IQOS互換機

【随時更新】2019注目の最新「IQOS互換機」をまとめていく

最新のIQOS互換機加熱式ブームはこれからますます加速しそうですね。2020年4月には健康増進法が改正予定、特に飲食店は厳しく「加熱式たばこなら飲食中の使用も許可される」という店舗が増える見込み。東京ではさらに厳しい条件になりそうです。

ということもあり、喫煙場所問題を救う一手の1つが加熱式たばこなわけで、注目度は高まるばかり。

今回は人気のIQOS互換機に注目してみました。

もちろん互換機にはデメリットもありますが、性能や価格においては本家より使いやすい製品が多く、自分に合ったものを選びやすいので人気です。

IQOS互換機の相当数を全てまとめても逆に迷うので、最新であり注目のIQOS互換機をまとめていきます。

おすすめ記事は別途まとめてあります↓

IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれ?
【2019年版】IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれだ!選び方に比較は重要!IQOS互換機の種類が多くてどれが良いのか分からない! と考える方がいるのは当たり前でして、新規参入のメーカーが多すぎて把握す...

CIGRIG H1

CIGRIG H1メーカーCIGRIGの「H1」は連続喫煙数30本の壁を突破。大容量バッテリーを搭載するモンスター級デバイスであり、さらにpanasonic社製のバッテリーであるという安心できる製品です。

  • 喫煙時間4分20秒
  • 予熱時間20秒
  • 価格9,980円

高性能なIQOS互換機で価格もIQOS互換機としては最強レベル。しかし見た目においても本家に迫る高級感があり素直に素晴らしい製品です。「価格は関係ない!大容量で使いやすく、高級感も求む!」との要望であれば、H1ほどピッタリな製品はないでしょう。

Aukiss 3代改良

Aukiss 改良3代マイナーメーカーのAukissの改良版になります。全モデルが好評だっただけに、加熱ブレードの品質向上、プログラムの改善を得て登場した今作はさらに期待できそうです。

  • 喫煙時間4分
  • 最大23本連続喫煙
  • 2段階温度設定

その他バイブレーション、クリーニング機能を搭載。性能に関しては必要十分であり、3,000円を切る安さが特に魅力的な本機。セラミックプレート採用で前作より味がクリアになった3代改良はこれから人気が出るでしょう。

todoo

この時点ではIQOS互換機初となる18650バッテリー交換式タイプが登場。バッテリーは充電するごとに劣化するので寿命があり、本来なら寿命=買い替えです。交換式の強みは予備バッテリーがあれば充電不足でも満充済みと交換すれば復活できますし、寿命がきてもバッテリーのみを購入すればOK。長く使いたい人にはコスパの良い製品です。

  • 喫煙時間4分30秒/20パフ
  • 最大喫煙本数28本
  • 18650バッテリー交換式

付属されるバッテリー充電器は出力にも対応でモバイルバッテリーにもなる優れもの。至れり尽くせりなセット内容です。素材のアルミは熱を放散させやすく本体の温度上昇を防ぐうえでも効果的。

ACE

IQOS互換機 ACE(エース)EFOS E1の後継機、ACE(エース)
iBuddyと共に一時代を築いたIQOS互換機、ここへきて遂にデザインと性能を一新しました。本機は4種類のカラーと前作のナチュラルデザインに磨きをかけた見た目よし、性能良しの期待の星。

  • 最大20本の喫煙
  • 連続3本の吸引
  • 独自技術搭載

連続3本吸引後にインターバル10分必要ですが、3本連続なら普通に十分なレベルです。このACE、最近のIQOS互換機にはない新機能を搭載してきました。

  • 3Dベーキング
  • クリーンホルダーシステム

特許申請中の加熱方式&内蔵ホルダーが取り外せる仕組みです。今まで以上に内部清掃をキレイに行え、新加熱方式で吸いごたえは抜群。さらに外気がマイナス温度でも影響を受けにくい強固なボディで今注目の製品です。

AVBAD TT

AVBAD TTAVBAD TTはタッチセンサーを搭載。誤作動の心配は自動電源OFFでしっかりカバー(1分間)。少し前に互換機AXISを販売した中国のメーカーですね。

  • 17本連続吸引
  • 約4分/16口の喫煙時間
  • 加熱約15秒

加熱方式はニードルタイプ。3段階の温度調整とクリーニング、バイブレーション機能搭載と使い勝手に優れ、余熱15秒で4分の喫煙時間はストレスフリーです。本体は68gと軽く、握りやすい形状とタッチセンサーで十分な差別化が可能。予想外にも売り切れが頻発するほど人気の製品になりました。

