いまいちど

子育てパパの雑記ブログ

禁煙外来考えてる?まずはアレン・カーの禁煙セラピーを読んでからにしよう!

スポンサーリンク

喫煙者のいっしーです。
本日は喫煙者が禁煙方法をご紹介します!

説得力はないですが
敢えて正直に伝えておきます。

僕はタバコが好きだ!

かれこれ20年吸ってます。
幸せを感じる瞬間の1つは

 

食後のタバコとコーヒーだ!

こんな僕ですが、一度だけ禁煙していた時期があります。愛煙家の僕は禁煙なんてできるはずがないと思いこんでましたが、1冊の本に出会い、嘘のようにすっぱりとタバコを辞められたお話です。

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー

f:id:hometaka5657:20171028012614j:plain

1996年に発売された著者アレン・カーによる「読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー」

アレン・カーとは

18歳の時から煙草を吸い始め、会計士の職にあったときは1日に100本以上吸う愛煙家であった。1983年に禁煙に成功し、以降は自身の経験をもとに、世界41ヵ国で85ヵ所以上の禁煙クリニックを開設した。2006年に肺癌と診断され、同年11月29日にスペイン・マガラにある自宅で死去した。72歳。
引用:wiki-pedia

最期は肺癌で亡くなってしまいました。

この本は世界中に禁煙ブームを巻き起こし、日本でもベストセラーになりました。それゆえご存知の方も多々おられるかと思います。

僕と禁煙セラピーとの出会い

タバコが好きと言ってもデメリットだらけです。「百害あって一利なし」そんな言葉がピッタリなお方ですよ、煙草は。

わかってても辞められない、これがニコチン依存症ですね。

「辞めたいけど、多分僕は一生辞めない気がする。」当時こう思ってました。

そんな中、社内で禁煙セラピーが話題になり、読んだら次の人へ、そしてまた読み終われば次の人へと、この本が社員の中で歩き回り始めたのです

頼むから僕の番は来ないでくれ

と考える理由は、読む人が確実に禁煙に成功している事実が輝きはじめていたから。

僕は会社内で10番目の人になった。残念なことにその前の9人は禁煙に成功していた。

喫煙室が日を追うごとにスカスカになっていくのが、なんとも寂しかったのを思い出す。

「頼むから誰か失敗しろ」

最低発言が喫煙室で飛び出す。皆思いは一緒のようだった。

 

会社内で禁煙率100%の本」そのような本が喫煙者の前に現れたら怖くないだろうか?
そしてこう思うのには2つの理由がある。

  • 恐らく僕がジンクスを終わらす
  • 今そんなに禁煙を考えていない

これです。

こんな形で第一人者になるのはごめんだった。

しかし回ってきたのでとりあえず、読みました。

読み始める前にポイントがある

これはしっておいた方が良い。

ポイント

・1つ目
  出来る限り集中できる場所で読め
・2つ目
  読んでいる間はタバコを吸え
・3つ目
  終盤にこんな言葉がある
  さぁ、最後の1本に火をつけて下さい

最後の1本が吸い終われば、そこから非喫煙者になっているはずです。

以上のポイントを守り、読み進めた

予想外の展開となりました。

3分の1程度を読んだところで思った

  • 早く辞めたい
  • 最後の言葉欲す

こんな状況に陥った。正直書いてることに意外なことはなく、当たり前のことだと思う。しかし現にこうなりました。

もうこの時には確実に禁煙できると思い始めた。

 

はやく、タバコ辞めたいよ~

 

ジタバタしてる子供でも想像して下さい。


そこから煙草をスパスパ吸いながら集中して読んだ。そしてついにあのセリフが出現したのです。

最後の1本に火をつけて下さい

僕は1人外に出て、タバコに火をつけた。

火が消える5分の間に考える。これまで煙草と歩んできた10数年、それは無意味なものだと。

そして「今までありがとう」と火を消した。

僕は禁煙者、ではなく

ここから半年の間、

非喫煙者となりました

この本の凄いところ

禁煙って辛いですよね。我慢しなければならないから。

でもこの禁煙セラピーは違いました。自分の意志で禁煙したくなるところに凄みを感じます

だからこの本を集中してきちんと心に落とすことができれば、ぜんぜん苦になりません。禁煙ではなく、非喫煙者。ここも大変重要なところです。

 

辞められたことには自分が一番驚いてます。また、この本の凄さを身に染みて感じ、感謝しました。

 

禁煙外来の効果も凄いと聞きますが、万単位でお金がかかるのも事実。今現在迷っていたり、辞めたい方、そしてこの本を読んでない方には、是非一度お勧めしたいです。

僕が煙草を再び吸い出した理由

ところで、
この本のお陰で半年間、非喫煙者の素晴らしさを知った僕が、何故再び喫煙者に戻ったのかをお話ししますと。

元々会社で禁煙セラピーを回し始めた人物は当時の上司。そしてこの上司がこう言います

「煙草、ギャンブルは普通の人間のすることではない。上を目指すのであれば、まずは普通の人間になって下さい。言ってる意味わかる?」

まぁ、パワハラ上司でした。

 

煙草をやめて半年後にこのお方の指導法に失望した事件がありまして、些細な抵抗です。

この時に煙草、吸ってやりました。

その後、数カ月にわたりネチネチ言われましたが。

まとめ

こんなことがなければ恐らく今でも吸っていなかったのでは、少し後悔してます。もう1度!と思い2回目の禁煙セラピーに挑んだ経験があります。それで、わかりました。

この本の効果は1回まで。

2度目はないです。

 

この1回のチャンス、

逃さないで下さいね。

 

おしまい

 

2017年に漫画版が発売
ちょっと気になる。