【キャンペーン】Blueair空気清浄機
ガジェット

Ankerのモバイルバッテリーが人気の理由?選び方からおすすめまで紹介!

AmazonではAnkerのモバイルバッテリーが大人気ですよね。

モバイルバッテリーの選び方?と聞かれれば
迷う時間は勿体ない→AnkerでOK!

こんな方程式が成立してしまうくらい高品質で高性能、高コスパです。手っ取り早く失敗しない選び方と言えるでしょう。

Amazonの売れ筋ランキング上位には今日もAnker製品がずらっと並んでます。たったいま見た限りでも上位20の中にはAnkerが半数を占める状況です↓

Amazon売れ筋ランキング

一体なぜでしょう?

AmazonでAnkerが売れる理由

今やAmazonを飛び越えてモバイルバッテリーならAnkerって感じでもありますが、他の大手通販サイトよりも確実に売れてますよね。

元Google社員のベンチャー

元々はGoogleの中で働く人が独立して少人数で始めた企業がAnkerです。そこからAmazon経由で販売を開始ししたためマーケティングはとりわけ上手。
それゆえ現在でもAmazonが優遇されており、他通販サイトに比べ同じ製品でも数百円単位で安く購入できます。

ただし、Anker公式サイトも変わりなくお手頃です。4,000円以上で送料無料になるため、まとめ買いに最適です。

性能、保証も十分

コスパ抜群、安定した性能で長く使えて気軽に買える価格帯。18ヶ月の他社を圧倒する保証期間はそれだけ製品に自信がある為。一部機種で検証されてます。
参考:コスパ最強のモバイルバッテリーは約3000円で買えるコレだった

Amazonのレビュー数

アンカーの売れ筋上位のレビューは数千単位。購入する際にはこのレビューを参考にする人は非常に多く圧倒的な評価が販売に繋がります。
常に業界をリードするパフォーマンスもそうですが、絶賛される理由はしっかりとしたサポートにも秘密があります。
特に初期不良への迅速な対応はユーザーから信頼されるポイントの1つです。

独自技術を取り入れている

PowerIQ
接続した機器を自動で探りあて最適な電流を送る。機器ごとに最大のスピードで充電するAnker独自の技術。

Voltagevoost
ケーブル内の抵抗を自動認識、最適な電圧に調整します。

2017年9月からPowerIQ 2.0搭載モデルがバッテリー容量10000mAh以上に登場し、さらに充電時間が短くなりました。また、PowerIQはAndroidやiphonなどほぼ全ての機器に対応するため初心者でも選ぶ際の不安が皆無。Anker製品を選ぶときには優先したい機能の1つです。

モバイルバッテリーの選び方

f:id:hometaka5657:20180201031520j:plainAnkerのモバイルバッテリーは種類も豊富。選ぶのに迷ってしまいませんか?

まず購入の決めてとなるのがバッテリー容量(mAh)。なので今回は以下の3点に分けておすすめします。

  1. 3000mAh~
  2. 10000mAh~
  3. 20000Ah~

さらに充電スピードや1度に充電できる機器の数も抑えましょう。なおPowerIQ1.0はAnkerの標準装備なのでここからは敢えて説明しません。

1、3000mAh以上のモバイルバッテリー

このタイプは小型で軽量、6種類。
目安として1~2回の充電が可能。普段1人でつかう程度なら1回できれば必要最低限はクリア。充電時間を考えれば出力・入力とも2A以上を選びたいところ。タブレットの充電では必須になります。

似たような性能も多いのでタイプ別に以下3点から選べば十分です。

PowerCore 5000

Anker PowerCore 5000 (5000mAh 最小最軽量 スティック型 モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】ブラック

手軽さナンバーワンならこれ。

  • 約134g
  • USB×1
  • 入出力5V/2A

とにかく持ち運びやすいコンパクト設計で約2回の充電OK。デザイン性に特徴ありですが、これがあれば申し分ありません。
同タイプのAnker PowerCore+ miniは3,350mAh、最大1A出力になるため対応デバイスによっては重宝します。

PowerCore Fusion 5000

Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載 / 折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック) A1621011

充電器一体型

  • 約189g
  • 出力最大3A/入力2,1A
  • USB×2

コンセント対応ってなんか安心しませんか?普段つかう充電器の感覚で使えてそのままモバイルバッテリーに変貌。通常のモバイルバッテリーは入力と出力にコードが必要ですが、AC対応は出力さえあればOKのため余分な荷物が必要なし。
入荷しては売り切れの繰り返し、Ankerの中でもヒット商品です。

レビュー記事も参考に↓

あわせて読みたい
Anker PowerCore Fusion 5000
【PowerCore Fusion 5000】スマホ充電器はこれが便利じゃない?スマートフォンの充電器って、機種変更時にショップでまとめて購入する人も多いですが、価格が高い割に接続不良で壊れやすくないですか? ...

