【7/31まで】AmazonMusicを聴くだけでギフト券10,000円が当たる【1000名様】
ブログ

ブログやサイトが重い?画像容量を削減する無料ツールで最適化!

 サイトやブログを閲覧していて重いと感じることありませんか?

「検索してクリックしたけどなかなか開かない」

では次に何をしますか?

「何をするわけでもなく、そっと閉じる」

これって非常に勿体ないです。見てもらうために作成したものが、それいぜんの問題になってますから。この悩みを解決するにはページスピードを上げる必要があります。その妨害をしてくる1番の敵は画像の容量だ。

容量削減は簡単にできます。そして最大の効果を発揮します。今日は画像最適化の第一歩を踏み出しましょう。

画像の最適化は重要

f:id:hometaka5657:20171019020315j:plain

どんなに素敵なサイトでも、表示速度が遅いと見てもらうことさえできません。

「全ての原因は画像だけにある」。そんなこと勿論ありませんが、少なくとも「重い」「ユーザーの心が離れる」原因の1つになります。

画像容量の削減

これはWebサイトを運営している者なら気にかけた方が良い。そして実行するなら出来る限り早い方が良い。というのも記事が増えれば増えるほど画像が増えるからです。

ぶっちゃけ、めんどくさいです。

 

画像容量の削減は「サイズを縮小する」の意味ではありません。画像の大きさや見た目を変えずに容量だけを削減する。これがベストです!

良く使われて安心できる無料ツール2選を紹介していきますね。

CompressJPEG

compressjpeg.com

JPG、JPEG、PNGイメージを圧縮できます。登録不要でとにかく簡単です。では簡単に説明しますね。

1、アップロードして画像をドラッグ。
2、5つまで同時に処理することが可能。

f:id:hometaka5657:20171019004145j:plain

ドラッグした瞬間にもう終わってます。

f:id:hometaka5657:20171019004139j:plain

-24%の削減に成功しました

写真下のダウンロードボタンでJPGのままに。下の全てをダウンロードでzip形式にできます。

(236KB→180KBになりました)

 

ついでに上の2点の画像も容量削減してみますね。

f:id:hometaka5657:20171019004142j:plain

たったこれだけなのでサクサクできると思います。いつもの作業にほんの少しの時間をプラスするだけで画像は最適化されるんです。

更にもう一つ紹介しておきます。

tinypng

tinypng.com

パンダの方が有名ですね。PNGとJPG.JPEGに対応しています。英語ですがびびらないで大丈夫。

 

f:id:hometaka5657:20171019010808j:plain

点線の囲いをクリックしてドラッグ。すぐにダウンロードが開始されるので後は説明もいらないでしょう。

どちらでもお好きな方をお使い下さい。

 

最後は見た目が重要

ここまでで画像の最適化は終了してます。

肝心の見た目に変化がなければ上出来ですね!最初のcompressJPEGで圧縮した画像から見てみましょう。

f:id:hometaka5657:20171019010224j:plain
f:id:hometaka5657:20171019010614j:plain

(1280×781が元画像)

左が236KB 右が180KB

 

続きましてtinyPNGで処理した画像です

f:id:hometaka5657:20171019010217j:plain
f:id:hometaka5657:20171019010606j:plain

左が245KB 右が191KB

いかがでしょうか。ほとんど区別がつかないかと思われます。容量を落とすだけのサイトなら多数ありますが、画質も変わらずということを意識して2点おすすめしてみました。

ファイル形式の変換

PNGからJPG,JPEGへの変換も同じ要領で可能なサイトがあります。

PNG JPEG 変換。オンライン フリー — Convertio

まとめ

画像の容量削減は最小限の努力で効果を発揮できますので、手をつけてない方はこれを機にいかがでしょうか。

そういえばGoogleの中の人はこんなことを言ってました。読み込みスピードは多少の誤差を問題としない。ただ、「遅すぎる」に関してはSEO上でも不利となる。

Googleで提供されているSEO無料ツールに、ページスピードインサイトがあります。調べたいページのURLを入力するだけで表示速度を調べ、改善案を導きだしてくれます。

PageSpeed Insights

ちょっと判定が厳しいかもしれません。自分の場合、50~70点といったところでした。参考までにどうぞ!

合わせて読みたい