電子タバコ

日本製CBDリキッド!プラスウィード(+WEED)を使ってみたら良い感じなのでレビュー

+WEED(プラスウィード)レビュー2019年3月から株式会社GREEN RUSH WEED(本社 東京)がCBD VAPEの販売を開始しましたね。

その名も+WEED(プラスウィード)。コストパフォーマンスの良い10mlのリキッドを使用するCBD VAPEで、オイルよりも吸収率が高く効率が良いです。

プラスウィードは初心者にも分かりやすく商品選びからスタートまで簡単です。

リキッドの使い方や摂取方法は?
VAPE本体はどれが良い?

といった悩みは専用VAPE(プラスウィードキット)の存在が解決してくれます。

今回は+WEEDを実際に使ってみたので特徴や魅力、使い方から感想までレビューをお届けします。

+WEED公式サイト

+WEEDのリキッドは高純度ピュア99%!

プラスウィードの安全面

プラスウィードは日本製リキッドで高純度99%。タール0、ニコチン0で非喫煙者でも安心です。違法のTHCとは違いCBDは合法であり日本でも安心して使用できますが、いまいち海外製を信用できない人には国産が安心です。

選びやすいリキッドの種類

プラスウィードのリキッド種類

リキッドはハーブフレーバーピーチシャンパン(10mlボトル)の2種類。それぞれ3種類の濃度に分けられます。

CBD300mg(3%)
CBD500mg(5%)
CBD1000mg(10%)

高濃度になるほど効果が期待できる反面、価格も上がります。初めての場合は3%から初め、効果が薄いと感じれば徐々に上げていくのが良いでしょう。

またプラスウィードではリキッドを吸うための専用VAPE(プラスウィードキット)も販売してます。今回はVAPE本体を含めて3種類のリキッドを使ってみました。

+WEEDレビュー

プラスウィードのレビュープラスウィードキット本体とリキッドのハーブフレーバー3%と10%、ピーチシャンパン5%のお試しです。

プラスウィードキットの付属品

+WEEDの付属品CBD VAPE本体の同梱品はプラスウィードと専用アトマイザー、充電用microUSBケーブルで、使い方は箱の裏に表記される簡単な内容になってます。最初からカートリッジ1本は装着済み。

なおアトマイザー単品だとこんな感じになります↓

+WEEDのカートリッジ後ほど説明しますが、リキッド、VAPE、アトマイザーは単品購入できますが定期購入するとかなりお得。アトマイザーなら毎月1本が無料で送られてきます。

30日程度が交換目安なので別途購入する必要はないのですが、味が落ちると感じる場合には早めに交換してもOKです。

プラスウィードキットの外観

本体には+WEED™のロゴ。

+WEEDの外観吸い口にはシリコンキャップ。

+WEEDの充電充電時間は2時間です。

+WEEDの外観コイル一体型のアトマイザーは回転して外せるので交換の際も簡単です。

+WEEDの外観吸い口にある3つの穴、エアフローは回転させることで煙量やドローの調節が可能です。

使い方

プラスウィードのハーブフレーバー3%ハーブフレーバー3%を吸ってみます。使う前に良く振りましょう。

プラスウィードの使い方アトマイザーのドリップチップは外して準備完了です。リキッドの蓋はスポイトと一体型になっているので簡単に注入できます。

中心の穴にリキッドを入れないこと。故障、口の中にリキッドが入る、液漏れの原因にもなります。

5~7割入ればOKです。
入れ過ぎないのもポイント。

ちょっと入れにくいかな?とも思いますが案外入らないので大丈夫。

プラスウィードの使い方こんな感じで完成。コンパクトで使い勝手は良いですよ。

これから15分は放置。リキッド注入時や交換時はコイルに浸透させる時間を必要とするのはVAPE同様です。

空焚きは故障の原因になるので気をつけましょう。

プラスウィードの使い方電源ON/OFFは電源ボタンを素早く5回押し、カラフルなLEDが点滅を繰り返します。使う時はオン、使わない時にはオフにするのが良いですね。

プラスウィードの使い方プラスウィードは電源ボタンの3回連続押しで煙量を3段階調整できます。

白LED→電圧2.7V
青LED→電圧3.1V
赤ランプ→電圧3.6V

電圧が高いほどミスト量も多くなる仕組みです。

プラスウィードの使い方他のVAPEと異なる仕様で、CBD VAPEはリキッドの粘土が高いため約15秒間の加熱を推奨。電源オン→温度変更が決まれば2回連続押しで予熱開始。

予熱が終わればVAPE同様に電源ボタンを押しながらの吸引です。

CBD VAPEの吸引方法

CBD VAPEはどうやって吸うの?

CBDの効果を十分に感じるためには特殊な吸い方が必要で、肺に10秒間溜めることが重要です。

タバコや加熱式、通常の電子タバコやVAPEと違って、そもそもなんでCBD吸ってるの?ってところなんですよ。

それってCBDの効果を得るためですよね。CBDミストは摂取効率が良く、肺から血液を通って摂取されるので肺に感じることが大切です。

通常のVAPEや加熱式タバコのような感覚とは少し異なるポイントです。

+WEED公式サイト

実際に吸引した感想

+WEEDのハーブフレーバー3%ハーブフレーバーCBD3%はナッツ系の風味でほんのり甘さを感じるため吸いやすい。箱を開けた瞬間にマジかってほどナッツの臭いが漂ってきてビックリしました。

ちょっと漏れてたのが原因でした…。

抵抗なくスパスパ吸えちゃいます。

CBDの効果は主にリラックスや睡眠の質を向上させる目的で使う方が多いですが、なんだかこの甘い感じだけでもリラックス気分になります。

私は集中力を高めたい時には3%。今もCBD効果に頼って集中しているつもりです。

ただ、効果には個人差もあり3%では感じにくい方もいるでしょう。その日の体調にも左右されるので安定した効果を得るには継続が大事です。

+WEEDのピーチシャンパンフレーバー5%ピーチシャンパンCBD5%はフルーティーの味で美味しくCBDを楽しめるのでおすすめです。CBD感が高めなのはハーブかな?

