いまいちど

子育てパパの雑記ブログ。主にガジェット、熱帯魚、ライフスタイル、ブログについて語ります。

スドーサテライトの音はうるさい?静かにする2つのおすすめ方法

スポンサーリンク

熱帯魚を飼育し始めているうちにサテライトの存在に気づいて購入。そんな流れでワクワクドキドキ設置してみたものの


うるさ...


と思う方は少なくないです。

そうなんです。サテライトの仕組みはエアーポンプの力で水槽水をボックスに押し上げます。エアーが筒を通るのですがその時に発生する


ポコポコorボコボコ音

意外と気になりますよね、音。「もしかして不良品きちゃったの?」と感じさえします。しかし結論からいいますと正常品です。それはそれで残念なんですけど。

原因はこれですね。

f:id:hometaka5657:20180112221714j:plain

この機会になんとかしましょう!

というわけで音と共に性能も向上させる方法を記載しますが、最初からこういう仕様にしてほしいもんですわぁなんて思ったりしてます。

サテライトグレードアップセットを使う方法

スドー サテライト

スドーサテライト(産卵箱タイプ)


サテライト、S、L、スリムもありまして使い方は様々。使用するには別途エアーポンプとエアーチューブが必要になります。

エアーポンプの音がうるさい問題は水心に替えると解決できる


さて、このまま使うとポコポコ音に加えて水流が弱すぎる問題が発生しますが、解決方法の1つとしてグレードアップセットなるものが販売されています。

スドーサテライトグレードアップセット


スドーサテライト全種類に対応してまして、このパーツの役目は気泡を小さくして流量をあげることなんです(流量調節が可能)。加えてポコポコ音が劇的になくなります。使い方はストレーナーと交換するだけなので特に迷うところはありません。

f:id:hometaka5657:20180112221709j:plain

初期装備のこれと丸ごと交換です。


最初からセット売りしてくれたらいいのでは、、というレベルなのでサテライト単体だけ購入すると悩みの種になります。


ですが欠点がありまして、少し目詰まりがしやすくなるので掃除の機会が増えるかもしれません。(水槽の環境にもよります。詰まらない人は詰まらないので)

加えて消耗品です。使い方により差はあるものの使用期間は約1ヵ月とされているので、ネットで購入するのであればまとめ買いの方が良さそうです。

 

これはちょっと面倒かな、という方にはちょっとしたサテライトの改造をおすすめします。

こちらも簡単です!

スポンジフィルターと結合する方法

SONONIA 水槽 生化学 バイオ スポンジ フィルター 壁掛け式 水 フィルター

スポンジフィルター自体はエアーポンプと繋ぐだけの簡単な仕組みですが、使いやすくサブフィルターとしても人気。

メリットはスポンジにバクテリアが住み着き生物ろ過が期待できます。稚魚を吸い込むこともなくトラブルが発生しにくく、水槽内に緩やかな流れを作ってくれます。


小さめの水槽であればこれ1つで足りるくらいのろ過能力を備えていますし、大きめの水槽ではサブとして活躍してくれる優れもの。


注目するべきはサテライトと同じくエアーの力で水槽水をくみ上げるところ。なので、スポンジフィルターの上部のパイプを取り外してサテライトと結合させることが可能なんです。

テトラ (Tetra) ブリラントフィルター

スポンジフィルターで有名なテトラがおすすめです。

では早速、結合してみましょう!

f:id:hometaka5657:20180112222339j:plain
f:id:hometaka5657:20180112222330j:plain

ビヨーンと伸びるので水槽のサイズに合わせやすいです。先端を取り外してそのままサテライトのパイプに差し込みます!

f:id:hometaka5657:20180112222325j:plain

以上です!

このままで十分なんですが、1つだけ問題がありました。暫く使っていてパイプに苔などぬるぬるが付着した時に結合した隙間からエアーが若干もれました。

水槽内の環境にもよると思います。

 

Nanoスポンジフィルターも人気があるので紹介します。

LSS研究所 本体 Nanoスポンジフィルター LS-15

最長15㎝と小型ですがサテライトにはこちらの方がしっかりハマりました。Amazonでは500円未満と安いです。

Nanoスポンジの中で最小の商品になります。伸ばしてこのサイズ。

f:id:hometaka5657:20180112221920j:plain

 

同じように先端を外してサテライトのパイプをつけると終了です。

f:id:hometaka5657:20180112221915j:plain
f:id:hometaka5657:20180112221910j:plain

 

簡単ですね!

f:id:hometaka5657:20180112221904j:plain

これで完成です!


因みにこのサイズですとスリム水槽(高さが25cm)でギリギリ底付近までもってこれる感じです。なので高さのある水槽だと底までつきません、問題はありませんけど。


こうしてフィルターを結合することでエアーの音がかなり抑えられます。

テトラもNanoも種類が色々ありますので、水槽にあった製品を選ぶのが良いと思います。スポンジが大きいものやツインスポンジもあります。

例えばこれがツインタイプです

Nano20cmのタイプです

心配ありません。サイズや種類を変えてもスドーのサテライトなら、しっかりはまります。

まとめ

水槽に設置したサテライト


スポンジフィルターの結合はメリットばかりです。まとめるとここが魅力的です。

・音が静かになる
・生物ろ過+物理ろ過が付く
・頻繁な交換が不要


スポンジフィルターで綺麗にされた水がサテライトの中にくみ上げられることになります。静穏を目的としたはずが、ろ過能力アップに繋がるので文句もなくなりますね。

 

長くなりましたが、グレードアップセットの活用とスポンジフィルターへの結合を紹介させていただきました。


音がうるさくて気になるという方には是非とも試してほしいです。エアーポンプにしてもサテライトにしても、音は気になりはじめると止まらないですからね。せっかくの癒しのアクアリウムを満喫しましょう!

▼関連記事

www.imaichido.com

www.imaichido.com

www.imaichido.com