いまいちど

子育てパパの雑記ブログ。主にガジェット、熱帯魚、ライフスタイル、ブログについて語ります。

田砂とボトムサンドの特徴と比較!使いやすいのはどっち?

スポンサーリンク

熱帯魚水槽に底砂を。

以前、ゴツゴツした砂利を敷いていた水槽にコリドラスを追加したんです。すると1週間もしないうちに片方のひげが無くなってしまいまして…改めて思いました。

底魚には砂の方が安心できると。

尖った砂利だと体も傷ついて短命になりがち、その前に痛そうです。これではかわいそう。

砂と言っても様々なんですが、有名どころで人気のある田砂とボトムサンドを検討し、最終的にはこの2点を購入したのです。

エイエフジャパン 田砂

エイエフジャパン 田砂 3kg

ホームセンターではなかなかお目にかかれない…。

粒のサイズが約1mmと細かいですが比重が重く舞い上がりにくいのが1番の特徴。

フィルターなどの水流でも流れにくく、水槽のメンテナンスをするときにありがたみを感じます。プロホースなどで掃除をしても一粒一粒が重いため吸い込みが少なく、砂中のゴミだけを取り除くことができます。

熱帯魚水槽の掃除は大変?初心者にこそ選んでほしいメンテナンス道具

砂の色は明るすぎず暗すぎない

田砂の色

暗いほど熱帯魚の色は鮮やかに見えます。明るいほど薄くなりがちです。ここらへんは好みの問題になりますね

・生体を美しく見せたい
・水槽を美しく見せたい

田砂はどちらにも傾かない中間の色味。受け入れやすく極端に嫌がる人も少ないでしょう。自然に近い状態に仕上がります。

使用前の洗いでは簡単に濁りがとれます

水槽に入れる前に必ず洗いが必要になります。

田砂は思ったよりも最初から濁りは少なめでした。何度も何度も洗ってようやく透明度がでてくる砂も多々ありましたが、田砂に関しては苦になりませんでした。

水草、コリドラスも快適に暮らしています

コリドラスパンダ

簡単な水草ですがアマゾンソードとハイグロフィラはなんの問題もなく育ってます。水質にも影響なく心配だったコリドラスもすくすくと成長し、田砂に顔を埋める姿も見せてくれます。

砂の厚さは1~2cm程度がベストで厚く敷き過ぎると掃除が大変です。目詰まりも起こしやすくなり「嫌気バクテリアが大量に!」というリスクも高まるので注意が必要です。

30㎝キューブの水槽でしたら約1キロ程度が目安になると思います。

 

田砂はホームセンターでは見たことがありません。アクアショップでは売っているものの高いです。それに比べてオンラインショップでは価格がだいぶ安いので少し多めに購入するのが吉。

というのも、ネットでも品切れのパターンは珍しくないのが田砂。欲しい時にないのが田砂(個人の感想)でも、それだけ人気がある底砂の1つと言えるでしょう。

スドー ボトムサンド

スドー ボトムサンド 5kg S-8815

価格が安くコスパも良し。鮮やかで田砂よりも細かいサラサラ感が特徴です。

ボトムサンドは底棲魚専用?コリドラスの写真で販売されてますがなんでも飼育できちゃいます。プレコでも金魚でもいけちゃいます。

水槽が明るくなります

f:id:hometaka5657:20180210132101j:plain


田砂に比べると明るいですね。こちら水草をほとんど育成しないシンプル水槽なので5WのLEDです。ライト次第では更に明るさが際立ちます。

洗いの注意点

購入して別容器で洗いを始めます。水槽で直に洗うとキズがつくので控えましょう。

ボトムサンドの洗いは大変でした。

洗っても洗っても濁りがなかなか取れない状態が続きまして…。なんど繰り返したか覚えてなく最後は若干妥協です!

濁りをとるのもそうですが浮いてくるゴミもなかなかです。出来る限りは綺麗に取り除くことを推奨します。洗いは怠った分だけ後からしっかりと大変な思いをするので、念入りに!(若干妥協した人より。)

細かく軽い砂、掃除の時の影響

ボトムサンド

予想以上に細かく軽いので、生体の動きや水流の影響も受けやすいです。設備によっては水流で砂に穴があきますね。

プレコが底面で動き回ると砂煙が見られるくらいです。

そんなシーンは自然な感じで好きですよ。

掃除にはプロホースを使用。

ぶっちゃけ、掃除の感じ方って人により差が凄いですよね。「人それぞれの感性です」で済ませたいところですが1人の感想としてお聞きください。


水槽水の排出では多少の砂も一緒になって流れる。

これは仕方ないと思うし少量です。なのでメンテナンスはやりにくいと評価を受けがちですが僕はそうは感じません。普段の掃除では砂の表面にあるゴミをそっと吸い取るだけです。汚れが目立つとの意見もありますが、目立って逆に掃除がしやすい。というのが僕の意見。

砂の量は減ったかなんてわからない程度、長年使って減ったと感じたなら足せば良い。それだけです。使い勝手もよく安価、コスパは抜群の砂です。

まとめ

エイエフジャパン企画の田砂、スドーのボトムサンドを使ってみての特徴やメリットとデメリットでした。

コリドラスやローチの飼育にはどちらも適しています。特徴があるのでレビューなどで判断して購入するのが1番かと。購入先により価格が結構違ってくるので、ここらも比較すると良さそうです。