いまいちど

子育てパパの雑記ブログ。主にガジェット、熱帯魚、ライフスタイル、ブログについて語ります。

加熱式タバコ互換機【iSMOKE(アイスモーク)】のレビュー|メリットとデメリットも紹介


この度、IQOS互換機「iSMOKE」に切り替えてみました。

互換機ってどーなの?

と思ってる方は多々いると思いますが、元となる製品の欠点を補うように開発されたもので性能としてはかなり良いです。

これまでIQOSやgloを使用して充電の待ち時間やキック感(喉に当たる感覚)の少なさもあり、どこか物足りなく感じてました。

しかし今回、iSMOKEに切り替えた結果は、これまで抱えていたモヤモヤを完全にぶっ飛ばす商品だったと言えます。

 

IQOSを吸い始めて感じた不便さ

当時、アイコスは画期的で切り替えて本当に良かったと思いました。

臭いがつかない。副流煙も気にならない。頭痛も消え咳もでなくなった。

紙巻タバコから加熱式タバコへと導いてくれたアイコスには、感謝しても後悔したことは一度もありません。それは今も変わらない。

ただ月日が経つに連れて感じ始めたこともある。

うちの会社は休憩時間にうるさい。

喫煙所に入るまでには数分かかる。10分休憩が終わると同時に作業に入る環境では、アイコスの充電時間3~4分を待って2本目に手をつけることは不可能でした。

紙巻きタバコの時は連続吸引してた身なので、ちょっとした我慢をしていくことになった。

gloを試して感じたデメリット

そんな思いをしているうちに、gloに切り替える機会があり最近まで使用していた。

ホルダーとチャージャーが一体型のgloは喫煙時間3分、次の喫煙まで僅か40秒と劇的な変化。

この仕様で休憩時間に2本吸うことが可能になったんです。

しかし。

キック感(喉にあたる感覚)の足りなさ…。

はっきり言えばタバコを吸った気がするのは吸い始めだけ。それからは色々な方法を試して幾分改善されましたがやはりどこか物足りない。


いつも思ってたのは、

・アイコスのキック感とグローの連続性があればいいのに…。

・アイコスとグローを足して2で割ってくれたら丁度いいかも。

互換機という存在を意識したのはこの頃からですが、iSMOKEは理想を現実としてくれた商品です。

加熱式タバコ互換機、iSMOKE(アイスモーク)

「iSMOKE」はアイコスで仕様できる直径約7mmのヒートスティックが使えます。

f:id:hometaka5657:20180405171350j:plain

ブラックとシャンパンゴールドの2色

公式での価格は7800円(税別)

これまでアイコスを吸っていた方ならすんなり移行できるのも互換機の良いところ。

ホルダーとチャージャーに分離してないので、アイコスのように1回ごとの充電は必要ありません。

グローと同じ仕様になり、スイッチも1つしかないので操作は簡単です。

まず1番の使い勝手の良さは即効性に加えての連続性

アイスモーク


電源ボタンを2秒押すと余熱が始まりますが、驚くべきはそのスピード。

アイスモーク点灯中


僅か10秒で点灯、完了です。

真っ黒なボディはLED点灯で一気におしゃれになる。

点灯すると3分、もしくは約13口で消灯。

アイスモークを使ってからグローの40秒が少し長く感じるようにさえなってしまいました。

吸い終われば蓋ごとタバコスティックを取り外し捨てるだけ

アイスモーク蓋


アイコスと同じ感覚で行えます。

ブレードではなく針、セットしやすく壊れにくいのも特徴。

このサイクルになるので10秒の待ち時間で連続吸引が可能。互換機の中でも現在のところは最強です。

1度の充電で13本の吸引が可能

13本吸えます


・フル充電まで90分

・吸える本数は13本

出勤して帰宅まで10本も吸わない僕にはなんの問題もない商品でした。

アイコスのキック感とグローの連続性を求めてましたが、それ以上の商品かと。今まで感じていた物足りなさがなくなったのは、iSMOKEのこれらの仕様のおかげです。

 

iSMOKEの使い方

iSMOKEの箱

おしゃれな箱で送られてきますよ!

