音響・映像機器

EarFun Free 2 レビュー|ゲーム・動画にもおすすめの低遅延モード搭載

EarFun Free 22018年に設立されたEarFunテクノロジー株式会社。

新製品を発売するたび注目される新オーディオブランドはCEO2020で最も賞を受賞し、ラインナップされる製品はどれも高評価を獲得。品質の良さが伺えます。

以前にEarFun Air Proをレビューした時には最後まで褒めちぎりましたが、今回は新作のEarFun Free 2を使ってみました。

EarFun Free 2最新のBluetooth5.2搭載モデル。

ANC(アクティブノイズキャンセリング)は非搭載ながら、接続の安定性や低遅延に特化しています。

完全防水のIPX7、タッチセンサー操作、さらにワイヤレス充電に対応する使い勝手の良い製品ですが、お値段5,000円以下と良心的。

特筆して凄い機能こそありませんが、バランスの良い性能はストレスフリーで楽しめるコスパの高い製品です。

EarFun Free 2 レビュー

EarFun Free 2のパッケージいつもながらEarFunさんのパッケージはしっかりしてまして、マグネットを搭載した一体型の蓋が付いた飾りたくなるレベルの箱。

付属品とスペック

EarFun Free 2の付属品セット内容は本体、イヤーピース3種類、Type-C充電ケーブル、説明書。

サイズ66×39×29mm
重さ約48g(ケース込み)
通信距離15m
充電時間1.5時間(イヤホン)
2時間(充電ケース)
3.5時間(ワイヤレス充電)
音楽再生時間最大7時間
ケース込み最大30時間
コーデックSBC,AAC,apt-X
防水規格IPX7

イヤホンは30分の水没にも耐えられる防水性能。

本体外観

EarFun Free 2の外観EarFun Free 2のケースは艶消しが施された外観とサラリと質感です。ワイヤレスイヤホンのケースは大体どれもコンパクトなのですが、こちらは少し高さを設けた代わりにスリム。一回り小さく感じます。

EarFun Free 2の外観蓋を開けると光る正面のLEDはケース充電残量の確認。使い続けるとオレンジ、赤、赤点滅に変化します。

皮脂に反応しやすくて、しっとりした指で触ると跡が残りやすい。

EarFun Free 2の外観背面の充電ポート横にある設定ボタンを押しても残量LEDが光ります。設定ボタンはBluetoothのペアリングや解除にも必要。

ちなみに充電に関してですが、

・Type-Cによる有線&ワイヤレス充電の2通り
・10分の充電でも100分間再生

便利です。

EarFun Free 2の外観マグネット開閉式でイヤホンもマグネット効果で綺麗に着脱可能。高さのあるスリムなケースは片手での開閉がとにかく楽でした。パチンパチンいけます。

EarFun Free 2の外観イヤホンはゴロンとした大きめのサイズ。操作はロゴ部分がタッチセンサーに対応しています。

使い方

EarFun Free 2のペアリングペアリングは簡単な3ステップ。

・ケースの蓋を開けるとペアリングモード(青点滅)
・スマートフォンのBluetoothをオン
・「EarFun Free 2」をタップ

1度ペアリングを済ませると次回からは蓋を開けるだけで自動接続されます。これがとてもスムーズで、蓋を開けて装着すると既に音楽が流れてるくらいです。

EarFun Free 2のタップで行う操作は以下のとおり。

・再生/一時停止→L/R2回タップ
・曲送り→R3回タップ
・曲戻り→L3回タップ
・音量下げ/上げ→L1回/R1回
・低遅延モードON/OFF→L2秒間

このほか通話や音声アシストも操作できます。

EarFun Free 2は誤タップしにくく精度も高いので、物理ボタンよりも数倍スマートに使えます。

使ってみた感想

EarFun Free 2本機の特徴は下記のとおり。

・apt-X、AAC対応でAndroidでもiPhoneでも低遅延で高音質。
・60ms低遅延モードをオンにすると最小60ms(0.06秒)まで遅延を抑えて動画やゲームを違和感なく楽しめる。
・左右のイヤホンへ同時接続する新技術「TrueWireless Mirroring」で接続の安定性やズレを解消できる。
・CVC8.0ノイズキャンセリング搭載で電話の際に雑音を相手に伝えないようにできる。

低遅延、高音質、安定接続で音声と映像のズレも解消。0.06秒に抑える遅延ならゲーミングイヤホンとしても使えます。

イヤホンが大きめのためサイズ的にどうかなと思いましたが、小さめの私の耳でもジャストフィットで激しい動きをしても落ちません。

着脱やタップの面からみても適したサイズなのかも。数千人もの耳の形を分析して設計された形状のようですよ。

肝心の音楽を聴いてみたところ、ボーカルも楽器も綺麗でとてもクリアです。低音はそこまで強くはないですが、バランスが良いので気持ち良く音楽を楽しめます。

とくにボーカルの耳で囁くような声が最高でした。

遅延に関してはモードをオンにしなくても動画を見る分には全く気にならなく、FPSや音ゲーで活躍するレベルじゃないでしょうか。

※遅延モードは音楽には推奨されてません。

まとめ

EarFun Free 2欠点が少なくストレスを感じさせない完全ワイヤレスイヤホンで、音楽、動画、ゲームなど全てを楽しみたい方におすすめです。

間違えないで欲しいのは本機搭載のCVC8.0ノイズキャンセリングは通話のときに雑音を相手に伝えないもので、音楽とは無関係。

雑音を打ち消すANC機能をお求めなら、同メーカーのEarFun Air Proが価格以上の効果を体感できるため私の中で最強です。

Amazonストア
EarFun公式サイト

EarFun Air Pro
【EarFun Air Pro レビュー】この価格にして最高のノイズキャンセリング効果こんにちは。本日は完全ワイヤレスイヤホンのご紹介。メーカーのEarfun様より提供いただいたものですが、お世辞抜きに良かったです。 ...

関連記事