熱帯魚

信頼できる水槽のヒーター!おすすめはGEXのサーモスタット一体型|水温調節可

熱帯魚の飼育に欠かすことができなのが水槽用のヒーターです。

寒い冬はもちろんですが、夏でも気温差がある時は要注意。急激な温度の変化は生体に負担をかけることにもなります。

「最適な温度を保つ」

これが理想なんです。

おすすめのヒーターはどれ?


ヒーターには温める機能しかないため放っておけば延々と水温が上昇することになります。

これを制御するのがサーモスタット。一定の温度に達したところでヒーターを自動で止める働きをします。

2つを組み合わせたのがサーモスタット一体型のヒーターで、2種類に分けられます。

・水温固定型
・水温可変型

違いは温度調節ができるかできないか。

熱帯魚の飼育では26度固定のオートヒーターが選ばれることが多く、価格も安く設定されています。

ただ使い勝手に優れているのはやはり設定温度を自由に変えられるもの。

これは26℃以下に適した熱帯魚や水草、はたまた26℃以上を好む熱帯魚もいるため。さらには病気になった時に水温を上げてしっかり治療してあげたい。など理由はさまざま。

逆に必要ないのであれば価格の安いものを選んだ方が経済的にはなります。

価格的には水温固定より高くつきますが、万全を期しておすすめするならサーモスタット一体型のヒーターです。

そして今回はその中でも価格、性能からみても信頼できる「GEX NEW セーフカバー ヒートナビ」をおすすめしたいと思います。

ジェックス NEW セーフカバー ヒートナビ

ジェックス NEW セーフカバー ヒートナビ SH120 縦横設置可能ヒーター 安全機能付 SH 規格適合

ジェックス株式会社のヒーター

水温を15℃~35℃まで自由に設定できるサーモスタット一体型ヒーターです。

安全なカバー付き

gexヒートナビ
「ヒーターの熱で熱帯魚は大丈夫なの?触ったら火傷しないの?」などの心配を取り除いてくれます。

カバーは取り外しができて洗う時も簡単です。

うっかり対応の安全機能

f:id:hometaka5657:20180204230749j:plain

通電中に水中から出さない。これは基本。

ですが万が一があっても温度をコントロール、表面温度が下がれば再び使用できます。さらに故障した際には温度センサーと温度ヒューズで通電を遮断。(温度ヒューズが働くと再び使用することはできません)

ただ外出中に故障して温度が上がり続けていて、帰宅すると…。なんて悲しいケースは避けられます。

ダイヤルによる温度設定

gexヒートナビ ダイヤル
水槽の外にキスゴムで取り付けできるコンパクトなサーモスタット。温度が下がりスイッチが入るとオレンジ色に光るので、どのくらい使用しているのか判断できます。

 

gexヒーター温度調節 光る

縦でも横でも設置可能

横置きしかできないヒーターも多々あります。

ジェックス セーフカバー ヒートナビは縦横自由に置けることでレイアウトにも幅がでます。

・この位置に横に置きたかった
・この場所に縦に置けたら見栄えがいいのに

と、悩むポイントを減らしてくれます。これはヒーターを設置する上で嬉しいポイント。

水量に合わせて選ぶ4種類

GEXセーフカバーヒートナビ
GEX NEW ヒートナビは4種類

どれを選ぶかは水の量によって変わります

・80Wは約26L以下
・120Wは約48L以下
・160Wは約64L以下
・220Wは約110L以下

こちらのページで水槽のサイズから水量を簡単に計算できます。横幅、奥行き、高さかを入力するだけなので、水量がわからない時におすすめです。

水量計算はこちら

W数は少し余裕をもって選ぶことをおすすめします。

低すぎると温度が上がりにくく通電時間が長くなります。これだと逆に電気代が高くなってしまいがち。

かといってW数が高すぎると、ヒーターが切れても余熱により水温が必要以上にあがる恐れもあります。

おわりに

我が家では30L水槽にGEXヒートナビ120Wを使用してます。

精度は良好。

25~26℃設定にしてますがいつ見ても変わりありません。信頼と安心ができるヒーターです。

あわせて読みたい
GEXグラステリアスリム600水槽を使用してみてのメリットとデメリット主にメインでグッピーを飼育しようと数年前にGEX(ジェックス)グラステリアスリム600を購入しました。 当初30㎝の同メーカーを使...

合わせて読みたい