【最初のタッチスクリーン版】AVBAD スターターキット
AVBAD

iBuddy IS

iBuddy ISIQOS互換機の先駆者でブームの火付け役でもあったiBuddy。正直もう時代は終わったと感じたところで進化版のリリースです。今作は形状を維持しつつツートンカラーに変更、性能は確実に向上しております。

  • 最大約20本の喫煙
  • 5分/16回の吸引
  • 3段階温度調整

前作はそもそも連続吸引に対応しきれてないため勢いが勝ってました。リニューアルではデメリットが改善されバッテリー3000mAhに大幅UP。バイブレーション機能も搭載したためようやくハイスペックモデルの仲間入りです。

iBuddyさんは変わらず強気の価格を維持。

iBuddy Se

iBuddy Se実は一気に2モデルの販売開始。iBuddy ISがメイン機ならSeはサクッと使えるサブ的存在。

  • 約10本の喫煙
  • 4分の喫煙時間
  • 充電時間1時間

数字だけ見ると物足りないですがタイプ別です。その分価格も安く900mAhに抑えられたコンパクトサイズ。メインにするなら追加充電やモバイルバッテリーは必須ですが、本体はライターと同程度の大きさに充電もサクッと終わらすメリットが強み。意図を明確にした上で購入に至れば性能を発揮できるでしょう。

MADMOON-V9

MADMOON-V9前作MADMOONでは低価格&安定した性能で人気になりましたが、早くも改良版として登場したのがMADMOON-V9。

  • 連続20本の喫煙
  • 240秒/16回以上の吸引
  • 充電時間2~3時間

仕様や使い方は踏襲されており、変更点はより正確になった温度システム。性能をより追及したのが今作であり、安定した温度調整や吸いごたえUPに繋がりました。代わりに価格もボリュームアップしてます。
性能を重視するならV9を選ぶべきですが、低価格を求めたいなら前作でも十分使えます。

created by Rinker
MADMOON

AOKEY iX

AOKEY iXAOKEYが販売する本機はLED表示により全て把握可能。充電残量、High/Lowの温度変更、吸引時間のカウントダウンも目視できるため便利。”OK”の文字で準備完了、吸い始めの合図までしてくれます。

  • 連続18本
  • 喫煙時間4分36秒
  • 6ヶ月保証

イチオシするなら4分を超える喫煙タイム。IQOS互換機としては最上位でゆっくり楽しみたい方には特におすすめします。

高級感溢れる製品で質感も良く、本体だけではなく箱からしてワンランク上。付属品にアイコス箱と本体を収納するケース付きも珍しく、プレゼント用に選ばれるほど見た目にも特化。もっと話題になって良いはずの製品です。

jouz 20

jouz202018年7月20日に発売されたjouz 20(ジョウズ)。名前の由来が日本語「上手」からきてるように、日本を意識して先行販売を開始。

  • 連続20本の喫煙
  • 5.5分間or14回の吸引
  • 洗練されたフォルム

さらにAnkerのバッテリー技術支援により今年1番話題になった製品であり、IQOS互換機としては保証期間の12ヶ月も圧巻です。発売以来、Amazon加熱式タバコ部門の常に上位にいる注目の商品です。

現在ではライトユーザーモデルのjouz 12も販売開始。こちらはコンパクトモデルで連続12本の仕様。

まとめ

ということで最新&注目のIQOS互換機のまとめでした。

最近の傾向では発売されるデバイス本体が低価格帯に位置し、3,000円~4,000円あたりが売れ行き好調でしたが、ここへきて互換機の元祖とも言えるiBuddy進化版やEFOS後継機のAceが登場です。

一体どうなる?と気になってましたが、予想以上に健闘している現状です。

IQOS本家も新型の発売で再び高価格帯へ戻りましたね。

IQOS3とIQOS3MULTI、どっちが良い?
2モデル同時発売の新型IQOS「アイコス3とマルチ」選ぶならどっち?異なる性能を持つIQOS3とIQOS3 MULTI。 どっちが良いのだろう? 現在公式で販売されるIQOS3種の価格はバラバ...

互換機のおすすめはこちら↓

IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれ?
【2019年版】IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれだ!選び方に比較は重要!IQOS互換機の種類が多くてどれが良いのか分からない! と考える方がいるのは当たり前でして、新規参入のメーカーが多すぎて把握す...