音響・映像機器

MUSON MK3レビュー。スイッチデザインが可愛い充電不要のBluetoothトランスミッター

ニンテンドースイッチBluetooth トランスミッターMUSON MK3レビューNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)対応のBluetoothトランスミッター「MUSON MK3」を使ってみました。誰もがスイッチを連想できるデザインが可愛いですね。

SwitchをBluetooth化してワイヤレスヘッドホンやイヤホンに接続可能。ゲーム音を自分だけで聴きたいときにとても便利なアイテムです。

BluetoothトランスミッターMUSON MK3

MUSON MK3Nintendo SwitchやPS4のゲーム機はじめ、PC、スマホ等の音をBluetoothで飛ばせます。Bluetooth非搭載のデバイスをBluetooth化できるのが大きなメリット。

まるで純正品かのようなデザインですが、アクションカメラやドラレコを中心に販売するMUSONがメーカーです。

今回メーカーよりお話しを頂きましたが自宅にSwitchがないため迷いました。が、ゲーム機に限らず使えるとのことで、動画や音楽鑑賞用にレビューしてみました。

MUSON MK3の付属品と外観

MUSON MK3の付属品 MUSON MK3の付属品
  1. MK3本体
  2. USB TYPE-C延長ポート
  3. 3.5mmマイク
  4. 説明書(日本語対応)

MK3は充電不要なのでバッテリーを積まなくて良いわけで、我が家で使う充電式Bluetoothトランスミッターの半分程度しかない大きさです。

MUSON MK3の外観Switchにスマートに対応できるようUSB Type-C端子になっています。同じようにType-C対応デバイスには変換ケーブルなしで直挿し可能。

MUSON MK3の外観側面のインポート(Type-C)を使えば、接続したデバイスの充電をしながらワイヤレスが実現できます。

MK3のスペックと特徴

MUSON MK3のスペック
サイズ22×49mm
重さ約9g
通信距離10m
対応機器Switch,PS4,PC,スマホ,スピーカー等
bluetooth5.0サポート
コーデックSBC、aptX、aptX-LL

外観から見るに、基本的にはNitendo SwitchとワイヤレスヘッドホンをBluetoothで繋ぐ目的を元に設計されてますが、様々な用途に使えます。

特徴はこんなところ。

  1. 充電不要でコンパクト
  2. 低遅延でゲームや動画に最適(aptX-LL対応)
  3. ドライバーのインストール不要
  4. ペアリングと使い方が簡単

※コーデックはイヤホン、ヘッドホン、スピーカーなど受信側も対応している必要があります。

使い方

MUSON MK3の使い方ロゴ上のボタンでペアリングと解除が容易です。同時にステータスインジケータの役割を持ち、赤と青のLEDで状態判別が可能。

ペアリングモード赤青点滅が60秒間。成功すると2秒間隔で青点滅
ペアリング解除2秒長押しで解除後にペアリングモード突入

ペアリング後は接続されたコーデックが分かります。

SBC青LEDがゆっくり点滅
APTX赤LEDがゆっくり点滅
APTX-LL赤LEDが点灯

※初の起動時にはペアリングモードからスタートします。

Switchでボイスチャットもできる

MUSON MK3の接続Switchではワイヤレスイヤホンやヘッドホンでゲーム音を楽しめるのはもちろん、付属品のマイクでボイスチャットも可能です。

音楽鑑賞用に接続

MUSON MK3の外観今回は動画や音楽鑑賞のために使ってみました。(骨伝導ワイヤレスヘッドホンAfterShokz Aeropexでお試し。)

以下は実際に使ってみた様子。

MUSON MK3の接続Type-C搭載のPCにぶすっと。これ楽だなぁと感じたのが充電不要の仕様。ことトランスミッターに関しては充電残量が分かりにくく気になることも多いので不安が解消されます。

差し込むだけでOKは思った以上に快適で、ヘッドホンをペアリングモードにすると即完了。スムーズで優秀です。

MUSON MK3のPC接続付属品の延長ケーブルを使えば隣と干渉せずに使えます。

なおパソコン自体はBluetooth搭載の有無を問いません。

Bluetooth対応デバイスなら直接接続すれば良いのでは?と思う方もおられるでしょうけど、メリットも大きいです。

トランスミッター1つで使い回せる

例えばですがスマホを複数所持する方や、Switch、PS4、PC、スマホなど多くのデバイスをワイヤレスで接続したい場合。

全てとBluetooth接続するのは多少なりとも面倒です。加えてヘッドホン1つなら限界もあり、都度ペアリングと解除の繰り返しにもなり兼ねません。

こんな悩みはヘッドホンとMK3のペアリングだけで解決。

MUSON MK3のスマホ接続ペアリングさえ済ませれば、以降はMK3の抜き差しだけで様々なデバイスを次々とBluetooth化していくわけだ。

管理の上でもスッキリするからおすすめです。

MUSON MK3のスマホ接続サイドのインポートを使えばデバイスを充電しながらもBluetoothを維持できます。

この感じでMK3とワイヤレスヘッドホンの1セットで凄く快適。Switch所持者だとさらに便利に感じますよね。きっと。

実際に動画や音楽鑑賞で使っていますが、稀にノイズを感じるくらい。これは環境やヘッドホンの相性にもよります。音切れや遅延はないのでストレスなく使えました。

またあらゆるデバイスに対応するわけでもなく、スマホでもOPPO A5 2020では起動せず、、SONYテレビにも使えませんでした。

ちなみに自宅のテレビ用にはオーディオジャックで接続するこちらを使ってます↓

テレビとワイヤレスヘッドホンを繋ぐ
テレビとワイヤレスヘッドホンをBluetoothで繋ぐ簡単な方法テレビとワイヤレスヘッドホンやイヤホンを繋いで、まったり映画鑑賞でもできたら最高ですよね~。 コードがないだけで解放感がまるで違い...

どちらにもメリットデメリットはあり、目的により選ぶのが大事なところです。

MUSON MK3まとめ

MUSON MK3Switchが無いので、、なんて考えてましたが、誰でも手軽に使えるBluetoothトランスミッターでした。

Switchがあればなおのこと一択で良さそうです、メーカーのMUSONはAmazonで名の知れたSOUNDPEATSの傘下とのこと。信頼性も高いです。

  1. ケーブルがあると煩わしい…
  2. ゲーム音や音楽で周囲に迷惑が…
  3. 外出時でも音ありで楽しみたいけど…

こんな時にBluetoothトランスミッターは非常に便利です。