いまいちど

子育てパパの雑記ブログ。主にガジェット、熱帯魚、ライフスタイル、ブログについて語ります。

間違えやすい!30代で帯状疱疹を発症し内科へ。皮膚科が正解でした。

スポンサーリンク

30歳の時に帯状疱疹になったんだけど、病院に行ったときに初めてその名を聞いたタイプです。

意外と知らない人も多く、それには理由がある。

・1つ目は生涯での発症率約20%
・2つ目は発症するのは人生で1度きり


この様な結果から頻繁に自分の周りで俺、帯状疱疹だったわぁなんて会話はポンポンと持ち上がることは稀。なので、なってみて初めて知ったというパターンは実は珍しくないようです。


間違えやすいにも2通りある。

まず初めて発症したら一体なんなのかわからなく、病名そのものを間違えやすい。そのため病院も間違えやすいのだ。僕は内科へ向かうという無駄なことをしている。

というわけで、本日は帯状疱疹の体験談でも話そうと思う。いつか誰かの役に立つことを願って。

f:id:hometaka5657:20171220015939j:plain

気付いたら右のあばら付近が痛かった

ある日ふと気付いたら右のあばらの辺りなのか、右の肺の辺りが痛い。それが皮膚であるのか体内の痛みなのかは判断がつかなかった。


この段階でわかったことは1つだけ。

動くと痛い


幸いにもなんか痛いなぁ程度だったので普通に仕事はできた。特に深く考えることもなかったのだけど、状態は次第に酷くなっていった。


2~3日も経つと朝、布団から自力で起き上がることが困難になっていた。少しでも力を入れようものなら激しい痛みに襲われる。苦痛に顔を歪めながらなんとか立ち上がり出勤して、一日を過ごすのがしんどくなってきていた。

痛みを感じて4日後くらいに、ここである異変に気付く。痛いなぁと思っていた付近にブツブツとした赤い発疹を発見。


触れるとなかなか痛い。

これなんだべ?

と妻に聞いてたのを思い出したけど、この頃は体の中が痛いという感覚で、発疹とは無関係であると思い込んでしまった。


1週間も経った頃には働くことが限界だった。ちょっと動けば刺すような痛みと、発疹も尋常な痛みではない。もう、服を着ているだけで痛かった。

発症から1週間。限界を感じて病院へ。

f:id:hometaka5657:20171220020237j:plain

正直、仕事が休めなかったのが理由で自然治癒を願ったけど、日を追うごとに悪化する痛みに限界と不安を感じた。

ここでようやく仕事を休み病院へ行くことにした。

ところで何の病院行くべき?あとこれは一体なんなの?

と、驚くことにここまできても何が原因かさっぱりわかっていなかった。そして僕はその痛みから一つの答えを出した。

痛いのは肺だわ!内科だな!

完全に謝った答えを導き出していた。

内科に到着した僕は言った

先生、肺の辺りが痛いんです。


こうして触診してレントゲンを撮り、先生は少し困惑していたように見えた。別室に連れていかれ、ベッドに上がり、服を脱いだところで看護師さんが僕の発疹に気づいた。

あ!

先生も同じ反応だった。


これ帯状疱疹ですよ。良く見て下さい、水膨れが帯状になってきてます。間違いありません。

皮膚科へ行って下さい


帯状疱疹とわかった途端、先生は急に冷たくなったように感じた。

こうして皮膚科で受診

先生、内科へ行ったら帯状疱疹だからと皮膚科を案内されました。

皮膚科で貰ったのは2つの薬

・抗ウイルス薬
・鎮痛薬

抗ウイルス薬は痛みがなくなっても1週間は飲み続けないといけない。


驚くことに今まで悪化する一方だったその痛みは、薬を服用した次の日から快方に向かい。約1週間で全く気にならない程にまで回復した。


さすが病院です。

早く行くべきでした。


ということで、帯状疱疹についてもわかりやすく簡潔に説明したいと思います。

帯状疱疹とは

f:id:hometaka5657:20171220020458j:plain

初期段階ではチクチクした痛みしかないので原因がつかめないことが多いです。数日後、痛みのある付近に赤い発疹が現れると要注意。最終的に帯状となることが多いので帯状疱疹と呼ばれています。


尚、体の左右どちらか一方に発症。上半身に多く、更にその半数は胸部や腹部あたり。顔や首などにも比較的現れやすいです。

 

ウイルスは水ぼうそうと同じ

実は帯状疱疹と水ぼうそうのウイルスは全く同じものになります。

水ぼうそうは治っても実は体内にウイルスが残っています。ストレス・疲労・免疫力の低下などが原因でこのウイルスは再活動!皮膚まで達すると帯状疱疹の発症となります。


なので、水ぼうそうになった人であれば帯状疱疹になる可能性があります。発症は女性に多く約3人に1人の割合のようです。

 

水ぼうそうであれば移る?

水ぼうそうのウイルスならば移るのか?という疑問が生じます。

帯状疱疹自体が移ることはありません。しかし、帯状疱疹が水ぼうそうとして移ることはあります。故に水ぼうそうにかかったことがない人は要注意と言えます。


感染経路は患部のウイルス

水膨れが破れたり、直接触って色々な場所をぺたぺた触るのはよろしくないかもしれません。同じお風呂に入ることや同じタオルを使うことも極力は控えたいところです。

 

発症しやすいのは40歳以上

発症する年齢は様々ですが40歳以上で全体の7割との調査結果があります。

ちなみに僕は30代でしたが、一番かかりにくい年代みたいです。これには子育て世代で水ぼうそうのウイルスと接することも多く、免疫ができるのでは?との見解も。詳しいことは明らかになっていません。


近年では過労やストレスが原因で20代の発症率も増加傾向とあるので、気にかけてあげると良いかもしれませんね。

 

気をつけたい帯状疱疹後神経痛

恐ろしいのは跡が残る可能性と、痛みが慢性的に続くケースが存在すること。

ウイルスが増殖、活発化して神経に傷をつける場合があり、数カ月、数年、数十年と痛みが続く。これは帯状疱疹後神経痛と呼ばれる後遺症です。

早期治療がもっとも大事

僕のように仕事を優先にしたりと、その痛みを後回しにするのが一番危険。疑わしき症状が見られればできるだけ早く病院へ行くことです。

医学的にも説明されています。一般的には、治療が早ければ早いほど帯状疱疹後神経痛へ移行する確率は低くなると。

 

おわりに


以上が僕の帯状疱疹体験談と、その説明でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

稀にですが再発する人もいるみたいですね。


僕が発症した時は、仕事で重労働とストレスを抱えていたので、それが原因だったのかもしれません。

職場に帯状疱疹でした!という報告を入れると

何ですかそれ?

と返されたのでやっぱりその程度の認知度なんです。基本、生涯一度と言われてますのでわかりにくいところが一番問題かと。まぁ何度もなられるのも御免ですが。

気をつけたいところですね。