【3ヶ月99円】Amazon Music Unlimitedがキャンペーン開始!
掃除

ガス不使用で安全!充電式の電動エアダスター サンワダイレクトの200-CD035を紹介

パソコン周りや細部の掃除にエアダスターは大活躍!

使い方が簡単の手軽に使える掃除道具の1つですが、もちろんのことデメリットも存在します。

ナカバヤシ ノンフロンエアダスター 逆さ使用OK トリガータイプ 40100

缶タイプに含まれる圧縮された高圧ガスには危険性もあります。

  • 火気厳禁
  • ガスの臭いがする
  • 長時間使うと冷える(勢いもなくなる)

捨てる時にも注意が必要になり、缶に穴をあけて廃棄するのが一般的。エアダスターをつかう機会が多い人であればこの作業が意外と面倒と感じます。

加えて頻繁に空の缶を量産するならコストも膨らみ、1本400~500円の消耗品が繰り返すと結構な額へと変貌していきます。

ところで今回紹介する充電式電動エアダスターですが、これら缶タイプの欠点を見事に解消することが可能。

そのエアダスターがこちら。

サンワダイレクト 電動エアダスター 充電式 200-CD035

サンワダイレクト 電動エアダスター 充電式 コンパクト ノズル付き ガス不使用 逆さ使用対応 200-CD035

micro USBケーブルで繰り返し充電可能な電動エアダスター

パソコン周辺機器メーカーとして知られるサンワサプライ株式会社。その直営ショッピングサイトの「サンワダイレクト」が2018年に発売した製品です。

第一印象では「おもちゃみたいだな!」

と思うかもしれませんが実用性は抜群。一家に一台あって損のないものなので紹介します。

まずはこちらの27秒動画をご覧下さい↓


電動エアダスター

エアダスターとしての機能は申し分なし!

この動画をみて違和感があるとすれば掃除機みたいな音じゃないですかね?ですがこれはもう仕様と考えるのが無難です。

電動エアダスターとは言ったものの、圧縮した気体を使わずに強い風量を発生させる構造になるわけですから。

先にデメリットを言わせてもらいますと「音量」と「風力」です。缶タイプと比べて音は大きく瞬間的な風力も劣ることになります。

ただ、他製品に比べると静かな方で音のタイプも耳障りにはなりにくくメリットは大きいです。

電動エアダスター 200-CD035の性能とスペック

f:id:hometaka5657:20180218001444j:plain
バッテリー容量 3600mAh
充電時間 6時間(出力2A充電器の場合)
使用可能時間 60分
連続使用時間 10分
サイズ/重量 約W62×D53×H80mm/150g

かなりのコンパクトサイズです。

150gは缶タイプのエアダスターよりも軽くスマートフォン程度。逆さ噴射にも対応してコードレス、場所を選ばず使い勝手に困ることはありません。車内にも気軽に持ち込むことができます。

充電式の魅力はなんといってもエコ!

micro USBで充電、繰り返し何度でも使える

f:id:hometaka5657:20180218001019j:plain

充電式の電動エアダスターの魅力は消耗品ではないところ。繰り返し使えるのでこれまでの買い替えから卒業することができます。

空の容器も増えず、廃棄の手間もなくなりコスパの良い製品となりました。

安全面では段違いです。

ガス不使用で危険性がない

缶タイプのエアダスターでは圧縮された高圧ガスが使用されていて、火の傍ら、密閉された部位へ使うには危険性が伴いました。

ガスが逃げない場所で使うと静電気での爆発、ガスの臭いの充満で換気が必要と気をつかうことになります。

これらの心配が全く必要のない電動エアダスター。ガス不使用は思っている以上に安心設計で用途が格段に増えます。

どこにでも使える手軽さ

これまでパソコン周辺で活躍していた一般的なエアダスター。怖いからと限定した箇所で使用されることも多かったのです。心配も危険性もなくなり、ストーブの掃除にもためらいもなく使うことが可能になりました。

電動エアダスターは種類が少ない

さて、この電動エアダスターですが「どれがいいのかな?」と迷うだけの種類が現在のところありません。

1番有名なのが同メーカーの200-CD029という過去に発売されたものでして


音が本当に大きいのと価格が約8000円となれば比較対象にもなりにくいです。

今回のCD-035は性能はグッとアップし、価格も抑えられた商品でして電動エアダスターを選ぶなら1択でOKです。

おわりに

繰り返し何度も使えて安全性が高い。というメリットはかなり素敵なポイントだと思います。

音の問題で迷う方もいるようですがエアーを使用する機器って少なからずうるさいですよね。掃除機やドライヤーも、エアコンプレッサーでも。電動エアダスターはまだまだマイナーなので、この仕様も需要が増えればきっと当たり前になるはずです。

それよりもカラーバリエーションがもっとあっても良かったかなと。デザインも大事ですからね。

参考になれば幸いです!

合わせて読みたい