【キャンペーン】iSMOKE1000円OFF
ライフスタイル

腰が痛い。足が痺れる。妻が坐骨神経痛だと気付くのに約1年かかった話。

妻が坐骨神経痛であることが分かった。

発端はおそらく約1年前のぎっくり腰で、これが始まりなんだと今になって思います。

気付くのが遅れたのはさっさと病院に行かなかったのが最大の要因でして、全てをぎっくり腰と決めつけたのが間違えでした。

妻はそれ以来良く言う。

「腰が痛い。足まで痺れてきた」

いっしー
いっしー
とりあえず病院行かんと
妻
内科?整形外科?いや、婦人科かもしれぬ。

こんなやりとりを数ヶ月に1度の頻度で繰り返すだけでなかなか行動を起こさないのが現実です。

本来は違和感を感じた時点で病院へ行くのが最善の手段ですが、危機感を迎えてようやく重たい腰を上げるのが人間です。

無理やりにでも病院に連れて行くべきでした。

生理痛と勘違い

坐骨神経痛と生理痛の関係性もともと妻は生理痛に悩まされる人。
男性の僕は残念ながらその苦しみを分かってあげれないけど、立ってられないほどの痛みで寝込んでいる。

激しい痛みはその後も変わらず現在に至り、この1年間、生理痛の時には腰痛と足の痺れも同時に訴えることが多くなっていた。こうなると長いときでは数時間はまともに動けなくなる。

ただそれでも、何もしなくても時間が解決してくれたので結果的に病院へ行く機会を遅らせることになった。

定期的にぎっくり腰になり始める

妻
ギックリやっちゃったかも…
いっしー
いっしー
あらまぁ…

ギックリ腰は動ける程度なら変わらぬ日常を過ごした方が治りが早いです。

全く動けないくらいの重症だと安静にするしかないけど、だまって寝ているとその分だけ治りが遅くなるというのは、最近の研究結果から分かり始めています。

対処方法でも痛み止めやコルセットなどで楽を選ぶより、軽くストレッチを心掛ける方が結果的に早く楽になるため、僕としてもフォローはするけど重病人扱いはしません。

しかしその数ヶ月後

妻
またギックリしちゃったかも…
いっしー
いっしー
またかい!

若干笑う余裕があったのもここまでで、その間隔はどんどん縮まっていきました。

妻
ギックリ腰かも…。
いっしー
いっしー
!?

さすがに不思議に思い始めるも「ぎっくり腰」と言われると素直にギックリ腰なんだと思ってしまう単純な僕もいたから情けない。疑うべきでした。

数日もすれば治ることもありそこまで危機感もなく、少しばかりこのやりとりに慣れ始めていたところも恐ろしい。

ひと月に数回のぎっくり腰に不安

頻繁なぎっくり腰に不安腰痛と共に痺れる足。最終的には数週間に1度繰り返すようになったところで、さすがの本人も不安になり始める。

妻
これ、もしかしてギックリじゃないんじゃないかな…。

最初のギックリ腰から既に1年

病院に行く!と何度も宣言しながら行かなかったのは、仕事で予定が何度もかき消されたのもあり、これまで放置になってきたけど今回は本気の様子。

そこには妻が不安になる助言を、このタイミングで知人からもらったのが影響している。

「腰が痛い。足が痺れる。」病院へ行くと子宮癌だった知人の話

全く同じような症状で、病院に行くと子宮癌が見つかったという妻の知人。

妻はこの知人に自分の症状を話していたのもあり、心配になって連絡してくれたようだ。

「…だからさ、あなたも病院に行きなさい」

そう言われ病院へ行くことを決心した妻。

その結果判明したのが、坐骨神経痛でした。

スポンサーリンク



妻は坐骨神経痛だった

  • 腰から足の先まである人間の神経の中でも1番太い神経。それが坐骨神経
  • 坐骨神経が何らかの理由で圧迫や刺激を受けて痛みを生じる。これが坐骨神経痛

症状は人により違いがありますが、多くみられるのは腰から太ももにかけての痛みやしびれ。

最初は放っておいても気付けば治る程度なこともあり、そこまで気にされない人もいるくらい。しかし進行するに連れて痛みは増し、横になって安静にしても痛くて眠れない状態になり始める。