PowerCore II 6700

Anker PowerCore II 6700 (6700mAh コンパクト モバイルバッテリー) 【LED Wheel搭載】iPhone & Android対応 (ブラック)

6700mAhと容量UP

  • 約128g
  • 入出力5V/2A
  • USB×1

5000じゃちょっと足りないよ!とあればこちらです。10000mAh以下だと5000がメジャーですが本機は6,700mAh。容量多めのスマートフォンでも2回の充電が可能。LED6段階の電池残量確認もおすすめです。

2、10000mAh以上のモバイルバッテリー

大容量10000mAh以上は8種類
約3~4回の充電が可能です。小型モバイルバッテリーは約120gほどでしたが、200g程度まで重量は増えてきます。

サイズ、容量とバランス型の10000mAh程度が売れ筋路線でありまして、AmazonベストセラーであるAnker PowerCore 10000もこのタイプ、もはや殿堂入りの人気種です。

サイズ:約92×60×22mm
重さ:約180g

10000mAh以上では世界最小、最軽量を現在も保持。PowerIQとVoltageBoostで最大2,4Aの急速充電に対応。モバイルバッテリーを紹介するにあたり外せない製品です。

ここでおすすめしたいのはこちらも同様↓

PowerCoreⅡ10000

Anker PowerCore II 10000 (10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)【PowerIQ 2.0 / LED Wheel搭載】iPhone&Android対応 (ブラック)

  • 約195g
  • PowerIQ2.0(最大18W)
  • USB×1

サイズが約96 x 62 x 22mmとこちらも驚くほどコンパクト。ベストセラーのPowerCore10000との違いはIQ2.0を搭載したことでフルスピード充電可能、その分価格も1,000円ほど上がります。

Anker PowerCore 13000

Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー ブラック) iPhone&Android対応 A1215011

  • 約240g
  • 出力最大3A/入力2A
  • USB×2

見た目はPowerCore 10,000でもプラス3,000mAhの容量を追加、性能は特に変更なく2つのUSBポートを搭載。2台同時充電が必要な方はこちらがおすすめです。なお2台同時充電では最大3A出力となり、各ポート最大は2.4Aです。

 

Quick Charge(クイックチャージ)?
スマホやタブレットを高速で充電する機能。通常の5V電圧以上で充電するため高速ですがAndroid中心に搭載されている現状です。対応しないデバイスでは通常の5V電圧になりますが、もちろんあって困る機能ではありません。

現在QC3,0が登場してますが、性能を発揮させる場合には対応しているかの確認が必要です。
QCに関してはこちらが参考になります。
参考:Quick Charge(クイックチャージ)とは – サンワサプライ株式会社

PowerCore Speed 10000 QC

Anker PowerCore Speed 10000 QC (Quick Charge 3.0/2.0/1.0 & Power IQ対応 10000mAh 大容量 モバイルバッテリー ブラック) iPhone / iPad /Android各種対応

Quick Charge3.0モデル

  • 約198g
  • QC3.0(最大24W)
  • USB×1

Quick Charge 3.0にPowerIQとVoltageBoost搭載。IQ1.0ながらQCを搭載したことで万能タイプです。さらにロス率が少なく充電の際は無駄に消耗しないのも特徴で、10000mAhを最大限に使用可能。

3、20000mAh以上のモバイルバッテリー

超大容量。スマホに7~8回の充電可能。
350g程度と重くなりサイズも大きい。スマートフォンの2倍ほどあるのでポケットに入れるには少し厳しくなります。しかしながらバッテリーの心配はほぼ皆無、家族で使いまわしても良し、旅行にも良し。災害時にも活躍するので超大容量タイプは上記とは別に1個所持しとくのがベターです。

PowerCoreII 20000

Anker PowerCore II 20000 (20000mAh 超大容量 モバイルバッテリー)【PowerIQ 2.0 / LED Wheel搭載】iPhone&Android対応(ブラック)

  • 369g
  • PowerIQ2.0(最大18W)
  • USB×2

サイズが約170 x 62 x 22mmと大きめのiphonよりも更に大きいです。LEDボタンは残量を8段階で確認。出力はもちろん入力も高速、フル充電まで約5時間。20000mAh以上のモバイルバッテリーではかなり使い勝手の良い“迷ったらコレと言えるような製品です。
またPowerCore Speed 10000の上位版がAnker PowerCore Speed 20000、入出力にQC3,0を搭載したタイプです。

Anker PowerCore+ 26800 PD

Anker PowerCore+ 26800 PD

モバイルバッテリー最大級の26800mAh

  • 580g
  • PowerIQ
  • Power Delivery対応
  • USB×3

30W出力のUSB-Cポート、5V/3AのUSBポート2つを搭載。USB-CポートはPower Delivery対応によりタブレットやiPadはもちろんパソコン、MacBockなど様々な機種を充電できます。
さらにUSB-C急速充電器で本体充電を4.5時間に短縮可能。しかもそのUSB-C急速充電器は付属品としてついてきます。

総評して超大容量、スピード、対応デバイス、セット内容と申し分なく約10,000円。予算があればこれ1台自宅に常備するのが1番のおすすめ。

まとめ

モバイルバッテリーは容量や対応デバイス、充電スピードなど選ぶ基準は様々です。見た目も重要ですよね。

1つにこだわる必要も全くありません。
日によってはスマホ用を持ち歩き、PCを持ち運ぶならPC用を所持したりと。ちょっとした外出程度ならPowerCore 5000のようなコンパクト型は楽ですし、PC用や旅行のお供には最後に紹介したAnker PowerCore+ 26800 PDは重宝します。

キャンプや災害時にも活躍する26,800 PDですが、さらにPowerHouseにすることで使い道はさらに増えます。”この場合には”と考えながら自分にあったお好みを揃えてみるのも良いですね。

合わせて読みたい