タバコ

iSMOKE新色どれを選ぶ?パールホワイトの画像と感想をお届け

2018年の2月に発売された新商品!と紹介したもののあっという間に月日は流れ、IQOS互換機のiSMOKE(アイスモーク)に新色が追加されましたね!!

しかも登場したのが5月7日。これって僕の誕生日だから余計気になっちゃう。

そんなどうでも良い情報と共に新色の紹介をさせていただきますが、あなたなら何色を選びますか?

iSMOKE全色僕はあまり冒険しないタイプなので以前2色だった時にはブラックを選びました。ゴールドはチャレンジャーな感じがして僕には手が出せなかったのです。

▼ブラックをじっくりみたい方はこちらを参考に

あわせて読みたい
IQOS互換機【iSMOKE】のレビュー!メリットと感想も紹介しますこの度、IQOS互換機「iSMOKE(アイスモーク)」に切り替えました。 互換機ってどーなの? と思ってる方は沢山いると思い...

6色に増えたのはかなり大きなメリット。アイコス互換機の中でも一気にバリエーション豊富な商品となり選ぶ楽しみも増えました。

ただ、逆に6色あれば迷うかも?

今回は新色のパールホワイトが届いたので、色選びに迷う方の参考になればと思います。画像多めで開封していくのでじっくりと参考にしてみて下さいね。


iSMOKE公式サイト

iSMOKEパールホワイト(PEARL WHITE)

アイスモークのパールホワイト

開封レビュー

iSMOKEの箱 iSMOKEパールホワイト

相変わらずのゴーシャス箱

iSMOKEパールホワイトブラックはツヤ消しの素材でしたがパールホワイトは光沢があって高級感も。ただのホワイトではなく「パール」が決め手で選びました。

思ったとおり綺麗です。

 

iSMOKE付属品付属品はクリーニングブラシ、USBケーブル、ユーザーガイド。

 

iSMOKEパールホワイト iSMOKEパールホワイト

裏と側面はこんな感じ

iSMOKEパールホワイト唯一のボタンがワンポイントになっておしゃれ。

 

iSMOKEブラックとホワイトブラックと比較。色が違うだけで雰囲気がガラッと変わります。

SHINE PINKBLUEもおそらく光沢があって同じような感じじゃないかなぁと予想してます。

ただやっぱり、ピンクとブルーは目立ちますよね。気付いたら無難なところで白黒を集めてしまってました。

 

iSMOKEのUSB裏面はUSB充電口。

 

iSMOKEヒートスティック差し込み口真上はたばこスティック差し込み口。

 

iSMOKEパールホワイトコンパクトなサイズはポケットに入れた時にありがたみを感じました。

 

iSMOKEパールホワイト真っ白で良い感じです。

PEARL WHITEを選んだことに一片の悔い無し。

 

iSMOKE PEARL WHITEスイッチを2秒長押しで加熱が始まり約10秒で完了。10~13口or180秒の吸煙ができます。

 

LED点灯中はおしゃれ感UPで好きなんです。

 

iSMOKEの蓋吸い終われば蓋ごと外してスティックを捨てます。

 

iSMOKEのピンブレードではなく太めのピン。折れにくくスッと刺さります。

吸い終われば蓋ごと外すと言いましたがこのピンタイプ、ヒートスティックをゆっくりまわしてスーッと抜けば蓋は外さないでも大丈夫なんです。むしろその方がピンへのこびりつきも一緒に取ってくれるので良いかと。

 

iSMOKEのメンテナンスメンテナンス間隔は1箱が目安。

 

スペックおさらい

iSMOKEパールホワイト
サイズ 94×23×18mm
重量 30g
加熱時間 約10秒
吸引時間 約13口or180秒
連続吸引本数 約13本
充電時間 約90分
バッテリー容量 650mAh
価格 8,424円(税込)

iSMOKEの社名って「iSMOKE株式会社」なんです。ここに安心感を感じるのは僕だけでしょうか。この感覚、わかってくれる人います??

▼性能や詳しい使い方、購入方法はブラックのレビューでご確認下さい

あわせて読みたい
IQOS互換機【iSMOKE】のレビュー!メリットと感想も紹介しますこの度、IQOS互換機「iSMOKE(アイスモーク)」に切り替えました。 互換機ってどーなの? と思ってる方は沢山いると思い...

おわりに

iSMOKEホワイト

「おしゃれは時として性能を凌駕する。」

なんて言葉を流行せたいくらい見た目は大事。選び手の選択肢を増やすことでよりユーザーのニーズに応えることができるわけです。

その1つとしてiSMOKEパールホワイトを紹介させて頂きました。かなりおすすめできます。


iSMOKE公式サイト