glo

glo sens(グローセンス)をみっちりレビューしてみる

glo sens(グローセンス)レビュー2019年11月14日より全国販売をスタートしたBATのglo sens(グローセンス)。無事コンビニでも購入できるようになりました。

グローセンスは低温加熱型の加熱式たばこ。ご存じでしょうか?

読んで字のごとく低温で加熱するタイプであり、日本のJTが先駆けたプルームテックやプルームテックプラスと同種になります。

吸ったことがある方ならおおよそ雰囲気を掴めるところですが、今回は「グローセンスってどんなやつ?」ってとこから始まるレビューにしていこうかなと。

低温加熱型グローセンス。高温加熱型との違いは?

低温加熱の加熱式タバコ

冒頭で述べたグローセンス、プルームテック、プルームテックプラス。現在のところ、この3製品以外の加熱式タバコは全て高温加熱型に分類されます。

例えばアイコスは約300℃、グローは約240℃、プルームエスは約200℃で加熱されるに対し、プルームテックは30℃、プルームテックプラスは40℃と圧倒的な温度差です。

高温加熱の加熱式タバコ

グローセンスの温度は明らかになってませんが同程度の加熱温度と予測できます。

それぞれの仕組みなんですけど、

高温型→ヒートスティックを直接加熱して発生したニコチン入り蒸気を吸引。
低温型→液体であるリキッド(グリセリン&香料)を加熱して、発生した蒸気をタバコ葉に通すことでニコチン入りフレーバーを味わう。

共通するのはどちらも火を使わないため匂いが少なく残らずで、紙巻きに比べて有害物質を削減する。と謳われてます。が、高温より低温の方がさらに「負担」が少ないです。

同じ加熱式でも仕組みと温度の違いは明らかで、

高温型→紙巻きタバコに近い吸い応えを得られます。
低温型→感覚としては味のついた水蒸気でありクリーンです。

吸い応え重視の方には高温加熱型がおすすめですが、自身含め周囲にも気を使いたい方には様々な観点から低温型のメリットの方が遥かに大きいです。

てことで、今回ご紹介の低温加熱のグローセンスを開封してみました。

glo sens(グローセンス)レビュー

glo sens(グローセンス)の開封マグネット開閉式の立派なパッケージ。限定カラーを除けばブラック、ブルー、レッド、ホワイトの4種類。今回はブルーを選択してみました。

本体価格4,980円
ポッド1箱500円

付属品

glo sens(グローセンス)の付属品同梱品は以下の通りです。

  1. glo sens本体
  2. ACアダプター
  3. USBケーブル(micro)
  4. 収納袋
  5. デバイスキャップ
  6. カートリッジ&ポッドのダミー
  7. 取扱説明書

付属品は他製品よりも種類豊富で豪華です。

glo sens(グローセンス)の付属品収納袋とシリコン製のキャップまで。衛生面にも気を使われてます。

実は本体には予めダミーカートリッジとたばこポッドが装着されてる状態で「使用不可」と記載済み。

glo sens(グローセンス)の付属品「これ何に使うの?」と感じますが特に使用目的があっての同梱ではないようです。

とはいえ、先端の空PODを使えばノンニコチンでフレーバーを吸引できるので捨てるのも勿体ない。(本物のPODにはタバコ葉が詰めらてニコチン有りになります。)

外観

glo sens(グローセンス)の外観外すと格好悪いのでダミー装着のままパシャリ。

スペックは以下の通りです。

型式G300
サイズ91×39.5×21.7mm
重さ34g
バッテリー720mAh
入力5V/1A
充電時間75分~5時間30分
使用回数180パフ(フル充電時)

グローシリーズではglo nanoの61gが最軽量でしたが、その半分程度になる34g。低温加熱だとバッテリーも小さくコンパクトです。

充電時間の幅が凄いことになってますが、本体温度によって差が出ます。

・18℃~45℃→75分
・0~18℃→5時間30分

寒い時の屋外充電でもなければ1時間少々なので苦にする時間でもありません。

背面と側面はこの感じ

glo sens(グローセンス)の外観
glo sens(グローセンス)の外観正面がちょこっと凹んでるのでボタンが押しやすく握りやすくなってます。

充電ポートは本体下部

glo sens(グローセンス)の充電付属品にACアダプターがあるためコンセントでもUSB給電でもOKです。5V1AなのでPCからの低電力で問題なく充電できます。

同メーカーの高温加熱に囲まれてみました。

グローシリーズの外観比較こう見ると大きさはさほど変わりないですが、丸みがあって薄くて軽いです。そもそも黒い部分が加熱式だとヒートスティックにあたるので、これがなければだいぶ変わってきますよね。

あと低温型になっても従来シリーズの特徴は受け継いでるな~と印象です。

外観はこんなところ。そろそろダミー外して専用ポッドを装着してみます。

neo pods(ネオ ポッド)の取り付け

glo sens(グローセンス)にネオポッドを取り付けるダミーを外すと接点が見えます。

専用タバコのneo podsはコンビニやたばこ販売店ではこちらの5種類。左から簡単に説明しますと、

  1. メロー・ブレンド:バニラ風味のレギュラーたばこ
  2. クリスプ・メンソール:定番メンソール
  3. アイス・ブルーベリー:ブルーベリーのメンソール
  4. ドルチェ・ティラミス:コーヒー系フレーバー
  5. ゼスティー・アップル:アップルのメンソール

