ガジェット

マジで高コスパだった。Mpow H6 レビュー|ノイズキャンセリング搭載ヘッドホン

  • ノイズキャンセリング搭載
  • 25時間の長時間再生
  • 有線接続にも対応

と、高機能を詰め合わせたBluetoothヘッドホンMpow H6が手元に届いたので、早速レビューしていきます。

 

f:id:hometaka5657:20180327201937j:plain改めましてご紹介のMpow H6です。

MPOWさんの新製品ということで今回レビュー用に提供していただきました。

H6はヘッドホンに欲しい装備が備わってますがノイズキャンセリング対応って価格もそれなりにするイメージ。

ただこちら約6000円。

かなり購入しやすい設定だと言えるが安すぎないところも逆に高評価。でも、このパフォーマンスでこの価格だとはっきり言うと安いと思うんだ。いざ使ってみて外れでしたじゃ悲しいので、しっかり画像盛り盛りでレビューするのでじっくり吟味して頂きたい。

本体と付属の内容物

f:id:hometaka5657:20180327002823j:plain f:id:hometaka5657:20180327002827j:plain

箱の中にはしっかりした収納ケース。

思った以上に頑丈です。移動する際には傷や破損の恐れもあるので、ケースが付属されているのはありがたいところ。

ケースを開封

チャックを開くと綺麗に折りたたまれた本体と内容物。

セット内容

  • Mpow H6ヘッドホン
  • 収納ケース
  • AUXケーブル
  • USBケーブル
  • 取扱説明書

1つずつ取り出してみますね。

取扱説明書

f:id:hometaka5657:20180327002603j:plain f:id:hometaka5657:20180327002839j:plain

安心して下さい。一瞬わからなかったけど5か国語に対応されていて最後に日本語での説明あり。

AUXケーブル

f:id:hometaka5657:20180327002612j:plain f:id:hometaka5657:20180327002615j:plain

3,5mmのオーディオケーブル

完全ワイヤレスよりも有線可の方が圧倒的に便利。iphon7以降はイヤホンジャックがないので変換ケーブルが必要ですかね。

USBケーブル

USBケーブル

USBケーブル×1

特に何もないですが、充電器は付いてませんよー。

本体の外観や操作方法

f:id:hometaka5657:20180327002253j:plain

まず、見た目がおしゃれ。かなりシンプルですが万人受けしやすいデザイン。軽いけど質感が良く高級感もあります。

イヤーパッドは回転式

イヤーパッドは回転式、さらに内側に倒れ込むのでしっかりと耳にフィット。

イヤーパッドLR

その内側にはLとRが強調されており間違えることはありません。

イヤーパッドはご覧の通り大き目。オンイヤータイプなので多少なり耳への締め付けはあります。耳が小さい人ならすっぽりかも?

パッドが柔らかいので長時間使用しても痛くなることはなかったです。

伸縮可能

もちろん伸縮可能

少しきつめの設定が高ポイント。ぐらつきなく伸ばしても安定感があります。

f:id:hometaka5657:20180327002035j:plain f:id:hometaka5657:20180327002031j:plain

ヘッドバンドは頭に密着しますがクッションがやわらかく全く気になりません。

操作性やペアリング

L側の操作

Rユニットに3つのボタン(戻る・再生・次曲)

  • ペアリングは真ん中の再生ボタンを6秒長押しすることで赤と青の交互点滅にする。スマホ側のBluetoothをONで完了。
  • 電源ONは再生を2秒、OFFは3秒長押し。
f:id:hometaka5657:20180327002137j:plain f:id:hometaka5657:20180327002141j:plain

RにはさらにmicroUSB端子AUX端子

AUX端子を接続すればヘッドホンの電源は入れなくても聞こえます。25時間再生の十分なバッテリーもちですが、いざという時のためにありがたい機能ですよね。

Lユニットはノイズキャンセリング

LユニットにはANCのスイッチ

ノイズキャンセリングの切り替えです!

Lにはスイッチ1つ、Rには3つのボタン。ヘッドホン装着時でもわかりやすく手探りで簡単に操作可能でした。

ノイズキャンセリング機能

f:id:hometaka5657:20180327002045j:plain

さて、周囲の騒音を打ち消してくれるノイズキャンセリングの実力のほどですが、Mpow H6の価格帯では素晴らしいと思いました。

今もONにした状態でPCをさわってますが、タイピング音とマウスのカチカチとしたクリック音。冷蔵庫、ストーブの作動音、水槽のモーター音。静かな夜でも多々雑音があるわけですがかなり小さくなります。

タイピング音が聞こえにくくて違和感(笑)

ノイズキャンセリングON時は微弱ながらノイズが走ります。「サーーー」という音は最初だけ気になりましたが、雑音に比べると全然まし。

Mpow H6のノイズキャンセリング機能は、しっかり役目を果たしていると感じました。

音質は満足レベル

f:id:hometaka5657:20180327002039j:plain

簡単なペアリングも済んでスマートフォンで音楽を聴いてみました。

曲中にノイズキャンセリングの切り替えをすることで違いがはっきりします。OFFの状態では軽い感じ、ONはクリアで重低音もアップ。

なお、ANCをONにしても曲を楽しんでる間はノイズが気になりません。周囲の騒音は多少軽減されます。ただですね、もともと密閉度が高いヘッドホンだけにONにしなくても周囲の音が気にならなかったです。

ONとOFFどちらが好みかは人によりけりかと…。因みに僕は常時ONで良いのでは??と思ってます。

有線接続の音質は臨場感あり。

まとめ

f:id:hometaka5657:20180327201929j:plain

ワイヤレスヘッドホンはやっぱり最高です

  • 25時間再生はMAX値。使い方により誤差はでますが「まだ使えるんかい!」と思えるほどタフまんでした。
  • class2は通信範囲10m。壁1枚隔てたくらいでは全く影響なかったです。距離をとって頭を振れば音が途切れたりしますが、関係ないですね。
  • 超密閉型だと思います。フィット感すごいのでズレにくい。締め付け具合が多少強めなんで圧迫感を毛嫌いする方はどうなのかな?といった印象です。音漏れが全然しない。
  • 音質、ノイズキャンセリング、操作性などについては価格から判断すると文句はありません。

ということで

コスパの高いおしゃれなBluetoothヘッドホンMpow H6のレビューでした。暫くお世話になります!

合わせて読みたい