【キャンペーン】Amazon Music Unlimitedが3ヶ月99円
タバコ

ウォーターバブラー付きヴェポライザーEcapple iV-1レビュー

ecapple iV-1

蒸気を水に通過させることでマイルドな味を楽しめるウォーターバブラー。Ecapple iV-1 (エカップル アイブイワン)。

ウォーターバブラーってどんなもんでしょ?
と、物色していたところ専門店のVAPONABIさんで取り扱うフォーカスベイプ アドベンチャラーが目に付くので、評判は微妙ですが予約してみました。バブラー内蔵は見た目スッキリしますし。

とりあえずバブラーが気になるのでVAPONAVI様に質問していたところ、Ecapple iV-1が美味いとのことで提供して頂けました。感謝です。そしてレビューです。

情報に乏しいですが中国製のヴェポライザーでして、主にVapeを取り扱うEcap社。Amazonや楽天にはないのでVAPONAVIが購入しやすいかと。

見た目なかなかインパクトあるので、これは完全に自宅用。

ecapple iV-1

流石に外で堂々と吸えませんな。

まず使い勝手は置いといて、着香・無着香でもなかなか美味い。熱い蒸気も冷却されるため吸いやすいですね。

本機の特徴は以下

ウォーターバブラー
ecapple iV-1のウォーターバブラー

ウォーターバブラーでマイルドな味を楽しめる。

18650バッテリー
ecapple iV-1のバッテリー

18650バッテリー対応で便利。

LED表示
ecapple iV-1のLED表示

電池残量や状態、温度をLEDで確認できる。

こんな感じです。

付属品

Ecapple iv-1 (エカップル アイブイワン) の付属品ウォーターバブラーにマウスピース。メンテナンスツールや充電用USBケーブル、メッシュ、取扱説明書(英文)等が同梱。

Ecapple iV-1(エカップル アイブイワン)の外観

ecapple iV-1の外観98×35×28mm、本体のみで175g程度。アルミ製でズッシリ重く感じます。正面には電源と温度調整UP/DOWNボタン。

ecapple iV-1の外観背面には通気口がありまして、指で押さえると全く吸引できなくなりますね。たまに気付いたら握ってます。

ecapple iV-1の外観底部は18650バッテリーの開閉口とUSB端子。

ecapple iV-1のバッテリーバッテリーのシールを剥がすと使用可能。予備バッテリーがあれば何かと便利。

交換用は必ずEFESTの正規品電池になります。

ecapple iV-1のチャンバーキャップを回転して外すとセラミックチャンバーの出現。割と狭くて掻き出し棒が必須と思いきやC-vaporのヒーティングチューブスペーサーに対応してました。

これで葉を詰める作業と交換が簡単になりますし、コンダクション加熱にありがちなチャンバー汚れの進行も鈍化できそうです。

ecapple iV-1の吸い口マウスピースとウォーターバブラーの交換可能。ガラス製なので特にバブラーの持ち運びは危険だと思われ、うっかり落とすと1発で割れそうです。

Ecapple iV-1の使い方/モード変更

説明書が英文だけに操作が謎…。基本は電源ONで加熱のみの操作ですがモード変更可能なんですね。

温度調整ボタン2つを同時長押しでモード変更に移ります。

1.Heating Model

ecapple iV-1の使い方

Fast、Medium、Slowの3段階で加熱スピードの変更。

2.Vaping Time

ecapple iV-1の使い方

3~9分の喫煙時間の設定。

3.Lock/Unlock

ecapple iV-1の使い方

Lock/Unlockで温度調整をロック可。

4.Temp Mode

ecapple iV-1の使い方

温度表示℉と℃の切り替え。(初期は℉表示のため分かりにくい時に。)

320~439℉(160~226℃)1℃単位で設定可

こんな感じでしょうか。間違いあればご指摘頂けると幸いです。

初期設定のFast3分、加熱はMAX226℃にして喫煙

ecapple iV-1C-vaporのスペーサー使用中。もちろんチャンバーへシャグを直接INしても問題ありません。

ecapple iV-1の使い方ウォーターバブラーには下から給水し、捨てる時には上から息を吹き込みます。

水量はこの程度でOKでして、そこそこ傾けてもバブラーは機能するので気にしなくて大丈夫でした。この量だと360℃回転させても水漏れしないです。

ecapple iV-1の使い方電源5回押しでON。押す度にカウントダウン、5→1で「ECAPPLE」と表示されれば成功。

電源長押しで加熱開始。LED表示はStandby→Heating→Vapingに切り替わり喫煙OKです。

電源ONの状態で温度変更可能、加熱中でも電源長押しで中断もできます。本体が完全に冷え切った状態だと余熱30秒くらいかかりますね。

ウォーターバブラー使用時はマイルド

ecapple iV-1の感想バブラー有無では味がだいぶ変わりますね。

無しでは雑味があり美味しいとは感じませんが、ウォーターバブラー使用時は一気にマイルドになるので違いが丸分かりです。

ecapple iV-1なら選択肢はバブラーのみかな…。わざわざマウスピースで吸う気にはならないのが率直な印象でした。

無着香でも気持ちよく吸え、着香系は若干弱くなる感じもありますがマイルドで美味いです。直肺で吸うのが良いみたいですね。

使ってみた感想

加熱3分設定だと短いですね。最初は控えめな喫味のため本領発揮した頃にOFFになります。VapingTimeで喫煙時間の調整をお好み設定で。

ロングタイムにすると本体がかなり熱くなるのでちょっと怖いです。3分(4分)×2など一旦OFFになることで吸いやすいかと思います。

また低温だと弱いですが、高温で吸い応えは十分でした。

使い勝手はどうでしょう。キャップがネジ式なので手間にはなりますし、バブラーの分メンテナンスも増えます。割れるので管理にも気を遣いますね。

仕様を理解して購入すればこんなもんかなと思えるはずです。

まとめ

ecapple iV-1ウォーターバブラーは手間をかけても喫味を優先する人にはおすすめできそうです。

VAPONAVIで12,800円。
安くはない本機ですが、ウォーターバブラーを試してみたい人には十分効果を感じられるのではないでしょうか。

Ecapple iv-1はこちら