たのは経験だった。


僕は申し訳ない気持ちで妻に連絡して冬タイヤを持ってきてもらった。実は真っ先に思いついたのは妻に助けを求めること…。(釣りをする余裕はきっとここにあった。)

せこいですね。

パンクから学んだこと

f:id:hometaka5657:20180130002833j:plain


スペアタイヤがない場合、万が一を考えれば修理キットはあった方が心の支え
。しかしデメリットは考える必要がある。


例えばSLIME(スライム) パンク修理キットはAmazonで3.500円。加えてタイヤ1本を捨てることになる。JAFの会員に加入していれば状況にもよるけれど価格の差がでてくる。


エアーコンプレッサーが便利だった

NET-O 車用空気入れ

シガーソケットにDCコードを繋げばスイッチ1つでエアーが入る。何でこんな便利なもの今まで使ってなかったのだろう。

自動車用のエアーコンプレッサーと決めつけなければ使う機会は更に増える。

KUFUNG 12V充電式空気入れ 小型電動ポンプ

KUFUNG 12V充電式空気入れ 小型電動ポンプ 携帯便利 付自動車 バイク 自転車 ボール 浮き輪 風船用

まずエアーコンプレッサーらしくないお洒落さん

充電式で邪魔なコードが不要。加えて車のみではなく自転車、ボールや浮き輪など、エアーが必要なものには対応してくれる人気の製品。

 

これまでタイヤ交換のたびにエア圧調整をいちいちガソリンスタンドに通っていた。それがちょっとばからしく思えた一件。

まとめ

今回のパンク事件で色々学びましたが、得たもので1番大きいのはやはりエアーコンプレッサーです。今年のタイヤ交換では本当に大活躍してくれました。


普段からいざという時のためのチェックは必要です。僕のようにトラブルに合った時、対応の仕方がわからないという人も中にはいるのではないでしょうか。


対策は大事です!