音響・映像機器

PC標準スピーカーの音が悪いを解決!格安USBスピーカーでも音質は飛躍的に向上【Creative Pebbleレビュー】

Creative Pebbleのレビュー
いっしー
いっしー
PCに標準搭載されるスピーカーの音が悪い!

こんな場合はぜひぜひ1度PCスピーカーを使ってみましょう。有りと無しでの音質は雲泥の差になります。

別途スピーカーを買うとなると選び方は様々。Bluetoothや有線接続、スピーカーの大きさから外部端子の搭載、価格などピンキリです。

今回ご紹介するのはCreative Pebble SP-PBL-BK。Amazonでかなり人気のあるUSBスピーカーです。

お使いのパソコンにUSBポートとイヤホンジャックは搭載されてますか?

2つあれば他に必要な物なく使えます。ちなみにUSBは別途USBアダプターを購入すればコンセントからでもOK(100均にも売ってます。)

ポイントは丸みを帯びたフォルムと音質

Creative Pebbleの外観多くのPCスピーカーのベースはゴツっとした長方形型ですがCreative Pebbleは球形フォルムが目を引きます。

2,000円弱で購入できる格安スピーカーでありながら、そこそこまぁまぁな音質を生み出すのは大きな強み。

いっしー
いっしー
デザイン良し、音質良し、安いの3拍子揃ってます。

そこそこまぁまぁと言いましてもPC標準スピーカーとはレベルが違います。

Creative Pebbleの外観手のひらサイズでも4.4Wスピーカー搭載!

まぁ別に全然凄くもないんですけど、スピーカードライバーが45°上向きなためダイレクトに耳に響き渡るので、

PC横に置くのが絶好のポジションです。

Creative Pebbleのスピーカー加えて背面のパッシブラジエーターでは低音を増強する効果を生み出し、小型でも別途サブウーファーなく重低音が楽しめるので省スペースに収まります。

ではセッティング。

USB給電はコンセントが不要

Creative PebbleのPCとの接続USBバスパワーで動作するアナログ接続です。USBのみで電源を確保し、3.5mmのステレオミニプラグを接続すると音が出ます。

例えばPCならUSBポートに接続し、ヘッドホン&イヤホンジャックにプラグを差し込みます。

Creative Pebbleの接続こんな感じで完成形。

アナログなのでスピーカー同士はコードで繋がれ、USBとステレオプラグはR側から約120cmのコードが各々付いてます。

このポジションを定位置とした場合には長すぎるくらいの余裕がありますが、セッティングしてみると見栄えも良くまとまります。

操作はダイヤル1つ

Creative Pebbleの電源Creative Pebbleスピーカーは1度接続してしまえばR側のダイヤル1つで全ての操作が可能。

これも簡単な仕組みで時計回りでカチッと音がして電源ON。

またダイヤルは音量一体型になっており回すごとに無段階で音量調整ができ、反時計回りで再びカチッとOFFになります。

手元にあると考えれば操作は限りなく楽で簡単です。

モニター、スマホ、TVにも使える

Creative Pebbleの使い方全く同じ接続方法でモニターで使ってみました。

ディスプレイにはスピーカーがない場合も多いので、この方法で出力デバイスを変更するのも良いでしょう。

いっしー
いっしー
スピーカーなしのモニターにはヘッドホンジャックがない場合も多いですが!

スマホでももちろん活用可能。

Creative Pebbleの使い方電源はモバイルバッテリーから、スマホにステレオプラグを使えば活用範囲は室内に留まりません。

ちなみにTVであろうと例外になりませんが、出力の高いサウンドバーだと臨場感がでて素敵です。

Creative Pebbleスピーカーを使った感想

Creative PebbleのレビューPCスピーカーの性能としては文句なしに合格です。

普段からパソコンで作業しながら音楽を聴いたり、がっつり動画やゲームを楽しんだりする方にはおすすめです。

特にPC標準スピーカーを使用中の方は是非。低価格で実用的なのでお試しにでも使ってもらいたいところ。

デメリットは外部出力端子が搭載されておりません。

つまりPCに使えばヘッドホン端子が埋まるわけで、スピーカーを起動したままでのヘッドホンが使用不可になります。

これが問題なら最初から外部出力対応モデルをおすすめします。

Creative Pebbleスピーカーは割り切った使い方も必要です。

  1. 安い
  2. 比較的音も良い
  3. 操作が簡単
  4. デザインも良い

「PCの音が悪い」は別途スピーカー接続で簡単に解決できます。