f:id:hometaka5657:20180405001531j:plain
f:id:hometaka5657:20180405001527j:plain

内容物

・アイスモーク本体
・USBケーブル
・クリーニングブラシ
・取扱説明書

f:id:hometaka5657:20180405001735j:plain
f:id:hometaka5657:20180405001731j:plain


約20本吸うごとにブラシでのクリーニングがおすすめ。適切なメンテナンスは性能を維持します。

充電はUSBケーブルを差し込むだけ。(充電中は点灯状態が続きます。)

USBケーブル

 

2秒以内に電源ボタンを5回押すことでONとOFFの切り替え。

アイスモークのONとOFF時

成功すると点灯しますが、すぐに消灯

これでスタンバイモードが完了。

▼スタンバイモード時に出来る操作

・1回押すと充電残量の表示
・2秒長押しで余熱開始
・3回押すとクリーニングモード開始
・5回押すと電源OFF

覚えておきたい操作はこのくらいです。

iSMOKEのメリット

アイスモークはコンパクト

 

メリット

・かなりのコンパクトサイズ

・棒状の熱源を採用

・1度の充電で13本吸える

・ホルダーをチャージャーに入れる必要がない

・待ち時間はたったの10秒

・IQOSより本体価格が安い

重さ30gはIQOSの1/4しかありません。

また、熱源を棒状にすることにより全体にムラなく熱を与えます。この構造で本来のおいしさを実現。

  IQOS 2.4 Plus iSMOKE
価格(税込み) 10,980円 8,424円
重さ 120g 30g
待ち時間 4分 10秒

iSMOKEのデメリット

ismoke本体

 

デメリット

・ツヤのない素材で高級感がいまいち

・軽すぎるのは少し安っぽくもある

一般的に光沢があって重量があると高級感を覚えやすい。アイコスやグローを使う人であれば分かると思いますが30gは驚くほど軽いです。

「軽くて最高!」という人もいれば反面、軽すぎてちょっと安っぽく感じる。という人も勿論いるかと思います。

 

iSMOKEはこんな人におすすめ

iqos互換機のiSMOKE


IQOS互換機「iSMOKE」をおすすめするならこんな方!

ポイント

・連続吸引できる加熱式タバコがほしい

・待ち時間は短いほど嬉しい

・重いより軽くてコンパクトの方が好き

とにかく短時間でもサクサクと吸いたい方には抜群に相性が良い製品。

購入は公式サイトがおすすめ

公式サイトでは確実な保証がつくので安心できるポイントになります。

税込み価格:8424円

プラスして送料750円、手数料324円が必要です。

本体価格+送料+手数料が最終的なお支払い金額

メーカー保証は1ヶ月無償でついてきますが、2700円を追加することで1年保証に延長することができます。

1年保障を選択した場合には2500ポイントが進呈され、次回購入時に使用可能。(有効期限はなし。)

なお14,000円以上の購入で送料と手数料が無料になるので、ご家族で使う場合などにはまとめて購入するのが吉です。

1年保証をつけるつけないは完全に人によりけりだと思います。

「iSMOKE」公式サイト

まとめ

iSMOKEケース付き


実際にアイスモークを使用してみての感想でした。

アイコスやグローにもメリットやデメリットがあるように、互換機も完璧ではないと思います。

ただ、実際にはiSMOKEのデメリットと言える面は、僕にはたいしたデメリットではありませんでした。

どの加熱式タバコにも消費者に合う合わないは存在します。だからこそ自分に合った仕様を選びたい。

即効性と連続性、コンパクトではiSMOKEです。僕と同じように現在の加熱式タバコに物足りなさを感じているのであれば、検討してみても良いのではないでしょうか。