これは正に妻の進行状況と丸被りでした。

1年前のギックリ腰から始まり繰り返し、次第に間隔も短くなり痛みも激しくなり始め、病院に行った時には1人で歩けないほどの状態。

このあと1週間は布団の中で動けなくなるくらい悪化してました。

坐骨神経痛は症状であり、それを引き起こす原因が病名となります。

腰部脊柱管狭窄症

中高年に多くみられる腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)。読んで字のごとく神経の通り道である脊柱管が狭くなったことにより圧迫されます。

間欠跛行(かんけつはこう)のような暫く歩くと痛みや痺れが起こり、休めば回復するという様な症状がみられます。

梨状筋症候群

こちらも中高年に多い症状でして、梨状筋(りじょうきん)はお尻の中の筋肉で坐骨神経に触れる位置にあります。スポーツやデスクワークなどが原因で梨状筋の炎症が起こり、圧迫に繋がって痛みや痺れの症状がでます。

椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の中で最も多い原因とされる椎間板(ついかんばん)ヘルニア。誰でも1度は聞いたことがあるくらい有名で年齢問わず若い人でも発症します。

背骨の骨と骨の間にはクッションの役割を担う椎間板がありますが、つぶれて押し出されると坐骨神経を圧迫して痛みや痺れが生じます。

妻は椎間板ヘルニアからなる坐骨神経痛で、最初のぎっくり腰から併発した可能性が高いとのこと。

痛みの原因が類似するぎっくり腰と坐骨神経痛ですが、後者に発展すると痛みの範囲が広くなり苦痛を強いられます。

以降の「ギックリ腰かも…。」と繰り返していたのは実はギックリ腰ではなく、重いものを持つなど無理をしたために坐骨神経痛が悪化したと考えられます。

 この時の病院での対処

特に何をしたわけでもなく貰った薬2点。

  1. 痛み止め
  2. ビタミン剤

痛み止めは腰痛にも効果があります

妻は腰痛に耐えられない時には解熱鎮痛剤のイブを服用していましたが、全く効果はみられなかった。

少しでも楽な時間を与えたいと薬剤師さんに相談したところ、種類を替える方法を勧められました。

ロキソニンと薬剤師これは普段から良く服用することで体が慣れ過ぎた可能性がありまして、その解決策が種類の変更のようです。

試しにロキソニンを服用すると早々に痛みが和らいだようです。正直耳にしたことはありましたが単なる噂だとも思ってました。

坐骨神経痛にビタミン剤が提供されましたが、詳しくはビタミンB12。

何故ビタミン剤?不思議に思って調べてみるとビタミンB12は欠乏すると貧血や末梢神経障害を引き起こします。例えば手や足が痺れたりなど。

なので摂取により血液をつくる、または末梢神経の修復が期待できるので神経痛に効果のあるものとして処方されてます。

病院で処方されたものが切れてからは、市販のものを今でも常備するようになりました。

坐骨神経痛と生理の関係性

妻が生理と重なり苦しんだ腰痛や足のしびれは、坐骨神経痛と深い関わりがありまして

一般的に言われているのは、生理に伴って子宮が膨らみ、骨盤が押し出されてお尻の部分を走る坐骨神経などを圧迫するといったものです。
引用:生理と坐骨神経痛の関係!

生理痛で足の痺れが伴う場合は坐骨神経痛の疑いが十分にあります。

おわりに

妻の知人が子宮癌であると文中でお伝えしましたが、2人の話しでは本当に症状が合致していたらしい。癌は転移までしていたと。

その後の話しは、それどころじゃないはずなので聞いていません。

分かってはいるつもりですが異変を感じたら早急に診断を受けることが最悪を防ぐためにも必要です。

今回改めて思うのは本当にピンチになるまでなかなか病院へ足を運ばないのが人間です。でも、そこが運命の分かれ道になるかもしれません。

因みにこれ以降、妻が心掛けているのは無理をしないこと。

坐骨神経痛は改善されない場合には最悪、手術です。そうならないように普段から気をつけなければなりません。

合わせて読みたい