いまいちど

子育てパパの雑記ブログ

お洒落な湯たんぽ探してみたよ。おすすめはやっぱりドイツ製?

スポンサーリンク

近年、湯たんぽの人気が上昇中ですね。

暖房グッズとしてはかなりエコ。どうやら人気の理由はここにありそうです。

我が家では昔から湯たんぽが必需品になっております。寒い部屋の中でも暖かい布団があれば幸せを感じられるのです。出られなくなりますけどね。

今年もだいぶ寒くなりまして

湯たんぽを出した時に思いました。
なんか、くたびれてきたなぁと。

そんな流れでせっかくなので人気なものから洒落た湯たんぽまで探してみました。寒い冬は湯たんぽで乗り切ろう作戦です!

 

蓄熱式エコ湯たんぽ

蓄熱式 エコ湯たんぽ ピンク EWT-1543PK

check
  • 蓄熱式
  • コードレス
  • Amazonベストセラー

スリーアップ株式会社の湯たんぽは可愛いですね。湯たんぽに見えません、なんだか良くわからないけど実は湯たんぽであるところが素敵です。

20分と短時間で充電完了。その反面8時間も持続するパワーがあり朝起きてもまだ暖かいところが魅力的ですね。

もちろん蓄熱式はお湯の入れ替え不要!

この場合のデメリットは寿命が多少短くなるところ。2年を目途に買い替えが必要になると思っておいて良さそうです。

ただベストセラーで売れ筋、ユーザーの評価も高いです。寿命をどう考えるかでしょうか。

僕はこのピンクい色は流石に厳しいですね。とりあえずキープはしますが購入に踏み切るのであればブラウンにします。

 

やわらか湯たんぽ ドイツ製高品質

 

やわらか湯たんぽ ドイツ製高品質 Hugo Frosch(フーゴフロッシュ) ニット (日本正規輸入品 日本語取扱説明書付き)

check
  • ドイツ製
  • フーゴフロッシュ社
  • エコ湯たんぽ

湯たんぽと言えばエコの国ドイツ。と言えるほど有名です。カバー付きはお洒落で世代を問わず使用できそうな感じがしますね。これはノーマルなお湯を入れるタイプ。

日本ではドイツのファシー社が手掛ける湯たんぽが有名になりましたが、地元ではそのファシー社をおさえ、保温・安全・環境などで総合的に一番優れていると評価を受けています。

エコの由来はサトウキビを原材料に使用しているとか。製品自体はとても丈夫でむしろ壊れにくいと評価されていますが、材料の影響かお湯をいれるとほんのりバニラの香りがするらしい。

それって素敵!実際その香りで落ち着いてよく眠れるとのレビューもありますが、逆に臭いが気に入らない人もいるようだ。こればかりは人によりけり。バニラが好きであれば是非ともお勧めしたいものです。

バリエーションも豊富

全10色♪やわらか湯たんぽ ドイツ製高品質 Hugo Frosch(フーゴフロッシュ) (日本正規輸入品 日本語取扱説明書付き) (ボアブラック)

やわらか湯たんぽ ドイツ製高品質 Hugo Frosch(フーゴフロッシュ) スターネイビー (日本正規輸入品 日本語取扱説明書付き)

やわらか湯たんぽ ドイツ製高品質 Hugo Frosch(フーゴフロッシュ) レトロボルドー(日本正規輸入品 日本語取扱説明書付き)

セーターに見えてきましたが赤はお洒落ですね

 

 

fashyオリジナルベアー

fashy オリジナルベアー湯たんぽ オリジナルベアー・ボビー 0.8L ブラウン 22500006

check
  • ドイツ製
  • ファシー社
  • 可愛く柔らかい

先程名前が上がったファシー社の湯たんぽ。過去には西野カナ愛用とあって、日本ではこちらが有名になりましたね。

もう完全にぬいぐるみです!

背中に小さめの湯たんぽが入りほんわか暖かいと言った感じでしょうか。機能よりも見た目重視ですが評価も悪くないです。ぬいぐるみタイプでしたら確実にこのクマさんが人気です。

電気不使用なので夏は氷水を入れて涼しさを。また発熱時にも良いかもしれません。丸洗い出来るので長く使えますし使い方も多種多用。

ぬいぐるみなだけあって中の湯たんぽはやわらかいプラスチック素材となっております。

ファシー社はこういったぬいぐるみ型が目立ちます

女性やお子様には喜ばれそう?

マルカ 湯たんぽAエース

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

check
  • 古い伝統を新しい技術に
  • IH調理器で直に温め可能
  • 温まりやすく冷めにくい

マルカの湯たんぽは昔ながらの湯たんぽを思い出します。結局こういった機能性に長けているものはもの凄く評価が高く売れています。

IHクッキングヒーターでそのまま温められる優れもの。表面の凹凸は暖房面積を広げる為や丈夫さを追求した設計になっています。

とにかく温まり易く、冷めにくいと評価を得ている商品です。

 

まとめ

色々探してみましたがわかったことは、現在の我が家のものよりはどれも素晴らしいと言うこと。

価格的には1000円~3000円の中に集中している印象を受けました。クマちゃんだけちょっと高めですがなんとなく納得。

改めて湯たんぽのコスパは最強な気がしてきました。やっぱり今年も湯たんぽです。

おしまい