【キャンペーン】Blueair空気清浄機
ガジェット

スリーアップのおしゃれ家電!デザインと必要な機能を徹底追及

家電を選ぶポイントは人それぞれですが、出来る限りは長く付き合っていきたいと思うのが心情です。

それだけにモノを購入する際には慎重になりたいところ。当ブログではこれまでに何度かThree-upの製品を紹介してきました。それは会社の信念と製品が好きだから。今日はスリーアップの家電の魅力とおすすめを紹介します。

スリーアップ株式会社

まずはスリーアップの会社説明からさらっと紹介

・本社は大阪府

・設立は2007年11月1日

・資本金3000万・売上高25億6400万

主な事業内容は生活家電の企画・開発・販売

2007年の売上高2億5千万は、2017年には25億へと成長。そんなスリーアップが追及する2つのこだわりがこちら

必要な機能を厳選

f:id:hometaka5657:20171211212900j:plain

とりわけ最近の家電製品は多機能、高機能が目立ちます。それでは多機能であれば凄いのでしょうか?

考えてみれば、数多くの家電はそのすべての機能をもて余しているようにも感じます。簡単に言えば使いこなせていないのが現状ではないかと。

分厚く読んでも理解しにくい取説。ユーザーはそれを熟知する前に使い始めようとします。困るのは機械に弱い人で、実は思っているよりも非常に多いのです。

スリーアップは使わない機能は無駄と考えた。使いにくいよりも直感的に操作できるような、本当に必要な機能に厳選しています。

 

シンプルなデザイン

f:id:hometaka5657:20171211212853j:plain

不必要な機能を取り除き、ボタン1つにしても使いやすさとシンプルさが残る。

デザインはとにかくおしゃれ。どんな部屋にでも溶け込むような自然な感じは幅広い年代から受け入れられています

 

公式にはこうあります

スリーアップの商品はその機能もさることながら、デザインにも徹底的にこだわっています。デザイン×機能=機能美という概念のもと、商品設計をしております。
引用:公式サイト

お客様満足度を得る為にはこの2つは必要不可欠。このような概念の元で今のスリーアップ製品が生まれたわけですね。

 

それではいくつかご紹介します

 

LEDライト長光機能付 加湿器 AKARI

調光LEDライト加湿器

調光LEDライト加湿器

加湿器ですが寝室などで間接照明としても使えます。もちろんのことオフシーズンには照明のみで使えます。一年中出しっぱなしで良いところが嬉しい。

直径15.7cm×高さ25cmとコンパクトなサイズ。インテリアとしてそこにあるだけでお洒落ですね。

・オレンジ色のライトは無段階調節
・1H、2H、3Hのオフタイマー搭載
・2段階式のミスト調節

 

スリーアップ レトロストーブ ノスタルジック

スリーアップ レトロストーブ ノスタルジック ウォールナット DST-1730WL

昔懐かしの雰囲気漂うレトロストーブ

こちらのデザインはアメリカンなレトロデザイン。とことんこだわった感が満載で購入者もデザインにこだわりのある方になるかと思います。

・400W800Wの切り替え
・オフタイマーは無段階調節で最長2時間

カラーはウォールナット・サックス・ホワイトの3色から選べます。

f:id:hometaka5657:20171211233118j:plain
f:id:hometaka5657:20171211233110j:plain
f:id:hometaka5657:20171211233101j:plain

1時間辺りの電気代

・800W使用時で約21,6円

 

カーボンヒーター「シャトル」 ホワイト CBT-1633WH

カーボンヒーター「シャトル」 ホワイト CBT-1633WH

首振り機能付きのカーボンヒーター

遠赤外線ヒーターで体の芯まで温めます。温風を出さないので乾燥しない、空気を汚さない。従って換気の必要がないのもメリット。

部屋全体は温められないけど、数秒でスポット的に暖かくすることが可能。場所を選ばないのでトイレやキッチン、洗面所にも連れていけます。

300W600Wの切り替えと首振り機能で、人数のいるリビングでも活躍できそうです。

電気代は1時間辺り
・300Wで約8円
・600Wで約16円

電気ヒーターの中でもカーボンヒーターはコスパ高で人気があります。

 

 

スリーアップ 温度調節機能付 スリムタワーヒーター

スリーアップ 温度調節機能付 スリムタワーヒーター

タワー型セラミックヒーター

600W1200Wの切り替えと18℃~30℃の設定ができます。この設定を使うことでオン・オフを自動化。

これにより部屋を一定の温度に保ってくれます。無駄に暖めすぎないところがエコですね。意外にも首振り機能がついてるところも高ポイント。

電気代は1時間辺り1200Wで32.4円

 

おわりに

スリーアップの会社情報から家電製品を一部だけ紹介してみました。改めてデザイン性と機能性の高さを感じたわけで、この会社の概念に納得。

出来る限り長く使ってほしい、そんな願いが込められた製品たちです。自分に合ったぴったりなものが現れると良いですね。

合わせて読みたい