いまいちど

子育てパパの雑記ブログ。主にガジェット、熱帯魚、ライフスタイル、ブログについて語ります。

辛い風邪にはノンカフェイン栄養剤と風邪薬の併用がおすすめ


季節の変わり目は風邪を引きやすい。

かと言って風邪程度では仕事を休めない人も多いのではないでしょうか。社会の厳しさであったり、責任感からであったりと。

とても休みにくい世の中だと感じています。有給もあってないようなものだし、定時で帰るのでさえも周りの目が気になりますし。

風邪を引いた時はどうやって早く治すか。いかにして辛い時間から逃れるかです。

栄養剤と風邪薬

風邪の時に出勤って本当に辛い。一日地獄。

朝起きた時が一番辛く絶望感が漂います。最近ではたいして熱もないのに風邪の症状だけで動けなくなってきました。

こんな時に重宝するのが栄養剤と風邪薬の併用です。気休め程度に思えるかもしれませんが実際は個々に飲むより効きます。場合によっては一発で治ることも。そんな効果を期待できます。

ただ併用は大丈夫?などの不安な声もあります

これは結論から言いますと、なんでもかんでも好みで飲むのはお勧めできません

栄養剤にはカフェインやアルコールを含んだものが多くみられます。そして風邪薬も同様の成分が入ってます。


つまり重複。過剰摂取になりますので間違った使い方をすると治るどころかひどくなる可能性すらあります。

だけど栄養剤と風邪薬の併用は薬局でも、置き薬の方にも勧められるくらい一般的で効果があるものなんです。

ノンカフェインの栄養剤がお勧め

大正製薬 リポビタン ノンカフェ100ml瓶×50本入

栄養剤と薬の併用にはノンカフェインを選びましょう!

極力です。

というのも僕は時間がない時はカフェイン入り栄養剤と薬を一気に飲み干し出勤!これで何か副作用がでたこともありません。むしろスッキリくらいな勢いです。

でもこれはその時によってや人によっても違うと思うんですよね。なので説得力はありませんが出来る限りは守りましょう。

またノンカフェインですから就寝前に服用でき、更に疲労回復にも繋がります。妊婦さんにも安心

おすすめの栄養剤

リポビタンノンカフェ

お値段が手ごろで飲みやすくノンカフェイン栄養剤としてはかなり人気です。リポビタンシリーズは安心できますね。

こちらは女性に人気

アリナミンRオフ

ノンカフェイン+低カロリー。そしてグレープフルーツとラベンダーの香りで就寝前の疲労回復に。女性から支持される栄養剤です。

 

ちなみに子供に栄養剤ってどうなのでしょう?自分よりも子供に与える薬の方が慎重になりますよね。

ユンケルジュニア

こちらもノンカフェイン。フルーツ味でジュース感覚に飲める、まさにジュニア用の栄養剤。滋養強壮・栄養補給・発熱性消耗性疾患と、疲労時や熱で栄養が取れない時にも重宝します

お子様でしたら薬との併用ではなく、これ一本をお勧めします。

 

まとめ

以上ノンカフェイン栄養剤シリーズでした。


辛い風邪と熱発の中の仕事。少しでも楽だと思えるように対策が必要となります。

また風邪でなくとも、日々疲れた体をたまにはご自身でいたわってあげてはいかがでしょうか。1日がんばれる。栄養剤にはそんなパワーもあります。


そういえば昔40度の熱が出た時がありまして。あ~こりゃもうだめだって時にハッキリエースを飲みました。

 

少しふざけた名前なんですが高熱や頭痛に抜群の効果があります。それに騙されて39~40度の熱をハッキリエースで下げて、2週間仕事を耐えたことがあります。

 

最終的には限界を迎えて、肺炎まで悪化することになった苦い経験。

 

頑張るのもほどほどにしましょう。