いまいちど

子育てパパの雑記ブログ

放置気味のtwitterが地味にブログで役立っている

スポンサーリンク


Twitterの削除を考えていたことがある

 

ほほう。

お前の話だよ


ブログ開設と同時期に専用の垢を作った。はじめこそフォロワーを増やしたいなぁとか、ブロガーさんと繋がりたいなぁなど野望を持っていた。

しかし現状はどうだろうか?

ブクマした時の連携ツイートのみ

実に残念です。次第に明らかとなっていく僕のTwitter事情だけど、最近では徐々に変わりつつあります。

 

時間がなかった

f:id:hometaka5657:20171114014246j:plain



SNS流入は大事だとは思う。けれどもフォロワーのいない状態ではいくらアピールしても意味が薄い。

フォロワーほしいな

でも関係性のありそうな人をぽんぽんフォローしていくのは好きじゃない。これは読者登録でも同じ、ガツガツ登録して誰かお返ししてくれないかなー?みたいなノリが嫌いだった。

ちょくちょく呟いてみたり反応したり、そんな毎日を繰り返し時間がとられていく。記事を書き始める前に一時間とか平気で経過してることに対し、勿体ない、時間がないと思うようになった。

 

合わなかった

これって結構マメにできる人向けじゃなかろうか。頻繁に呟いて交流している人を見てそう感じた。

そうでもしないとそこそこのフォロワーなど獲得できないのではないかと。単純にネットでコミュをとるのが好きであれば続きそう、それかSNSが重要だからと目的を持ってやっている人。

まぁ様々でしょうけど僕にはtwitterへの参入が消耗でしかなかった。こう考え始めてから次第に放置するようになった。

 

Twitterの良いところ


ちなみに放置状態のツイッターのフォロワー数は約2ヵ月で57名になっている。意外と多いなと感じているのは僕だけでしょうか。

この程度かもしれませんが時たま覗くtwitterで流れてくる情報が増え始めている、そしてその情報に感謝することも比例して増えた。

グーグルの検索で浮かび上がらない人とここで出会うことができる。出会うというか一方的に発見できるが正しいかも

良くも悪くも呟き1つにセンスを感じることがある。あ、この人凄いかも。と思った人は大概成功している人であるのがまた凄い。ツイッターにはそんなお宝が眠っている。そしてそれに出会うためにはtwitterを辞めるべきではないのかなと悟った。

僕はそんな人のブログを見に行くのが好きな冒険者。これがもの凄くためになることが多い。

 

ブログ初心者であれば有名なプロブロガーをお手本とする方も多いのではないでしょうか。僕もフリーランスで誰もが名を知るような方のブログを熱心に読んでいた時期があります。

とても勉強になりました。

顔出し、プロフの重要性、文章の書き方。きりがない程たくさんのことを自分に詰め込んだ。 そしてこれも自分に合わないことに気づきました。

ブログの知識云々で検索するとどうしても有名な方が目に付くわけで、そうなろうと思ってしまう。でも明らかにハードルが高い。

よくよく落ち着いて周りを見てみれば、それが全てではなく違うやり方もたくさんあった。結局正解はくて、どんなやり方であれ成功すれば正解になるのかなと

ちょっと遠回りになるかもしれないけど、自分に合うスタンスで挑戦するのも面白いし、長く続けられる秘訣になるかもしれない。

 

詳細プロフを捨てた

生い立ちから現在までをガッチリ、でもないけど開設当初はそれなりに詳細プロフを書きましたが捨ててみた。

プロフィールを詳しく書くメリットは大きいとは思う。ユーザーと運営者を結びつける窓口の1つとも言うくらいだし、そこで固定客を掴む可能性があるのなら必要なものだとも思う。

でも僕自身は顔出して有名になろうとも思わないし、自分は陰に潜んでいいと考えている。

1部の読者さんと検索流入で実は成功してます。こんな感じになりたいと密かに思っています。簡単な自己紹介に「コンスタントに記事を書き続けられる人になりたい」と願って、書いた。周りに振り回されることなく不動の心で記事を書きたいのだ

 

詳細プロフを捨てたのにはもう一つ理由がある。謎の方が魅力的だからだ。なのでさらっとにしときました。これは完全に僕の場合なんだけど気に入ったブログを発見した時に詳しいプロフを探してみる。

しかし、ない!どこにもない!

結果として

余計気になる!

それだけです(笑)しかし実際結構いるもので、僕がリスペクトしているブロガーさんたちもそんな感じで実に気になる存在だ。

 

まとめ


やっぱり合う合わないって結構重要なのかなと僕は考えてます。無理くりにでも高みを目指そうとしたらいつか大暴落しちゃいそうなので。

だから自分が理想とするスタンスで成果をあげる人に憧れます。いつかそうなりたいと。

そういう魅力的な人を発見したのも実はtwitterだったりします。無理に参加しなくても自分にとってプラスになることもあるわけで、時たま覗くのが少し楽しく思えてきました。

 

削除しよかな、と考えた時期もありましたが自分にとってのメリットを消すことになるので勿体ないですね。

 

twitterの見方が変わり始めました。

おしまい