美味しくCBD摂取できるのがCBD VAPEのメリット。

CBDオイルも人気ですが苦みのあるものが多く、完全に効果のためと割り切った使い方になりがちですが、リキッドは味も楽しみながら効果を期待できるのが魅力です。

好みの問題になりますが、私はピーチの方が吸いやすいですね。

+WEEDのハーブフレーバー10%これは凄いです。ガツンときます。ちょっと語らせて下さい。

ハーブフレーバーCBD10%。ここからCBD感が一気に高まったように感じました。肺に入れると数分程度で効果を感じる人もいるのでは?

リキッドもドロドロしていかにも高濃度感が満載です。3%も5%も効果を感じたのですが、なんとなく?と確信はもてないところがあるんですよね。

しかしこれは確実に影響有り。劇推ししたいです。

でも効果をコントロールできない私。ある時には即効睡眠作用を発揮し、またある時には目がギラギラして逆に眠れない状態に…。

そんな中でも1番驚いたのは、10%を吸引して就寝→翌日非常に目覚めが良い。しかも仕事してても疲れにくい。ハイになることはないですが覚醒した気分になりました。

リラックスしつつも集中力を高める働きがあるので使い所が肝心かもしれません。

高濃度CBD凄いと思いました。

リキッドは飲み込まないこと。子供が簡単に触れない場所に保管すること。20歳以上を想定した商品です。

CBDの効果

CBDは盛んに研究が行われ注目の成分なのですが、はっきりと謳うわけにもいかないのが現在のところ。

ストレスを和らげる
リラックス効果
睡眠の質を向上させる
疲労回復
てんかんの発作を抑える
鬱症状の軽減

などが有名なところであり精神的な作用が多いです。実際には数えきれないほどの研究が進められています。

日本では日々の育児や会社のストレス、睡眠障害や精神安定に、集中力を高めるなどの効果を期待して活用する方が大半を占めると思われます。

リキッド注入不要のカートリッジ交換タイプ

プラスウィードのカートリッジ交換タイプ注入タイプとは別にカートリッジ交換タイプもありまして3本セットです。残量がなくなれば新しいものに交換するだけなので手間がありません。種類は注入タイプと同様にハーブフレーバーとピーチシャンパンフレーバーです。

「少しでも簡単に!」→交換タイプ
「ガッツリ吸いたい!」→注入タイプ

カートリッジタイプはこちらです。

リキッドの価格は?

10mlボトルの価格は以下

  1. CBD300mg(3%)→5,292円
  2. CBD500mg(5%)→8,532円
  3. CBD1000mg(10%)→16,092円

カートリッジタイプは以下

  1. CBD300mg(3%)→7,020円
  2. CBD500mg(5%)→8,100円
  3. CBD1000mg(10%)→9,180円

単品購入だとこの価格に収まります。

+WEED公式サイト

なんで高いの?CBD!

CBD関連商品CBD商品は安くありません。しっかりした設備のもと作られるほど高額になり、効果や安全性も高くなります。

この安全性を確保するために手間暇を欠かすことができません。同じ麻から抽出されるTHCを含んでしまうと日本では違法です。

THCは大麻で一般的にヤバイとイメージされるハイになる成分そのもの。

これを避けるためにTHCの存在しない麻の成熟した茎からのみCBDを抽出するので価格が高くなる傾向にあり、プラスウィードでもクリーンルームクラス10000という高い設備のもとCBDが製造されています。

1回購入よりも定期購入がお得

品質に優れたもCBDはお世辞にも安いとは言えないですが、プラスウィードは定期購入で価格を抑えられます。

CBDの効果は短期より長期継続で得られることが多いため、少なくとも毎日使用して1~3ヶ月は続けるのがベスト。

ちなみにプラスウィードキット本体のみ購入は5,400円。

プラスウィードキット

リキッドに加えて本体、消耗品のアトマイザー(1080円)まで考えればなかなかの価格。

通常のVAPEはCBDリキッドに適してなく、CBD VAPEでよりCBD感を得られます。

リキッド定期コースだと専用VAPEが無料

プラスウィードの定期購入価格毎月お届けコースは3ヶ月の継続が条件になりますが、プラスウィードキット5,400円が無料で付いてきます。

例えば単品で必要なものを揃えるとこの価格なんですけど、

  1. リキッド(5,292円~)
  2. VAPE本体(5,400円)
  3. アトマイザー(1,080円)

3%でも11,772円と高額です。
これを定期にすると、

VAPE本体無料
アトマイザーが毎月1本貰える
CBDリキッド初回3%、最大10%OFF

3%の定期で5,133円。なんとフルセットなのにリキッド単品で買うより安くなる結果に。加えて送料無料、3%のポイント付与(1ポイント1円相当)と継続することで何かとお得になるのがプラスウィードの仕組みです。

毎月お届けコース

プラスウィードのカートリッジタイプ

カートリッジタイプでも最大10%の割引と送料無料がつくのでお得になります。

カートリッジタイプ詳細

まとめ

プラスウィードのレビューちょっと高価なCBDですが、定期コースにすることでコストパフォーマンスがかなり高まります。

専用CBD VAPEが無料
送料無料
リキッド最大10%OFF
アトマイザーが毎月貰える 

高品質なCBDは高いと言いましたが、定期にするとむしろ安くさえ感じます。CBD効果を体験するのに+WEED(プラスウィード)は最適です。

+WEED公式サイト