まぁこんな感じです。ちなみに全12種類もありまして、オンライン限定で2種類、オンライン&gloストア限定が5種類ご用意されてます。

全種試してみたいところですが断念しました( ˘ω˘ ;

glo sens(グローセンス)のポッドポッド1箱にはカートリッジ1つとタバコPOD3つ入り。カートリッジ1つで180パフ(吸引)できまして、ポッド1つが60パフ分です。つまり1つのカートリッジを使い切る前に3回ポッドを交換して、廃棄です。

glo sens(グローセンス)にネオポッドを取り付けるこのままカートリッジを本体にカチッとハメて、続いてポッドを装着すると完成です。とても簡単。

大きいのがカートリッジで、これにリキッドが入ってます。小さなポッドには刻んだタバコ葉が詰められてます。

こちらアップルなんですが、それぞれカートリッジの底部で色分けされてます。

glo sens(グローセンス)のカートリッジ種類

箱の色がそのまま採用されて分かりやすいですね。

カートリッジの内部は上から丸見えです。

glo sens(グローセンス)の仕組みここがリキッドの貯蔵庫で、コットンにコイルが巻かれてます。コットンにリキッドが吸い上げられ染み込んでますが、漏れたりはしないのでご安心を。

これで完成~

glo sens(グローセンス)の仕組みといっても外観はダミー装着時と変わりません。

使い方

glo sens(グローセンス)の使い方使い方は下記の通り。

ON/OFF:素早く3回連続押し
充電残量確認:ON状態で押す
吸引:長押し

各アクションの度に白LEDが光るので判断しやすいですね。

プルームテックプラスと大きな違いでグローセンスはボタンを押しながら吸引することになります。

glo sens(グローセンス)の使い方こんな感じでパフボタンを押しながらマウスピースから吸いましょう!

吸い方は加熱式や紙巻きと同じ要領でOKですが、ゆっくりと吸引する方がフレーバーの味を感じやすい

バチッ、ジー。と鳴るのはVAPEに近いですね~

glo sensを吸ってみた(使ってみた)感想

glo sens(グローセンス)の感想ボテッとしたフォルムがなかなか使いやすくて気に入りました。

吸ってみた感想は最も仕組みが近いプルームテックプラスとの比較になりますね。

グローセンスとプルームテックプラス

まずグローセンスの吸い応え(キック感)は弱めです。喉にあたる感覚が若干乏しい!

プルームテックプラスはタバコ感が大きくて喉にガツンときますが、グローセンスは優しい喉あたり。

しかしミスト量がとても多い。フレーバーの味がみずみずしくて美味しい。

最初は独特なにおいと言いますかクセもあったんですが、次第にそれも感じなくなり、、慣れたようです。

純粋に香りではグローセンスが一枚上手かなぁと、そしてモクモクミストの爽快感も良いですね。

悪くないですが、単純にキック感を重視するならプルームテックプラスを推しときます。あと1箱あたりのパフ回数も要チェック。

名称吸引回数1箱値段
グローセンス180パフ500円
プルームテックプラス250パフ500円

キック感に加えてコスパで考えてもプルームテックプラスが上になっちゃいます。

どちらにも良いところありですね。もう1度言いますと、グローセンスのミスト量としっとりしてみずみずしいフレーバーは好きです。

glo sensの特徴

基本的な使い方は先に説明しましたが、その他性能は下記になります。

  • 5分放置で自動オフ
  • 180パフで白LEDが10回点滅
  • エラー時には赤LEDが20回点滅

これは重要なことなので申し上げますが、180パフお知らせ機能がたばこ1箱の終了合図なんですけど、PODの交換タイミングにお知らせ機能がありません。

PODを60パフで交換していくと、ちょうど3個目の終了時に180パフとなりますよね?これが最適なタイミング。

この60パフお知らせ機能がないので「そろそろ60パフかな?」と、アバウトに交換する流れになります。そんな仕様ですがご理解の程よろしくお願い致します。

フル充電で180パフ可能です。

ちなみになんですが、

いちいち数える人もいないと思うので、味が薄くなったな~と思った時に交換すれば良いだけでもあります。

つまり、何ものにも縛られず交換のタイミングは自分で決めるわ!って方にはメリットにもなり得ます。

動作温度にちょっと厳しい

glo sensのエラーエラー時の赤LED20回点滅。これにちょいちょい遭遇します。例えば、

  1. 8秒以上の一服時間
  2. 過剰な使用(による加熱)
  3. 動作可能温度10~60℃
  4. 充電可能温度0~45%

これに限らず。8秒とかそんなに吸わないで宜しいって感じですが、連発して使っても本体温度が上昇してエラーになりやすいのかなと(多少)。落ち着けってことでしょうか。

あと寒い時の屋外や車内では本体温度が下がってエラーに。私は北海道なんで、寒さ負けするケースにたまに出会います。

そこまで気にする必要にあらずですけど、他の加熱式に比べてちょっと厳しめかなという印象です。

低温加熱型グローセンスまとめ

glo sens(グローセンス)のアクセサリー880円のシェル装備中

タバコてきな観点からみると、

  • においがほぼしない
  • キック感は弱め
  • ミスト量が多い
  • フレーバー本来の味を楽しめる

フルーティなフレーバーだとむしろ、良い匂いがする~とまで言われてしまうほどの低温加熱式は周囲配慮にもおすすめです。

機械的な観点からみると、

  • 加熱待ち時間がない
  • 押しながら吸う必要性あり
  • 基本的にメンテナンス不要
  • POD交換タイミングがアバウト

メリットとデメリットがごちゃまぜですがこんな感じでしょうか。

只今キャンペーン中にて2020年1月31日までは、通常4,980円が980円と激安です。低温加熱式に興味のある方はこの機会にぜひ。(gloオンラインとgloストア限定)