いまいちど

子育てパパの雑記ブログ。主にガジェット、熱帯魚、ライフスタイル、ブログについて語ります。

2000円未満の注文でも送料無料。Amazonプライム会員になったのはそれだけの為|それでもお得

スポンサーリンク

2016年4月6日からAmazonの送料は有料化になりまして、2000円未満の商品購入でも350円の送料が発生することになってます。

送料350円って普通に勿体なく感じて注文する時にはまとめ買い、合計が2000円を超えるようにしてきました。

日用品でもちょくちょく利用していたAmazonなだけに、限界を迎えるのは時間の問題だったのです。

Amazonの配送料

計算機の画像

僕はAmazonでマーケットプレイス(Amazon以外の販売者が出品)は利用していません。

なので商品の説明にある「この商品はAmazon.co.jpが販売・発送します」と記載されたものでないと購入しない。

配送料は
・商品の合計が1999円以下であれば350円
・2000円以上になれば0円

この1円の差が350円を左右する。

毎回送料を支払うとボディブローのように効いてくる。。

それならば商品代金のみで2000円以上にしようとするのは当たり前!と勝手に思っています。

そして誠に残念ながら2000円以上をめでたく達成しても、配送オプションをつけると更に費用がかかる
・お急ぎ便:360円
・日時指定:360円
・当日お急ぎ便:514円

ちょっと急いでる時とか「えいっ!」とお急ぎ便にしてきたことも多々。今考えると勿体ないです。


徐々にAmazonのサービスが向上し、欲しいものも増えた。そして何より悔しいけど便利。必然と購入の機会も増え続けた。次第に2000円を越えるために本来は不必要なものまで買っている始末。

ここまで追い詰められてようやくAmazonプライム会員に入ることに(笑)

Amazonプライム会員で配送料が無料

f:id:hometaka5657:20180104004715j:plain

Amazonプライム会員になった理由は、1番手っ取り早く送料を無料にできる手段だから。


・年間プラン3900円
・月間プラン400円
(2017年6月8日からは、月額で全てのプライム会員特典を使えるようになりました。)

初月は1ヵ月の無料体験。必要ないと感じればそのまま解約もできる。どこぞの怪しいサイトみたいに退会する方法がわからない。なんてこともないです。因みに放っておくと自動で更新されるのでキャンセルしたい場合は手動になります。


これまで通りの使い方であれば2000円以下でも、お急ぎ便でも日時指定でも送料は無料。

ただしマーケットプレイスでの送料はプライムとは別、利用している方は要注意です。加えてAmazonが販売元でもPrimeの表示があるものに限りますが、最近のものではほぼ対応しているので不便は特に感じません。

f:id:hometaka5657:20180104011946j:plain


送料を無料にするためだけに会員になった。そしてこれがAmazonプライム会員になることの最大のメリットだと思っています。

年間3900円であれば月々にすると325円。月額400円よりは75円のお得。そして仮に年間12回の送料を支払えば4200円。これだけでも元は取れている。

調整はしてきたけど、いわゆる無駄買いに費やしたお金は計り知れないも。そう考えるともっと早く会員になるべきだった。

Amazonプライム家族会員に登録

ありがたいことに家族内に本会員がいれば、その家族2人までが無料でプライム会員の恩恵を受けられる。

完全に全てではないけど以下参照。
・お急ぎ便が無料
・日時指定便が無料
・特別取扱商品の取扱手数料が無料
・会員限定の先行タイムセール
・Amazonパントリー
・Amazonフレッシュ

Amazonを利用する機会が多い人であれば凄く嬉しい特典となっている。

因みにですが本会員のメールアドレスとパスワードを使えば、本会員と同じサービスを受けられるんですが。。家族ならではの1つの技ですね。

Amazonプライム会員の主なサービス

送料無料を目的として会員になったけど、他にもサービスは多々あります。使える12のサービスを紹介します。


プライム会員特典

・お急ぎ便、当日お急ぎ便、時間指定便が無料
・プライムビデオが見放題(2万本以上)
・PrimeMusicで100万曲以上の音楽が聴き放題
・プライムラジオが聴き放題
・KindleとFireタブレットが常に4000円引き
・Kindle本を毎月一冊、無料で読める
・Primeリーディングで本が読み放題(数100程)
・Amazonパントリーで日用品のまとめ買い
・タイムセールに30分早く参加できる
・Amazonフレッシュで生鮮食品を届けてくれる
・PrimeNowで1時間以内に対象エリアにお届け
・プライムフォトで写真を無制限に保存


尚、これが全てではありません。

こうやって箇条書きでまとめてみると恐ろしいほどのサービスに気づきますね。そしてこれらを年間3900円で使い放題って、お得感しかないです。

ただこれは良く利用するユーザーの意見。

そこまで使わない人であれば逆に損ですし。「あ~自分損してるかも」と思える微妙なポジションにいる人であれば、試しに無料登録をして使ってみるのが早いですかね。

『Amazonプライム会員登録』詳細はこちら

僕にとってはAmazonプライムの数々のサービスは本当に付加価値です。無料配送だけで満足しちゃったのでこれからは気にせずバンバン買い物できます(ぉぃ)

加入してみてあ、、すごいじゃないPrime会員。。と思わせてくれたのは流石です。簡単登録に簡単解約も良いとこですよね。


無料期間中に解約すると料金も発生しません。

Amazonプライムを解約


手続きを行うと無料期間終了と共に解約されます。

 

▼関連記事

www.imaichido.com